また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

桜平から硫黄岳・天狗岳 コマクサを訪ねて (90/96)


オーレン小屋の水場で水分補給


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 hmnt
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー NIKON CORPORATION
カメラモデル NIKON D700
日付 2014年7月19日 12:32
ISO感度 1250
シャッタースピード 1/350 秒
絞り f/4.0
焦点距離 55mm

写真リスト



桜平登山口。
駐車場、混雑してましたがなんとか駐車できました。
ゲート脇からスタートです。

いきなり豪快な滝のお出迎え
2

沢の水量も豊富です。梅雨時だからかな
2

リンネソウ
1

カラマツソウ

ゴゼンタチバナ。
あちこちに咲いていました

キバナノコマノツメ
1

シロバナヘビイチゴ。
オーレン小屋付近まであちこちに咲いてました

道幅の広い林道をずっと登っていきます

夏沢鉱泉に到着。
立派な山小屋です

入り口横に登山ポストがあります

夏沢鉱泉を過ぎると、林道も終わり登山道になります。
道幅広めでとても歩き易い
1

ミツバオウレン
1

ズダヤクシュ
1

ウェルカムアーチ?
1

沢の流れと水の音に癒されます
1

とても歩き易い登山道が続く

山登りと言うより、苔の森を散策してる感じ
1

オサバグサ
1

花を見たり苔の森を見ながらこんな道をのんびり歩いていると、、、

オーレン小屋に到着
1

まずは中央奥に見える峰の松目を目指します

少しだけ登山道の傾斜がきつくなってきました

しばらく進むと峰の松目と硫黄岳方面の分岐。
今回は右の峰の松目方面へ

シダの生い茂る斜面を黙々と登っていきます

峰の松目へ向かう途中、展望良好な場所がありました。が、今回は曇りがちで残念。
中央奥が編笠山、手前左のガスがかかっているのが阿弥陀岳です
1

峰の松目直下は予想外の急登。
今回のコースでここの登りが一番急傾斜でした

峰の松目に到着
1

山頂は木々に囲まれほとんど展望ありません。
木々の隙間から阿弥陀岳が見えました
1

とりあえず草に囲まれた三角点にタッチ

ツマトリソウ
1

タカネイブキボウフウ


峰の松目から木々に囲まれた尾根沿いに硫黄岳へ向かいます。登山道を塞ぐ倒木。
最近倒れたのかな

一瞬だけど赤岳が顔を表しました。
この日はこの瞬間だけ拝むことができました
5

苔の森の小道
1

曇り空のしっとりした雰囲気が似合います

森林限界を超えたけど、ガスってて周囲の展望はなし。残念!
1

ハクサンシャクナゲ
2

コケモモ 。
まだつぼみですね
2

ハクサンシャクナゲ

赤岩の頭。周囲は真っ白で6月に来た時と同じ状態。。。
1

硫黄岳山頂を目指します。
この辺りから花が多くなります
1

イワヒゲ
1

ミヤマシオガマ
2

ミヤマダイコンソウ。
硫黄岳、天狗岳の稜線の所々に咲いていました
2

マイヅルソウ
2

硫黄岳山頂。
ガスの感じも強風なのも6月の時と同じ。
3

絶景のはずだが、、、
2

オンタデ
1

立派なケルンだ

晴れていれば気持ちのいい稜線のはず。。。
2

ヒュッテ夏沢の青い屋根が見えました
随分下にあるなぁ
2

さっき登った峰の松目。
ここから見ると存在感あります
3

夏沢峠を挟んで、これから向かう根石岳、天狗岳方面。
雲で見えません
1

浮石もあるので、足元注意

森と岩の対比

夏沢峠上にもキバナシャクナゲが所々に咲いてました
1

夏沢峠に到着

夏沢峠から緩やかに登っていきます

キノコの名前は分からない

コケモモ

箕冠山の尾根もなかなか良い雰囲気です

山頂という感じではないけれど、一応ここが、箕冠山(みかぶりやま)山頂
1

ここから少し下ると根石山荘。でも、ガスってて何も見えない。
コマクサとの対面に気がはやります

コケモモの群生
2

根石山荘まであと80歩ということですが、山小屋見えません。こちらは帰りに寄るとして、まずはまっすぐ稜線の道を進みます
1

今シーズン最初のコマクサにご対面。
やっぱいいですね!癒されます
5

稜線コース脇は、まだ咲いている株が少な目でした。帰りにも楽しむとして、まずは天狗岳に向かいます
2

ガスガスの根石岳山頂
1

天狗岳方面。
一瞬ガスが切れて、稜線が見えました。
晴れていれば絶景の稜線歩きなのに。。。
2

時折先が見える稜線。
以前見た絶景を思い出しながら歩きます

森に囲まれた眼下に本沢温泉の屋根が見えます。
こちら側もいつか歩いてみたい

天狗岳(東天狗岳)に到着!
ガスガスで周囲の展望無いので、今回は西天狗岳はパスすることにしました
3

山頂直下のミヤマキンバイ群生。
晴れていれば、眼下に絶景が広がるはず
1

ガスっているので高度感ありませんが、両側は切れ落ちてます

ムカゴトラノオ
1

イワツメクサ。
これからです
1

イワベンケイ。
りっぱな株
2

再び根石の尾根に戻ってきました。
今度はじっくりコマクサ観察です

頑張って寄ってみました
1

ポツリポツリと点在して咲いている
1

稜線コース脇は咲いている株が少なめでしたが、根石山荘側に入ってみると、たくさん咲いていました
1

山荘脇はちょうど見ごろな感じの株多数あり
4

この斜面一面コマクサ。
まだ咲いていない株も結構あります。
もう少ししたら見ごろなのかな?
1

箕冠山への登り返しで見つけたコイワカガミ。
群生は見られず。単体株がぽつりぽつりとありました

箕冠山からオーレン小屋に下山します。
歩き易い道ですが、石や木が濡れていて何度か足を取られ滑ってしまった。油断大敵だ

25分程度でオーレン小屋に到着。
前に歩いた時よりも短く感じました

オーレン小屋の花壇に咲くタカネグンナイフウロ
1

オーレン小屋の水場で水分補給
1

ミヤマキンポウゲ

シナノオトギリ
1

ハナニガナ

ハナチダケサシ

キバナノヤマオダマキ
2

桜平登山口にもシャクナゲ がたくさん咲いていました
ページの先頭へ