また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

絶景紅葉の谷川連峰主脈路!ド快晴の稜線から谷川銀座へ! (15/140)


コバノコゴメグサ!


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 Sunset33
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー OLYMPUS CORPORATION
カメラモデル TG-4
日付 2017年9月24日 07:48
ISO感度 200
シャッタースピード 1/125 秒
絞り f/2.3
焦点距離 5.5mm

写真リスト



寝坊してしまって、平標山登山口を6時過ぎにスタートです。ガスが掛かっていて視界不良の中スタート!
6

景色が見えないので少なめの花観賞!マルバダケブキ!
5

ガスが掛かっていてテンションが下がります。時間的にも主脈はきつそうなので、エビス大黒の頭への行程になりつつあります。

マッシュルームみたいなまん丸な可愛いキノコ!
1

ノコンギク!
2

大きい声で奥さんを怒鳴っている不思議な夫婦と平行スライド!可哀そうな事にずーと怒っていた。
10

サラシナショウマ!
5

フシグロセンノウ!
5

シンボルの鉄塔手前よりどんどんガスが抜けて行き、テンションが上がります。
4

素晴らしい紅葉稜線が姿を現します。
9

振り返って松手山!
13

松手山の後方は苗場山!
9

時々リンドウ!
4

時々イワショウブ!
3

コバノコゴメグサ!
10

終盤のウメバチソウ!標高を上げて行くと華やかに咲いていました。
8

振り返って素晴らしい紅葉稜線!
26

静かな平標山へ到着!
12

浅間山は少しガスが掛かっている!
5

吾妻耶山-大峰山の後方は赤城山!
13

振り返って山頂と苗場山!
5

歩いて来た稜線を振り返って!
13

眼下に池塘が見えます!土樽へと続く平標新道!
24

とっても静かな稜線で仙ノ倉山へと向かいます。
17

巻機山-茂倉岳-一の倉岳-谷川岳!
3

大変静かな草紅葉稜線!
25

振り返って平標山と名物の東芝ランプ!
17

清々しい紅葉稜線に入ります。
29

上州武尊山と左後方には日光白根山!
5

紅葉に染まる平標稜線と苗場山!
43

一の倉岳〜谷川岳の後方には景鶴山-燧岳-至仏山-笠ヶ岳!
8

仙ノ倉山へ続く素晴らしい稜線!
18

紅葉を横目に!
11

仙ノ倉山に到着!
13

絶景を見ながらひと息!
3

振り返って素晴らしい色彩紅葉の平標山!
17

素晴らしい紅葉を眺めながら急降下!
9

振り返って仙ノ倉山!
20

谷川岳へ続く素晴らしい主脈縦走路!
10

凛々しい山容のエビス大黒!
20

振り返って紅葉に染まる仙ノ倉山!
34

ハクサンフウロ!
5

チャーミングな単独レディーが登って来ます。何とな〜くレコで見覚えがあるので声をかけると大当たり!なんとsakurayukiさんでした。平標山の家のテントをデポして、エビス大黒へ続く素晴らしい紅葉稜線を楽しんだそうです。
47

エビス大黒避難小屋!
6

紅葉稜線より万太郎山を望む!
19

エビス大黒の頭に到着!肩ノ小屋泊予定の単独レディ―と入替で貸し切!
3

のんびり貸し切でひと息です!稀にみるド快晴なので気合を入れて、急遽谷川岳へ向かう事にします。
5

飯士山と岩原スキー場!
3

久し振りにワクワク感を味わいながら、ダイナミックな紅葉稜線を颯爽と歩きます。
10

振り返って!素晴らしい!
32

もうすぐで万太郎へ登り込む長い稜線が待っている!
10

寝そべっている「毛渡乗越」の標識!

トリカブト!
2

この付近で3名位平行スライド!
4

越路避難小屋!
2

予想以上の紅葉鑑賞!
11

紅葉越しに万太郎山!
24

振り返って紅葉とエビス大黒の頭〜仙ノ倉山!
5

素晴らしい紅葉に染まる万太郎山!
22

標高を上げて仙ノ倉山を望む!
2

シャクナゲのヤセ尾根紅葉ゾーンへ突入!
14

振り返って、ダイナミックな素晴らしい絶景!
6

眩い直射日光を浴びながら、素晴らしい色彩の紅葉稜線に思わずため息が出ます!
49

主脈縦走8度目にして、最高のコンディション!
6

歩いて来た紅葉稜線を振り返って!
12

心配していたタイムロスもなく万太郎山へ到着!
8

主脈縦走の優しい先行者3名が休んでいました。
7

眼下は紅葉に染まった吾策新道!
12

吾策新道分岐からのダイナミックな景色!
3

谷川岳へと続く稜線と右には俎堯
14

本日の最終目的地の奥ノ院がオキの耳サイドに小さく見えます。そして急降下に入ります。
4

万太郎山を振り返って!
18

まだまだ元気なハクサンイチゲ!
7

まだまだ元気なハクサンイチゲ、その弐!
1

時々イワショウブ!
4

小振りの大障子の頭!

