ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

マハロとテン泊!絶景の薬師岳! (36/132)


沈む夕日に黄昏るマハロ


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 WU-YAN
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー NIKON CORPORATION
カメラモデル NIKON D610
日付 2017年9月1日 16:58
ISO感度 100
シャッタースピード 1/250 秒
絞り f/10.0
焦点距離 24mm

写真リスト



500km近い道のりを行くわけですから、途中のサービスエリアで前泊します。秋の気配を感じます。
6

有峰林道へ向かいます。途中、アルプスのシルエットが見えたので、思わず車を止めてパシャリ。
11

駐車場で登山の準備です。
マハロは爪を磨ぎます。
44

登山口のデカい木
2

アラレちゃんの看板。だいぶグラマーなアラレちゃん・・・いやアラレさん。
4

ギンリョウソウのような白い透き通るようなキノコを発見。
6

山に入ると顔が少し野生化します
33

3

とぅるぎさんも見えます。
8

まあまあ急な樹林帯を一時間程登ると、もうこっちの物。
後は、なだらかで展望のよい稜線が続きます
9

5

2

振り返れば有峰湖
3

芝が似合う柴
37

シャボテンみたいな植物
2

2色が可愛い
13

あれだけ天気が良かったのに・・・ガスガスガ。
1

ケミカル色のオレンジ
4

マハの水場
15

奇麗な色
6

擬態。毛虫。
4

ぼんぼん。
8

5

テン場に到着。マハロは、お山でのテン泊は初めて!ちょっと緊張気味かな?
25

夕方、ガスが晴れてきたので、辺りを散策
6

ガスもまた良し
10

マハロも散策
20

マハロもお花を見たりしています。
26

ちんの白にピンクのお花が映えます。
7

太陽の光で、水滴が輝いていて奇麗
11

素敵です
8

15

光が反射して蜘蛛の巣が虹色
10

太郎平小屋から薬師峠キャンプ場までは15分程度
21

薬師岳山頂も見える。
13

沈む夕日に黄昏るマハロ
30

記念に。
15

テン場に戻って、ごはんです。ドッグフードは3日分担ぎ上げました。
19

テン場まではそんなに高低差も無いので、卵3個、りんご、バナナ等、いつも持ってこられない食材を持ってくる事が出来る。
6

マハロも食いたそう。べろ出てんぞ。
18

夕日が奇麗。
27

シュラフに顔を埋め、おやしゅみ。
私は1時間おきに空をチェックし、ガスが晴れるのを待ちます。
結局この日は、星空を撮影する事は出来ませんでした。
24

さあ〜天気も良さそうだし、薬師岳山頂を目指します。
9

最近、山の植物を食べる事にはまっている私。
トリカブトは食べられるのかな?
いいえ。ダメです。
1

この岩々を登っていくのかぁ
11

北プスのダイヤモンドヘッド
9

マハチン
13

ここの木道、絶景過ぎやしませんか?
お槍さんまで見えちゃいます。
27

広大な大地をキャンバスに、太陽さんはお絵かきです。
4

うひょ
7

素晴らしいカールー。
6

9

陽気な大阪のおっちゃんとおばちゃん。マハロも仲良くなり、ずっと一緒に登ってきました。
14

もすぐ山頂じゃん
16

ここも大絶景の稜線。
34

10

薬師岳山荘より先は、白いザレ場が続きます
15

綺麗な稜線
14

槍ちん
14

こーなりーのー
3

こーなる。マハロも厚そうです。
11

ここが山頂か?と思いきや・・・・もう少し先です
2

モデル立ち。
39

火口スゲー
8

あの奥が山頂です

雲海に浮かぶ
15

山頂は超満員でごった返している。
団体さんでした。いなくなったら凄い静か。
4

ぎーつるさん見える。
17

のんのん
14

強風で有名な薬師岳山頂。
奇跡の無風
33

やったね!
39

虫よけネット。
飼い主うぜ〜。
15

りんごめっちゃ旨い。
何だろう、この山頂で食うもののありがたみ・・・。
芯まで食ってやったぞ。
忍び寄る黒いハエ。
13

7

きもち〜ね〜。寝そう。
26

このお方、2週間以上掛けて、北アルプスを縦走するそうだ。
『伊藤正一』というワンコを連れて山たびをした方の話が聞けた。
10

カール斜面
3

花がランプみたいに光ってる
17

なにこのナメック星に生えてそうな草
5

これも
1

さてさてテン場へ戻ろう
9

キノコケ
2

カールに日が差し込む
2

しっぽ
8

薬師山荘の旗
8

カッコいい!
3

3

ちんは撮っちゃうなー
7

2

3

形の可愛いちん。
7

花ちん。
8

なにこれ。
1


いや〜
かっこいいね!
11

これはちょっとワイルド過ぎた。
硬くて食えね!
4

雰囲気
2

水場で涼しむ。結構浸かってた。
11

木漏れ日を照らすキリが幻想的
16

テン場に着いたら、バタンQ。
22

テントに入って少しゆっくりします
19

仲良し
27

お隣さんが、しいたけをくれました。
8

そしてマハロに明豊ハムで餌付けしていた様ですが、ハムだけ食われて一向になつきません。偉いぞマハロ
14

この絶妙な距離感。
ヒットアンドアウェイです。
食ったら下がる。
21

2日目の朝
寒いです。気温4度。
3

奇麗に焼けていました
16

ちんゲンロート。
16

太郎平小屋方面
13

コントラストが美しい
6

今頃、テン場の皆さんは山頂にむかっている。
静かな時間。日の出を待ちます。
5

モルゲン
3

4

テン場でまったり朝食と取り、のろのろ準備して、さぁー帰ろう。
4

来る時はガスで見えなかった景色。こんな凄いところを歩いて来たのか。
10

雲かっけ。
28

でた!マハロのスリスリ。
平標では、誰かのウンコをスリスリしたかんな…
13

2

森の中はやはり涼しい。
7

真っ赤なキノコ
5

こちらも綺麗
3

この植物が気になって撮っていたら…何と!林道に…
2

モウセンゴケ!!
長さ10m位の湿った苔地帯にびっしり生えていた。
湿原以外でモウセンゴケを見たのは初めて。これは珍しい!
9

この色あい
4

このお花はなにかな?
4

シメジ風
3

真っ赤なキノコとトゲトゲキノコ
2

3

透明キノコケ
1

地上に到着!
1

いや〜かなりまったり登山であった。この位のゆるゆる登山が一番好き。
10

マハロも満足げ。
お疲れマハロ。
34
ページの先頭へ