また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ

7度目のカムイエクウチカウシ山(2017の初冬に) (20/20)


前泊は札内川ヒュッテを予定。無人、独占!だがトイレが臭く、うんこがこぼれていて睡眠不可能。よって車中泊へ変更することに。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 chiroro_
公開範囲 全員に公開

写真リスト



日高山脈へと続く美しい道(中札内村の裏道)
1

前泊は札内川ヒュッテを予定。無人、独占!だがトイレが臭く、うんこがこぼれていて睡眠不可能。よって車中泊へ変更することに。
1

小屋下には薪が用意されている。

小屋には薪ストーブがあって雰囲気がいいが、流しも汚れっぱなし。

アプローチの道道中札内静内線は異常気象による降雨であちこちが崩落・決壊。
1

静かだった八ノ沢も沢幅が広がり荒れ放題。

行く手が見えるが歩きづらい。

エゾノオヤマノリンドウに癒される。唯一ここで咲いていた。

三股から雪が降りはじめ、どうにかこうにか八ノ沢カールへ。画像は翌朝。
2

昨晩の雪が朝まで降り続いた。カムイエクウチカウシ山頂上方向は濃いガス、上空の風は強そうなので下山を決める。
4

八ノ沢へと下る。
1

滑って転んでよく滑落しなかったものだ。
3

カムエクよ、また来る日があればよろしく・・・!
4

過去に登った人でも札内川、ハノ沢の変貌ぶりにはびっくりするはず。この石積みと大胆に付けられたピンクテープは超ベテランさんが歩いたもので、信頼感99%。
3

テント場のすぐ傍の八ノ沢の様子。暴れ方が半端ではない。

登山前々日に札内川を遡上したという釣師さんに聞くと、その日は増水著しかったが前日は平水に戻ったとのことだった。

七ノ沢に近づいた安堵感からセルフタイマー撮影
5

日高山脈へと続く美しい道(中札内村の裏道)
1

小屋下には薪が用意され、
2

前泊は札内川ヒュッテを予定。無人、独占!だがトイレが臭く、うんこがこぼれていて睡眠不可能。よって車中泊へ変更することに。
ページの先頭へ