ヤマレコ

HOME > 山のデータ > イベント > 一生に一度はヒマラヤを見に。大展望の少人数ハイキング 日本人ガイド同行
募集/企画受付終了登山・ハイキング

一生に一度はヒマラヤを見に。大展望の少人数ハイキング 日本人ガイド同行

日程 2017年3月24日 9:00 〜 4月1日 16:00
場所 ネパール
定員 4人
参加費 299000円
参加条件 山小屋泊の経験、半年以上期限のあるパスポート。1日7時間以上歩く体力があれば、特別な登山技術は必要ありません。

神聖な山として地元住民によって崇敬されており、登山が禁止されているマチャプチャレ(fishtail, 6993M)。
この山を間近に見ることのできる、比較的新しいルートを歩きます。

そのほか8000M級の、アンナプルナ、ダウラギリ、マナスルなどの雄大な景色を眺めることができます。

今回の宿泊最高地点はハイキャンプの上の展望台 3700M。
雲海の上に頭を出した山々が、朝日に燃えるモルゲンロートはきっと忘れられないものになるでしょう。

なぜこの時期なのか?春休みで海外旅行は高い時期?
シャクナゲという花をご存知でしょうか?
ネパールの国花です。
このシャクナゲが、満開になり山全体を覆うのがこの季節なのです。
日本のシャクナゲよりも木が大きく、存在感があります。

ヒマラヤ展望の適期は乾季の始まる秋以降ですが、
じつはこの時期も特に人気があります。(雨季は通常5月以降)
9種類ものシャクナゲが順番に咲く景観は見事!!です。花好きにはたまらないと思います。

歩く道は主に尾根沿いの道で、雲海やヒマラヤの大展望が期待できます。
宿泊は、基本2人1部屋のロッジです(シャワーやwi-fiがあるところも)。
現地ネパール人の信頼できる友人ガイド(日本語ぺらぺら)がアテンドしてくれますので安心です。

重い荷物はカトマンズのホテルにデポしておき、
携行する荷物はポーターが運んでくれるので体力の心配もありません。

・リュックは、通常のハイキングのサイズでOK.
(そのほか持ち歩きたいものでも、旅行バッグなどにいれてポーターが運んでくれます。)
・寝袋は不要です。毎日の昼食の心配もいりません。
・服装は、雨具のほか、フリースまたはダウンなどで寒さ対策はOKです。
・そのほか持ち物等は通常のハイキングに必要なものでOKです。各種レンタルもあります。

思い切って休みをとって行ってみませんか?
(「いつか行こう」の「いつか」は、一生やってきません…。

参加者全員で、事前に可能な限り日本で顔合わせしましょう。
できれば事前に一度一緒にハイキングに行けるといいなと思っています。

■日 程 : 2017/3/24(金)東京発〜4/1(土)AM東京着 
(地方都市発着でも手配可能です)

■概 要:
・1日の歩行は最小2時間程度から最大6-7時間程度の予定。

・アンナプルナ、 ダウラギリ、マナスルといった8000M級の山塊が見られるほか、ヒマラヤの氷河や、魚のしっぽの形のマチャプチャレ(フィッシュテイルfishtail)に間近に迫る尾根道の絶景パ ノラマコースです。

・60-70代の高齢者も過去に参加しているコースです。ポーターが荷物を持ってくれます。一部の岩場でのみ手を使いますが、特別な登山技術は不要です。

・宿泊地のうち最高点は3700M、到達最高地点は4200Mくらいですが、 高山病に注意してゆっくり時間をかけて登ります。

・山行中はロッジに宿泊します。専属シェフの料理をお楽しみください。

■参加条件:

山小屋泊の経験、半年以上期限のあるパスポート。1日6時間以上歩く体力があれば、特別な登山技術は必要ありません。

■費 用:

東京発で292,000〜32万円程度予定(2/24現在)。(燃油など込み。ホテル宿泊時の食事と保険は各自で。トレッキング中の食事は含まれます。)この時期の相場は最低でも30万円以上です。

安い航空券が日ごとに埋まってきていますので、遅くなると空席がない可能性もありますのでご了承下さい。

■行 程:

1日目(金): 成田発(地方発も可能)カトマンズ着 (ホテル泊)

2日目(土): 飛行機でポカラへ移動後、専用車で1時間移動、のち歩行2.5時間(ロッジ泊)

3日目(日): フォレストキャンプへ6時間(ロッジ泊、2500M)

4日目(月): ハイキャンプへ6時間(ロッジ泊、3700M)

5日目(火): 4200Mの展望台へ往復6-7時間(ロッジ泊、3700M)

6日目(水): シディンへ5時間ハイキング(ロッジ泊、1700M)

7日目(木): 2時間歩いて下山後、車で1時間、ポカラ軽油カトマンズへ(ホテル泊)

8日目(金): 出発まで自由時間。昼便で、カトマンズ出発、経由地泊

9日目(土): 経由地発、日本へ午後着

そのほか、ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

その他詳細・お申込みは以下をご覧ください。

http://etour.web.fc2.com/201703himalaya.html

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

このイベントへのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