また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > bellx1さんのHP > プロフィール

プロフィール

ブルーステージ bellx1 Standard

プロフィール

挑戦中の山リスト [?]

未登録
ユーザ名 bellx1
登山経験 2009年〜 (登山歴12年) / 山行日数 89日
現住所 東京都板橋区
性別 男性
年齢 40歳
血液型 A型
出身地 東京都東京
山以外の趣味 映画
職業 IT関係
自己紹介 年に数回ソロで山行するぐうたらハイカーです。
山は何にも邪魔されずひたすらに頂を目指す、登った分だけ高いところへ、言い訳も小賢しい知恵もつかえず、頑張れば誰でも頂に立てる、これ以上ないシンプルな目的の中に身を置き、歩を進める、自分と向き合う、自分を信用しないで判断する必要がある、普段より不便、そんな非日常の世界に身を置くことで、プレーンな本来の自分に戻ることができ、そんな時間を求めてたまに山に向かいます。

沢山の人が登る山、でも自分には初めて見る景色。辛い傾斜を登り切って、まるで初めて自分が発見したような山頂からの景色を楽しみます。
だから、人のいない山頂が好きです。
山を好きになる人は自分の新しい感覚を楽しみ、そうした自分の体験と向き合うのが好きな人だと思います。

山での人との触れ合いは、普段の生活にないような暖かくゆったりとしたもので、その魅力もまた山へ向かう楽しみでもあります。
時々、自分の曲がった根性を鍛え直すのも、山に行く理由の一つです。
山小屋泊や日帰りで山行。登山道のみ。
山小屋での充実感とビール、下山後の温泉とビール、たまらないです。
もちろん、ご褒美しか頭にないだらしない山登りをすることもあります…。体調や気分でせっかく休みを取って交通費を払って来ても、あっけなく撤退します。撤退後は、それをあまり深く考えないようにします^_^

季節は人の少なくなった秋から冬が好きです。
山登りは本当の自分を取り戻す大切な時間とでもいいましょうか…
自然という圧倒的な力を前に思うようにならない。実社会では達成の喜びの反対にあるのは置き去りにされた自分自身かも知れない。流れが早く本当の自分と向き合うのが困難で、そうせずにいるが容易な世界
置き去りにされる自分自身もいない、自分と深く真剣に対話する時間が自分には、少し不便で、少し辛くほろ苦い気持ちにもなるのが登山かもしれない。
コース情報からはじまる準備、健康管理、時間管理、バランス感覚、体力、エネルギー補給、状況判断、リスクマネージメント、登山者同士の配慮、交流、絶景、飲食飲酒、温泉、過酷さ、天候変化、季節の変化、きりがないくらいあらゆる要素があり、またそれらに魅了された一人であります。
ばかにはできないこと、ばかじゃないとできないこと、
そんな登山をいつかしてみたいです。
登山開始から10年くらい、やっとテン泊を始めることにしました。

立山2回
剱岳1回 別山尾根
赤岳5回 真教寺尾根1回 文三郎道4回
甲斐駒ヶ岳8回 3回未踏 黒戸尾根 冬期1回完登
鳳凰地蔵ヶ岳2回 ドンドコ沢.御座石の尾根
北岳1回
間ノ岳1回 仙塩尾根
仙丈ケ岳1回
金峰山2回
爺ヶ岳1回
大天井岳1回
燕岳1回
鹿島槍ヶ岳1回
槍ヶ岳1回上高地 未踏1回東鎌尾根
五竜岳1回
唐松岳1回
天狗岳2回
八ヶ岳茶臼山1回
縞枯山1回
雲取山3回
高尾山1回
日向山1回
鍋割山4回
塔ノ岳1回
鷲羽岳1回
双六岳1回
三俣蓮華岳1回
ワレモ岳1回
水晶岳1回
ページの先頭へ