ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

焼山と火打山をぐるりっぷで。 (49/59)


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 0041
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー Panasonic
カメラモデル DMC-FZ200
日付 2015年9月27日 14:45
ISO感度 200
シャッタースピード 1/640 秒
絞り f/3.5
焦点距離 9.8mm
撮影場所
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真リスト



行程が長いので暗いうちにスタート。

杉野沢橋。渡ったら林道から離れます。

堰堤。右岸(向かって左側)のスロープで堰堤を越えます。

この様な足元に注意する場所があります。

渡渉。

豪雪地帯なので頭上にも注意が必要です。

焼見台から。
紅葉しているんですが太陽が出ていないのでイマイチ。

渡渉。

またまた渡渉。

水場で休憩。
このルートは休憩適地が少ないです。

水場からは九十九折の道です。

高妻山と乙妻山が見えました。


裏金山方面。岩壁がすごい!

お花畑があった!

この時期にハクサンフウロが見られるなんてラッキー。
望遠で撮影しています。





富士見峠。
テントが張れるスペースがあります。
天候回復を期待してマッタリ休憩。

分岐。
近くにある水場はわからず仕舞い。

泊岩。登山道からほんの少し入ります。
ここでも天気予報を信じて時間調整。

晴れていたら気持ちのいい歩きができたんだろうな〜

北西小火口群の中を通ります。
こちらの火口活動を停止しています。


雷鳥発見!

焼山山頂。
真っ白な世界。時折明るくなるので少し待ちましたが、晴れるどころか雨が降ってきて合羽を着る始末。

火打山へ向かいます。

この分岐を見落とさないように。

またまた雷鳥発見。
こんな天気だからかな?

胴抜切戸へ向けて一気に下ります。


足元が非常に滑りやすい!
雨の日だから?

どこが最低コルだったかわからず登りへ。

急登!

一瞬、光が射して幻想的な眺め。
写真ではちょっと…


焼山は見えず。


青空!?

影火打山。
標識の文字がほぼ消えてしまっています。

ハイマツの中の道を登れば山頂。

火打山山頂で休憩。

結局、縦走路からは焼山は拝めませんでした。

天狗ノ庭は見られた!

妙高山。


1

1

1

高谷池ヒュッテで休憩。

この日は日本海側からの風で雲の多い天気でした。

写真ではイマイチの紅葉。





ゴール。
ページの先頭へ