また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

大杉谷〜日本三大渓谷を巡るトレッキング (69/99)


ごみは持ち帰りましょう。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 kenkoro
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー PENTAX
カメラモデル PENTAX Optio WG-1
日付 2018年6月3日 09:54
ISO感度 320
シャッタースピード 1/50 秒
絞り f/3.5
焦点距離 5mm

写真リスト



名古屋駅から特急南紀にて三瀬谷へ

三瀬谷駅到着。無人駅です。
1

ここからバスに乗り換えます。

この道の駅とのとなりにスーパーがあり、昼食や登山中の非常食等を買い込みました。道の駅にもレストランあり、魅力的なメニューがありましたが、意外に時間がなく、バスの中で食べました。

登山口到着。

最初はこんな感じ。

さっそく綺麗な川が見えてきました。
1

ここから本格的な登山口。

早速、有名なこの光景。鎖がしっかりしていますが、ちょっと怖かった。
2

1

1

最初の吊り橋。ここから、いっぱい出てきます。
1

ちょっと河原に下りてみました。

能谷吊り橋。2つ目の吊り橋です。


能谷川原まで来ました。

地獄谷吊り橋。天国です。

1

ここでしばらく休憩。
1

大杉ブルー。
3


警告もいたるところに。




ここらへんまで来ると、このくさりにも慣れてきました。
1



本日最初の滝。
1

2

ポスターにあるこの光景。
1

長い休憩をとりました。

魚🐟


こういう扉がいくつかありました。なんでしょう。

1

1

今回のルートで一番長い吊り橋でしょうか。
1


巨大な堯
1


桃の木山の家が見えて来ました。


本日の寝床。ガラガラでした。
1

豪勢な夕食です。
1

ご飯おかわりしました。
1

さあ、出発。


七ツ釜滝が見えてきました。

ここでしばし休憩。

細くて急なところもありました。



2

崩落地。
1

ここは休まず通過します。

崩落地を過ぎると、ゆっくりできるところがありました。

光滝。いい感じ。


1




堂倉滝。しぶきと逆光で写真をとるのが難しかった。
2

一瞬だけ、こんな道。

再び登山道へ。

避難小屋。鍵がしまってました。

シャクナゲはもうほとんど終わっていました。

ごみは持ち帰りましょう。

シャクナゲは終わってましたが、風が気持ちのいい道でした。

こちらは見頃。
1

2

あと少し。

日出ヶ岳頂上!

北側の方面。



さあ、大台ヶ原を散策します。


木道でいい感じ。

立ち枯れの木々が。大台ヶ原っぽい。





昔はこんなだったなんて想像できません。




駐車場がみえてきた。

1

1

1



ゴール。


バスで約2時間かけて、大和上市駅まで。

帰りの新幹線で、駅弁とビール🍺。やっと一息。
1
ページの先頭へ