ヤマレコ

前へ 山行記録へ 後へ

栗沢山と仙丈ケ岳(南アルプスで信濃錦を呑む会 2016) (15/171)


山行記録へ戻る
※写真の著作権は撮影者に帰属します。利用の際は撮影者の方へご確認下さい。
撮影者 sakeza
公開範囲 全員に公開

写真リスト



北沢峠へ向う車窓より。


今夜はお世話になります。

でもその前に時間があるので、栗沢山に登ることにします。


1

今回は右へ。



赤が少ない今年の紅葉。



小さい秋...。



東駒ヶ岳(甲斐駒ケ岳とも言われるようです)。
1

明日登る予定の仙丈ヶ岳。

自然の額縁?




なごりの紅葉。

女王様の風格。

北岳。




もう来年の準備ができていました。


栗沢山に着きました。

栗沢山から観た眺望。元サイズでご覧ください。
2



アサヨと鳳凰。
1





仙水峠。



仙水小屋。

長衛小屋。

第3回「南アルプスで信濃錦を呑む会 in 北沢峠こもれび山荘」のために、貸切となります。

酒文化いたやの中村社長にも、ご参加戴きました。
1

Vixen の 天体用対空双眼鏡。晴れたら「おまけ」として、アンドロメダ大星雲やアルビレオなどをご覧戴く予定です。

着々と準備が進められます。

皆さんお待ちかねです。

まずは発泡性の「無智亦無得 JDG01」から。

私の挨拶はさておき、こもれび山荘の竹元支配人にこの会の概要をご案内戴いたあと、kurabe の渡邊シェフよりお料理のご説明を戴きました。主催者 ASTTAL を牽引するパワフルなお二人です。




美味しいお料理とお酒を9種類ご堪能戴きました。




最後は山小屋恒例のジャンケンゲームで、盛り上がりました。

翌朝は二日酔いも無く、酒文化いたやの中村社長と、東京から遥々お越し戴いたH酒店のW社長と共に、仙丈ヶ岳に向かいました。
1




大滝の頭。


六合目。

高曇りのため中層に雲が湧きにくく、遠くの山までよく見えました。

小仙丈。
2

仙丈ヶ岳。
1

八合目。

1

九合目半の展望台から観た眺望。元サイズでご覧ください。
1

登頂しました。

3

この夏登った赤岳も良く見えます。

名残惜しいですが、ぼつぼつ下りましょう。
1


道標が新しくなっています。

仙丈小屋のベンチをお借りして、昼食を摂りました。


馬の背ヒュッテは営業を終了していました。

当然、トイレも使用できません。

赤い紅葉が少ない分、ナナカマドの赤い実が印象的でした。

大滝の頭。

二合目からはトラバースルートを使って下山しました。


無事、戻りました。

※ 以下 ASTTAL 画像




















































































ページの先頭へ