また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

汗っかきにはまだ厳しい北岳日帰り (19/77)


涼しいけど橋が濡れててつるつるします。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 yamacogi
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー Canon
カメラモデル Canon EOS M3
日付 2017年10月9日 07:16
ISO感度 400
シャッタースピード 1/60 秒
絞り f/3.5
焦点距離 18mm

写真リスト



朝の3時の芦安は汗っかき的には快適な気温でした。
10月ってこんな暖かったっけ?

広河原のインフォメーションセンター前です。
紅葉してるなー

ゲート通って出発です。

北岳先輩今日はよろしくお願いします!

このここから山の世界に変わる感が大好きですw

この広河原山荘の左脇が登山道です。

こんなに緩やかな登山道なのにもう汗がw

お花の爽やか成分で汗の不快を打ち消していきます。

川の近くは涼しいです。

大樺沢二俣方面と白根御池小屋方面の分岐です。
この時は下山は二俣からだと思ってたんですけどね〜w

登山道に川が流れています。
汗っかきには涼しくていいです。

何の花でしょ?別の惑星からきたようなSF感w

前回の9月初めより水量が多いような気がします。

橋がなかなか面白いです。

登山道?いやっ川だ!

この橋もたのしー

爽やか成分補給です。

よっ!と北岳先輩。

涼しいけど橋が濡れててつるつるします。

紅葉の見頃としてはまだ少し早いんですかね?

だんだん近づいてきました。
1

開けたとこに出てきました。
ここから二俣分岐まで近そうで遠かったですw

影の感じがスポットライトを浴びている主役のようで北岳先輩マジかっこいいっす!

やっと大樺沢の二俣分岐に到着です。
ここで休憩と食事をしました。

この分岐は山小屋でもないのにトイレがあるのです。
ありがたいなぁ〜

さあ左俣で行きますよー

飛行機雲に思わず見とれていますw
1

雪の穴に何か居そうだな〜

八ヶ岳先輩も姿を現します。

ふぅ〜癒される〜

水に手をつけて冷却してます。
本当は日焼け止め塗ってなかったら顔もつけたいです。

取り付きってここ?

鳳凰三山が全部見えてます。
鳳凰三山から北岳見たときも思いましたが、ほんとっご近所ですね!
1

振り返ってばかりで前に進めないw

まだまだあるなー

ここから階段地獄の始まりですよ!
1

これがバットレスってやつですか。
近くから見ると圧倒されますね〜
1




階段地獄を越え八本歯のコルに着きましたー

間ノ岳への稜線がきれい過ぎw

って階段地獄まだ終わってなかったー
むしろボス級じゃないですかw
1

でたよっどの山から見ても完璧に均整が取れているイケメンがw

ヤツ先輩の全体が見えてきてどんどん標高が高くなってきてるのが分かりますね。

ゴツゴツしてきました。
でも大きくて安定してるのでそんな怖くなかったです。

前に進ましてくれー
1

谷川岳の西黒尾根登ったことある人にはあそこから見えるネコ耳に見えるんじゃないでしょうかw
1

酸素がちょっと薄いせいかこのつづら折りがキツイです。

この辺は風が強くて汗っかき的には最高でした。
でも山頂まで20分ってもっと早く吹いてよ〜

中央アルプスですかね。

北岳山荘が近く見えるけど遠いんだろうな〜
1

女王さま(仙丈ケ岳)がお姿を。

あと少し!

山頂到着!
なんだこの素晴らしい360度ビューは?

ここで昼寝でもしていきたいとこですが、日帰りだからひと通り写真撮ったら下山開始です。
2

甲斐駒ヶ岳さん相変わらずの雄々しさです。
1

肩の小屋が見えてきました。

両方入ったので。

さて前回買い忘れたバッチ買いますか〜
小屋番さん「北岳のバッチ売れ切れです。」
俺「えっ?」
コンビニのおにぎりがいつもよりしょっぱいな(´;ω;`)ウッ…
でもあきらめません!
白根御池小屋に電話したら北岳バッチあるそうです。
そこ経由で下山することに。

人に聞いたんですが昨日肩の小屋今シーズン2番目のお客さんの多さだったらしくそりゃバッチも売り切れますわw
タイミング悪かったんですね。

前回も通りましたがこの尾根筋凄く気持ちがいいです。

白根御池小屋と大樺沢方面の分岐です。

この辺草スベリっていうそうですが、つづら折りが多いせいかそれほど急に感じませんでした。

秋だなー(今更w)


面白い葉っぱだなー

おっ!あの池は

近そうで結構時間かかりました。
それにしてもきれいなテン場だなー

白根御池小屋です。
バッチ買ってちょっと休憩したらすぐ出発です。

この辺はまだ歩きやすかったです。

でもだんだん怪しくなってきてw

かなりの急斜面でした。
石や木の根っこが濡れてて余裕なくてあまり写真撮れませんでしたよ。(そんな中なぜ撮ったか分からない一枚w)

行きに通った分岐になんとか着きました。
でもまだ結構あるんだなー

帰ってきたー!

北岳先輩お疲れっす!
いつかまたお世話になりますっ!

この後休日なのでバスで地獄をみますが、まあそれは無かったということでw
お疲れさまでした。
1
ページの先頭へ