また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

甲武信ヶ岳 毛木平周回(日本百名山-34、信州百名山-51) (8/74)


ナメ滝を通過します。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 u2hs
公開範囲 全員に公開

写真リスト



毛木平の駐車場に車を停めてスタートします。平日の5時前なのでまだ7台ほどしか停まっていませんでした。
1

シロバナノヘビイチゴがたくさん咲いていました。
1

シロバナノヘビイチゴ。
1

千曲川源流を目指して川沿いを進みます。
2

樹林帯を進みます。
1

樹林帯を進みます。

コケがすごいです。

ナメ滝を通過します。
3

コケがすごいです。

千曲川源流まであと1.45kmです。細かくきざんできました。

コミヤマカタバミ。
1

キバナノコマノツメ。

タチツボスミレ。
1

バイカオウレン。

源流が近づき沢の流量も大分少なくなってきました。
1

千曲川・信濃川水源地に到着しました。
1

水源は水が枯れているのか出ていませんでした。これが千曲川最初の一滴です。
1

水源地の上にはタケシマランが咲いていました。

タケシマラン。

千曲川水源地を後に、甲武信ヶ岳山頂を目指します。
2

水源地からは急登が続きます。

尾根に出て金峰・国師からの道と合流しました。

コケその1。

コケその2。

コケその3。

コケその4。

甲武信ヶ岳の山頂が見えてきました。さっきまで晴れていたのですが、ガスってきてしまいました。

山頂直下のガレた急登を登ると。

甲武信ヶ岳山頂に到着しました。背景は真っ白で何も見えません。
4

山頂ではガスってほとんど何も見えませんでしたが、2、3分間だけガスが切れて北アルプスが見えました。
2

白馬三山。

鹿島槍ヶ岳、五竜岳の辺りでしょうか。

立山、剣岳の辺りでしょうか。

先週登った八ヶ岳。赤岳、横岳、硫黄岳。
1

槍ヶ岳、穂高岳も見えました。

この後行く予定の三宝山。この後すぐ見えなくなってしまいました。

三宝山の中腹には三宝岩が見えています。
1

しばらく山頂を山頂を独占していましたが、ガスは晴れそうもないので甲武信小屋に向かいます。
2

イワカガミ。
2

甲武信小屋に到着しました。バッチを購入します。
1

看板がカッコイイです。

次の駅十文字小屋を目指します。

甲武信小屋のすぐ近くに荒川水源の碑がありました。ちょうどこの辺が分水嶺になっているんですね。

三宝山に到着しました。標高2,483mなので2,475mの甲武信ヶ岳よりもこっちのほうが高いんですね。
1

一等三角点です。
2

甲武信ヶ岳を振り帰って。

苔むした木の上に松だか杉だかの実。誰かが置いたのでしょうか。
1

尻岩に到着しました。

デカいケツです。
1

ローアングルから。失礼しました。
1

大山直下の急登。

大山に到着しました。

眼下には川上村のレタス畑が広がります。右奥は先日登った御座山、左奥は男山、天狗山。
1

男山と天狗山。

十文字小屋が近づくとシャクナゲがたくさん見られるようになってきました。

シャクナゲ。
4

十文字小屋に到着しました。

シャクナゲ群生地の乙女の森に行ってみます。

シャクナゲ。
2

シャクナゲ。

シャクナゲ。
2

シャクナゲ。

シャクナゲ。
1

ミツバツツジ。

コミヤマカタバミ。
1

ミヤマカラマツ。

クワガタソウ。
2

マツタケ?シイタケ?
1

駐車場に戻って来ました。まだ2、3割は空いていました。

駐車場に咲いていたツツジ。
2

駐車場からチョット下るとベニバナイチヤクソウがいっぱい咲いていました。
3

ベニバナイチヤクソウ。
1

本日の戦利品の山バッチ。甲武信小屋で購入しました。
2

※追加
後日、登頂証明書をゲットしました。
ページの先頭へ