また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

撤退します念丈岳!装備不十分につき力尽きる (35/51)


ただいま11時、念丈までとどかず!無念ですが装備不十分につき、体力低下。撤退します。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 rupmo
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー Apple
カメラモデル iPhone 7
日付 2017年11月25日 11:00
ISO感度 20
シャッタースピード 1/967 秒
絞り f/1.8
焦点距離 4mm

写真リスト



今日は念丈岳周回ですが!なんだか天気悪くない。鉛色の空に薄っすら雪まで積もってるよ。
2

一般的には反時計回りで周回しますが、あえて逆回りします。先ずはゲートを開け失礼します。
1

林道に入ると雪が増える。大丈夫かな?装備は軽アイゼンしか持って来てないけど。
2

周回には一部登山道がない場所がある。この辺りかな?取りあえず登って見る事にする。
1

お!ピンクテープがある!作業用かもしれないけど信じてみよう。
3

当たりだね!尾根に上がると登山道が見えた。
4

ここからは一般ルートです。久しぶりの雪道♪楽しんで登ろう〜。
3

やっぱり雪は気持ちいいね〜♪フカフカしてとても歩き易いし。
2

見上げると樹氷もキラキラ輝いてる。この先が楽しみ〜。
8

雪はこの程度でサクサク!なんで余裕かましてました・・・
3

吉田山?知らないのでパスします。
1

あれ?何だか足が重い?少し登っただけなのに、やけに疲れるのって一体どういう事なの?
3

山頂付近で足首程度の雪を想定してきたが、この時点で足首超えてます。
2

ヨイショ!ヨイショ!雪があると全くスピードが上がらない。
2

それでも樹氷に癒されながら、久しぶりのラッセル頑張ってます。
12

ササも埋まり始めてるね。昨日は結構雪が降ったみたい!
4

ようやく本高森山。予定の2時間を45分オーバーです。この先周回にやや不安を感じた。
6

歩いてきたトレース、帰りもここを通る事になるとは…
3

本高森山からの展望。南アが見えないのが残念ですが、帰りはバッチリでしたね!
6

高森山を過ぎると、一気に雪が増える。マズイよこの雪!
4

深い所は膝まであり、問題はゲータ付とはいえ、トレランシューズできちゃった。かなり指先冷えてます。
6

ただ、綺麗な景色に誘われる。行けるとこまで行こう!
6

おりゃ〜。この時点で周回は少し無理かも?とも思い始めてました。
2

しかも山頂付近は、かなり寒そう♡当たり前だけど冬だね。
5

それでもこの景色がある限り、足は止められない。
8

随分登りました。雲と同じ高さだね。
2

ツボ足ラッセルは、かなりキツイ!せめてワカンぐらい持ってこればよかったけど、こんなに雪あると思ってなかったもんね!
5

綺麗だね。ただいま10:15です。11時に念丈岳に着かない場合は潔く敗退します。
20

写真とか撮ってる場合じゃないけど…
13

この辺りで、完全にルートロスト!考えたり地図みてもどうせ分からないので、とにかく高い所を目指すしかない。
5

アカン!次はモンスターに阻まれ八方塞がり、何とか凍った枝をかき分けて突破しても状況は変わらない。
4

もう無理かも。流石にツボ足限界というか、前に進まんし、この先の試練を乗り越える体力もない。
2

それにアルパインパンツも履いてないと腿が冷たいのと、足なんて感覚ないかも。
4

シラビソの枝なら何とか突破できたが、シャクナゲは強烈すぎる。弾き返されるよ!
8

ただいま11時、念丈までとどかず!無念ですが装備不十分につき、体力低下。撤退します。
6

撤退すると決めたはいいが、帰りも地獄だね。シーズン最初から、いい経験できた。
4

だいたい帰ると決めると晴れるパターン、南アの雲も取れてきた。念丈から見たかったです。
9

大島山まで戻った所で半分凍ったパン食べて休憩します。
9

妻と歩いた白根三山を見ながら思う。雪山って厳しいね!
8

しかしトレランシューズは無謀だったか?それとも、ここまでこれたのは大したもんだと考えるべきなのか?何れにしても家に帰ったら冬靴出そう。
11

敗退はしたけど、この景色が見えたからヨシとしよう。積雪期に周回は無理だったね!
8

冬はタダの枯れ木も芸術作品にかえる。
6

あかん!休憩したら、体の芯まで冷えてきた。帰ろう。
10

帰りも容赦ないラッセルに直ぐに体は暖かくなる。太ももなんてパンパンです。
4

マジかよ!風で自分のトレースも消えてる。帰りも楽できないよ〜。
6

本高森山まで戻って来れました。帰路もこの景色を見るとは…
10

でも、綺麗〜。南アは午後の方が断然綺麗に見えますね。
12

南ア南部です。正面は地味な光岳!地味な南部もいいね!
9

このテープが登山道を外れる下降ポイントの様です。
3

帰りも道なき尾根を下る事になるとは…みんなで周回して道を作りましょう。
2

あの上まで登ってたんだ!周回は出来なかったけど、結構頑張ったね!冬に周回は止めましょう。
9
ページの先頭へ