挨拶をすると「ゆうやけさん?」と声を掛けて頂きました。越後の方で、私のHPを参考にしてくれているそうです。
11

小障子の頭までの長い登りが見えて来ました!
17

巻機山!
2

主脈縦走で一番利用頻度の高い大障子避難小屋!
8

振り返って万太郎山!
8

小障子ノ頭でひと息!
4

オジカ沢の頭へ向けての緩やかな稜線!
5

紅葉ゾーンへ!
16

眼下には関越トンネルの換気口!
1

ハナニガナ!
2

時々ノアザミ!
3

オジカ沢避難小屋が見えて来ました!
4

オジカ沢の頭に到着!
5

紅葉ポイントより振り返って万太郎山への稜線!
19

谷川岳が射程距離に入りました!
11

オジカ沢ノ頭〜俎瑤惑力満点!
7

肩ノ小屋が見えて来ました。
8

中ゴー尾根との分岐には元気な若者がたむろしていた!
4

良い色のハクサンフウロ!
4

何度見てもダイナミックな山容!
7

紅葉とオジカ沢ノ頭から俎堯
11

可憐に咲いている!
1

真っ青な空と紅葉と肩ノ小屋!
16

ヤマハハコの群生!
3

肩ノ小屋で冷たいcolaをスカット頂きます。そしてしばしひと息!
7

谷川銀座状態になっているので驚き!この後はカメラに人と顔が写らないようにするアングルで大変でした。
6

トマの耳でしばし景色を楽しみます。
6

聳える山脈の朝日岳-笠ヶ岳-白毛門!
6

小振りのおにぎりを美味しく頂きます、
5

紅葉に染まるオキの耳!
26

紅葉とオジカ沢ノ頭から俎堯
5

もうワンショット!
9

茂倉岳〜一の倉岳と紅葉のオキの耳!
9

真っ赤に染まる谷川岳の頂!
24

賑やかなオキの耳!
11

最終目的地の奥ノ院に向かう途中には、素晴らしい艶やかな紅葉なので驚きです!
22

奥の院ピークより茂倉岳-一の倉岳!
3

歩いて来た谷川連峰主脈路!
11

振り返ってオキの耳-トマの耳!
7

紅葉を楽しみながら帰ります。
8

素晴らし稜線も見納め!
26

まだまだ賑やかなトマの耳!
8

眼下の西黒尾根ではヘリがホバリング!
2

シンボル塔を横目に西黒尾根へ入ります。
2

氷河の跡一枚岩通過!
5

厳剛新道との合流地点の西黒尾根ガレ沢の頭!
1

ラクダの背より振り返って谷川岳!
4

紅葉が始まったナナカマド越しに笠ヶ岳-白毛門!
3

イワショウブと天神平!
2

見納め!
2

艶やかなリンドウの群生!
7

最終鎖場を過ぎて樹林帯帯に突入!
2

以前には無かった、ど真ん中にあるケルン!
1

シンボルスチールタワーを通過!
4

濡れていて歩き辛かった西黒尾根!
1

電車の時間が大分あるので登山指導センターで時間調整!

ロープウェイベースプラザでもひと息!
1

土合橋よりミスとシャワーを心地よく浴びます。
3

もぐらえきの土合駅に到着!
1

万太郎山で一緒になった優しい越後の3名と一緒になりました。何とひとりの方はヤマレコユザーでした。
6

湯沢駅では美味しい匂いに誘われて!
2

天ぷらそばを美味しく頂きます。越後の方々は湯沢駅に車がある為、苗場クリスタル行きのバスには私だけの貸切!
17

バスから降りると真っ暗なので、スマートフォンの灯りを頼りに平標山登山口駐車場に帰着です。

毎度の如く評判の苗場「雪ささの湯」にゆっくり浸かり、露天風呂で疲れた体を癒します。茶色の鉄分を含む良い源泉です。嬉しい事に今回は貸切で露天風呂に入れました。
8
ページの先頭へ