ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

白毛門から朝日岳を経て蓬峠から旧国道で下山 馬蹄型ハーフ (6/112)


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 0041
公開範囲 全員に公開
カメラメーカー Panasonic
カメラモデル DMC-FZ200
日付 2015年9月12日 07:00
ISO感度 400
シャッタースピード 1/20 秒
絞り f/2.8
焦点距離 4.5mm
撮影場所
Web Services by Yahoo! JAPAN

写真リスト



快晴!

予定では馬蹄型縦走なんですが…
この時間にスタートでは私のスピードでは無理かも。

とりあえず朝日岳まで。

白毛門まで急な坂があります。

木々の間から谷川岳。



ロープのある岩場。

松ノ木沢の頭が近くなると展望が良くなります。

松ノ木沢の頭。
谷川岳の展望台です。

白毛門。
前を歩く方が数人確認できました。

白毛門まであと少し。

笠ヶ岳と朝日岳。

白毛門で休憩。

谷川岳に薄い雲がかかり始めています。

さて次へ。

遠くの山まで見えて幸せな気分♪

一旦下り、登り返します。

1

笠ヶ岳。
360度のパノラマが広がっています。


遠くに見えた山は後立山かな?

朝日岳を目指します。
1

笠ヶ岳からは朝日岳までは気持ちのいい稜線歩きです。


1

1

朝日岳。

ここも歩いていて気持ちのいい場所です。
1


1

1

巻機山分岐。
突撃してみたい!

巻機山まではどんな道が続いているんだろう。
そもそも道は無いか!
1

清水峠まで下ります。

この辺りですれ違う人が多くなりました。
トレランの方もチラホラと。


避難小屋泊りなら馬蹄型も苦にならないと思うんですけど…
1

谷川岳の山頂は確実に雲が多くなっている。

清水峠。
ここだけ草の生い茂る車道みたいな場所があります。
ここは地図にもある清水街道です。
現在も国道291号として生きていますが、新潟県側は事実上の廃道状態で通行不能だそうです。

避難小屋。

送電線監視所。
避難小屋よりも立派な建物です。
1


清水峠から少し直登します!
送電線巡視路が分岐しているので迷いこまないように。



1



大源太山分岐。

七ッ小屋山山頂。

午前中はあちらの稜線を歩いていたんです。
改めて見るとデカイ山!

気持ちのいい稜線はまだまだ続きます。
1

大源太山山頂に登山者がいました。

あの山も面白かった!

蓬ヒュッテまであと少し。
1

蓬ヒュッテで休憩。
新しくなったんですね。今度は泊りで来ようかな?

分岐。
谷川岳へ向かうには蓬峠を12時30分通過と予定していたので諦めて下山します。
1

谷川岳の山頂がガスに覆われているので諦めもつきます。

結構ワイルドな道が続きます。

濡れていたら怖さが増しそうです。

こんな所も…



武能沢の滝。
1

清水峠からの旧国道と合流。
1

白樺避難小屋。


いざ旧道へ。

歩きやすい!のは最初だけ。

各所で崩落、落石があります。


トラロープでよじ登る箇所が対岸に見えます。

武能沢。
さっき見えた滝。

少し沢を下りて…

よじ登る。

増水していなければ何てことは無いです。

刈り払いされているのかな?



歩きやすい道とそうではない道と交互に出てくるので飽きません。
開通当時は荷車が通っただけあって傾斜は緩やかです。


国道291の文字が何ともいえません。
1

日当りのいい場所は草ぼうぼう。


こうなると道ではないような気がします。



年に何人の人が歩くのでしょう?




あの穴は何だろう?

芝倉沢。

まだ土合まで遠い…

中芝新道も歩いてみたいけど…


芝倉沢を境に人間のエリアに入った感じ。


旧道を登りに使うとこの注意書きがあります。

旧道は距離からしても健脚向きかな。

ぶなのしずく。
冷たくてうまかった!

幽ノ沢出合。

ゴールはまだまだ。


一ノ倉沢が近くなってきました。
帰ってきた感が強くなるけどまだまだ…

ここで少し休憩。

舗装路を歩きます。


西黒尾根登山口。
次回はこちらから挑戦しようかな?


新道は通行止めになっていました。
ページの先頭へ