また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

赤岩ノ頭〜酉谷山避難小屋(往復) (7/14)


ほどなくして長沢背稜に出て快適な道を進むといつもの酉谷山避難小屋が見える。小屋前に女性が複数人いる。(大混雑の)不吉な予感がする。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 chiroro_
公開範囲 全員に公開

写真リスト



川浦谷渓谷沿いの林道をゲートの少し前まで進み駐車。そこから営林署小屋まではほどなく。
2

小屋から林道を少し進んでショートカットしようと沢に入る。堰堤が何か所もあるほかV字谷で途中から急斜面を登って林道に復す。(この林道を離れたGPSルートを追うことはとても危険です。)

秩父林道の終点、烏帽子谷の出合。矢岳方面を示す立派な標識あり。
3

途中踏み跡が薄いところもあるが丁寧に拾えば問題なし。(左に折れると)矢岳へと続く稜線に出る。
立橋山近くで、熊倉山から回ってきたという青年に会う。酉谷山避難小屋に泊まるという人が男性2人いたとか・・・。
2

牛首に下りると手作りのカラフルな標識があった。
4

長沢背稜に出るまでの間の天然林はなんとも美しい。
4

ほどなくして長沢背稜に出て快適な道を進むといつもの酉谷山避難小屋が見える。小屋前に女性が複数人いる。(大混雑の)不吉な予感がする。
1

小屋の前に女性が4人、小屋の中に男性が3人いて、8人目で到着。その後男性が一人到着し、今夜は9人の小屋になる。
2

ツェルトを張って寝ようかと思ったが、女性たちが「コンクリートの床に寝れば」というのでその通りに・・・。(※ 小屋の水は十分に出ていた。)
2

みなさんいい人ばかり。楽しいひと時となった。
3

最後の出発になったので、いつもの清掃活動を実施。9人で使うと自然とトイレも汚れるでの、徹底的にきれいに。
5

この歳で、日々休むことのない肉体労働に勤しんでいることから、今回は相当疲れるだろうと思ったが、今日も快調。
2

サクサク、サクサクとあるいて・・・。
2

林道歩きを含め4時間で下りてしまった。東大演習林の大血川ルートが無慈悲にも強権力を行使して閉じられてしまったので、今回のルートが酉谷山避難小屋への最短ルートとなった。
3
ページの先頭へ