また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

紅葉名所の高田山は紅葉真っ盛り!幻想的な空間でした! (41/76)


紅葉のシャワー!


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 Sunset33
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー OLYMPUS CORPORATION
カメラモデル TG-4
日付 2017年11月5日 12:21
ISO感度 100
シャッタースピード 1/200 秒
絞り f/3.5
焦点距離 6.9mm

写真リスト



駒岩公民館は満車?なのでそのまま旧道を進んでR353と交わった左に休憩場のPがあります。先行車は1台あり、マイクロバスもありました。戻る形で右の旧道を5分ぐらい歩きます。
2

登山口の岡田石材店では石材店の陽気なおばちゃんが、記帳をしてから出発してね!と言っていました。田舎のおばちゃんは親切で優しいですね!
5

郵便ポストの上には、トレードマークの可愛いニャンコ大先生!
10

登山口と反対方向を向いているサブ、トレードマークの小さな石の右手バッキュ〜ン!の超アップ!
6

梅雨時は山ビルが生息するらしい!下には食塩水!
1

集落の脇を通り抜け、振り返って山村の長閑な景色!味かあって良いですね!
8

林道と作業道が随所で交差していますが、分かりやすい道標が設置されているので安心です!

背の低い鳥居をもれなくお辞儀姿勢で潜ります。程なくすると落葉で滑り気味の九十九折道!

伊勢崎よりお越しの団体さんに追い付きます!そしてTomoさんのお友達のshigetaさんファミリーと驚きの初バッタリ!
7

鳥居を過ぎてしばらくすると綺麗な紅葉がお出迎え!
19

見事な紅葉の森ハイク!
12

辺り一帯紅葉だらけ!
47

艶やかなハッキリした色彩が眩い!
19

稜線を振り返って!
11

眩い陽射しに輝いて!
15

渇水寸前の水場?帰路に明らかに!
3

紅葉の下に回り込んで!
28

カメラを何処に向けても!
10

真っ盛りポイントに入りました。
18

見上げて!
10

艶やかな紅葉にしばしため息!
9

紅葉の尾根道!
16

見上げて!
8

キラキラ!
11

眺望の良い石尊山でひと息!皆さん食事中でした!
14

隣の高田山!
10

霊山嵩山の右後方は榛名山!
6

オンマ谷以来3度目のバッタリのnakayamaさん!
2

ヤセ尾根はツツジ系の紅葉!
5

霞んで浅間山!
7

ブログをされているOrihimeさんと嬉しい三度目のバッタリ!
10

リンドウの咲き残り!
13

赤城山の地蔵岳と志賀の岩菅山にある二つの一等三角点の間に設置された補点の一等三角点にポチン!
3

貸切の高田山の頂なので慣れないセルフ撮り!3度の取り直しとなりました。
16

本日はサッポロ一番みそらーめんを美味しく頂きます。
10

足元に注意を払い石尊山へ戻ります。
1

昼食休憩に入るOrihimeさん達とまたまたお会いします。
8

石尊山では陽気なshigetaさんファミリーと再びお会いします。とっても気さくなファミリーです。
28

紅葉ポイントまで下がって来ました。
10

見上げて素晴らしい!
13

紅葉のシャワー!
19

陽に輝いて!
9

回り込んで!
17

陽に透かして!
8

辺り一帯何処も素晴らしい紅葉!
11

ミックス!
12

真下からアングル!
13

素晴らし紅葉稜線!
14

山頂手前でお会いして、会話を楽しんだ東京の目黒からお越しの上品なお姉さんをワンショット!とっても品があります。
8

コースを外して紅葉の森へ!
11

山道を外して回り込んで!
17

立体的に!
10

重なる紅葉!
7

素晴らしいの一言!
13

まさにドンピシャタイミングの紅葉!
11

周辺の方達と素晴らしい紅葉に大満足!
6

満点紅葉アングルで!
16

三本重なって真っ赤っか!
10

力強く、見応えがある紅葉!
12

燃えるように!
13

回り込んで!
10

少し引いて!
9

見頃ポイントを後にして!
7

shigetaさんちのおねえちゃんが水場の枯葉を片づけると、しっかり出ていた水場の水!
4

この辺りは来週頃ですかね!
2

風に靡いき輝いて!
2

勢いよく私の後を付いて来て、shigetaおにいちゃんが嬉しそうにコケていた!そして再起動(笑)
8

続いておねんちゃんも嬉しそうにコケていた(笑)
7

本日の見納め紅葉!
6

登山口で一緒だった大田区よりお越しの若夫婦?彼女は本日が山デビューだそうです。見事な紅葉の山でしたね!おめでとうございました。
9

林道終点より見上げて!
1

長閑な集落の細路を抜けて!
3

ニャンコ大先生!戻って来たにゃん!
7

R353と交わる休憩場の駐車場は私の車と団体ハイクのマイクロバスだけでした。メロディーラインの起点でもあるので、通り過ぎるタイヤの音色?を聞きながら支度を整えます。
4

沢渡温泉分岐を過ぎた左にある、らーめんダイニング庵へ!
2

今回はトロトロチャ―シューの外側が沢山入った肉ソバを美味しく頂きました。
24
ページの先頭へ