また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

西駒ヶ岳 (木曽駒ケ岳) 信濃錦を呑む会 in 西駒山荘 2016 (53/147)


結局夜はガスッてしまい、土星を少し覗いて戴く程度となってしまいましたが、翌朝は良く晴れ渡りました。


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 sakeza
公開範囲 全員に公開

写真リスト



昨年の反省から、今年は少し早めの出発としました。桂小場は、まだ暗がりの中です。

ぶどうの泉。少し白んできました。


野田場の水場です。

1


馬返し。


大樽小屋。

信大ルート分岐。
1

六合目で一休み。

津島神社。

全くの晴天です。

西駒山荘が見えて来ました。

胸突八丁の頭。ここまで来れば、もう少しです。

分水嶺に出ました。これまでの苦労が報われる瞬間です。
1

大展望をしばし楽しみました。
1

西駒ヶ岳もイイ感じです。
1

西駒山荘に到着です。

今年、石室が有形文化財に登録となりました。

早速準備にとりかかります。
1






1

続々とお客様が到着です。

主催者である「酒文化いたや」の中村社長、蔵元の私、杜氏の宮下管理人、そしてクラベの渡邊シェフの挨拶のあと、早速開宴です。

乾杯は、発泡性の「無智亦無得JDG01」にて。

スタッフも大忙しです。

お酒は次々とお出しします。
3


荷物の置き場が無いため、ザックは石室の外に。望遠鏡「御隠鏡1号」は活躍できるでしょうか。
2


前日に三人かがりてボッカ(歩荷)された食材たち。
1




中々本格的でしょ。
1




こんな料理を、有形文化財である石室の中で味わえる幸せ。






この肉が、また信濃錦と良く合うんです!

宴は午後3時過ぎまで続き、最後はジャンケンゲームでお開きとなりました。
1

呑み足りない方々とは、夕食前まで二次会で楽しませて戴きました。
2

結局夜はガスッてしまい、土星を少し覗いて戴く程度となってしまいましたが、翌朝は良く晴れ渡りました。
1

1

1

皆さん、二日酔いのご様子も無く、三々五々出発されて行かれます。
1

今回の当日スタッフです。クラベさんを中心としたASTTALスタッフと、いたやの中村社長、宮下管理人と私です。
1

では下山しましょう。

草紅葉が始まっています。
1

分水嶺で御嶽山に別れを告げます。
1




午前中に下山されなくてはならない方がおられたため、私が先頭となって引張り気味に下山しました。
1


野田場。

ぶどうの泉。

桂小場に着きました。

お疲れ様でした。

※以下 ASTTAL画像 #1













































※以下 ASTTAL画像 #2
































ページの先頭へ