また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

木曽駒ケ岳 ⛄千畳敷カールを超えたけど・・・撤退 (26/44)


中岳到着。ほとんど見えません。風も強くゴーグル、サングラスの中の蒸気が凍り付いて前が見えません。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 ashshelljp
公開範囲 全員に公開

写真リスト



駒ヶ根駅近くのビジネスホテルに前泊。菅の台バスターミナルに向かいます。所要時間10分。
2

本日のコンディション、曇り、-14℃、風は中。頂上に行くととんでもなかったです。
1

バス停にはすでに満杯の人が・・・更に切符売り場にも・・・
8:15始発のバスに乗り切れず8:30に臨時バスが出たようです。ロープウエイは9:05に満杯で出てしまったので、次のバスの方は10:05になったのでは・・・

始発9:05のロープウエイを待っています。
1

ロープウエイに乗って千畳敷駅に向かいます。

途中でニホンカモシカがいました。中央やや右上です。
1

千畳敷駅に到着。見えません・・・

ここでアイゼンを履き準備をします。

外に出ると・・・何も見えない。

とりあえず登山道を進みます。

十字架のチャペル?
1

まずは千畳敷駅からやや右方向に下ります。

千畳敷カール右サイドを登ります。雪崩を避けるためです。雪崩はほとんど宝剣岳から雪崩れるため右サイドを登ります。
2

新しいピッケルの登場。50cmと短い為つかない方がバランスを保てそうです。

こんな状態です。
1

皆モクモクと登っていきます。
1

少し見えるようになってきたかな? オットセイ岩?
1

乗越浄土は中央の狭まった部分です。
1

皆最後の力を振り絞って乗越浄土を目指します。最後ではないのですが乗越浄土は風が強く下山する人が多かったようです。
1

乗越浄土を前に風をよけ小休止。ここでハイドレーションを試します。ザックのショルダーベルトにハイドレーションパイプのカバーがあるため問題なく使用できました。

乗越浄土に最後の登りを登ります。

乗越浄土到着。風が強く吹き飛ばされました。初めての防風態勢をとりました。
2

まず頂上に向けて中岳を目指します。

宝剣山荘の風上でゴーグルを着けます。風が舞っているので風をさけられません。
1

中岳に向けて進みます。

中岳到着。ほとんど見えません。風も強くゴーグル、サングラスの中の蒸気が凍り付いて前が見えません。
1

凍り付いたゴーグルを外しサングラスで進みます。サングラスの内側も凍っています。

見えません!!!!
1

シュカプラ

岩と雪の登山道を降りていきます。ここで雪の段差を踏み抜き転倒。サングラスも外し視界を確保して進みます。

今回初登場のピッケル。ベノムアッズ。リシューコードが風でなびいています。
2

足元はこんな感じ。
1

胸のファスナーに付けた時計も凍り付いています。霧氷?
残念ですが頂上小屋を目前にここで撤退します。ホワイトアウトでほとんど見えません。良い経験になりました。
2

宝剣小屋まで降りてきました。

千畳敷カールを下山します。

さあ下山。サングラス、ゴーグルを外しバラクラバも息が出来ずに下げた状態・・・凍傷にならないものですね。
1

千畳敷カールもこんな状況です。
2

hinhiro2000さんが下山します。

全く見えません。

下山道を左サイドに取り直します。宝剣岳からの雪崩を避けるためです。皆さんホワイトアウトの影響か中央を下山していきます。
2

千畳敷駅が見えてきました。

最後の力を振り絞る・・・風に耐えた影響か足腰にきています。

ロープウエイも視界不良になってきました。

菅の台バスターミナルのベンチで昼食。コンビニパンとクリームスープ。
2
ページの先頭へ