また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

長白陵 上白壁(1160m)/下白壁(1020m) (21/22)


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 mtakaha
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー PENTAX
カメラモデル PENTAX Optio RZ10
日付 2018年3月11日 14:04
ISO感度 80
シャッタースピード 1/250 秒
絞り f/8.3
焦点距離 5mm

写真リスト



スキー場の脇をスタート

尾根への取り付き、雪面が固くキックターンに苦労する

朝日に光る雪原のキラキラ、とてもきれいなんだけどそれが伝わらないのが残念。
1

1160mへ向かう尾根から見た1020m。
あんな急な所、登れるんだろうかと不安になる。

写ってないけど右手が1160m、左手が1020m。この稜線を通る予定。地形図を見ると1160mから230m下って1020mへは70m登ることになる。地形を見ただけで大変そう。

1160m直下までは比較的なだらかで木も混んでないし、スキーが上手なら楽しめるところ。
1

1020mを見る。まさに雪崩斜面で中腹に全層雪崩の跡が見える。
1

1160m直下にスキーデポ。70歳のMさん、慎重に一歩ずつ進む。
1

1160mから見た雪庇。崩れたら怖いのであまり動き回らないようにした。


1160Pに到着
1

1160mから1020へのコルに移動中。雪は固くて滑りが下手な女性陣はスキーを手に持って下る。

コルから見た1020m。稜線は雪庇が張り出しているので、林間を歩く。

コルから1020mに向かう。晴れているので気持ちがいい。
1


国際スキー場が見える。

ツボで1020mをめざす。1160mに比べ斜面は緩やか。太陽が昇って雪も柔らかくなって歩きやすい。

1020mピーク手前。天気も良く360度見渡せたが、スマホの電池残量少なく写真を写せなかったのが残念。
1

1020P直下でスキーをデポ

1020mから眺めた1160m。
見た目、1020mも1160mも険しそう。時間はかかったが、両方登れてかなり満足。下りは沢を超える手前のトレースに合流できて、これまた読図の正確さに自己満足。
2


1020Pの北西壁を下る、転がり落ちた雪塊を避けて移動する
ページの先頭へ