草間彌生展

2018年5月25日

こんにちは。KJです。

5月は忙しく、ほとんど山と関わりなく過ごしてしまいました…。

このブログにもたびたび登場しているのでご存知の方も多いと思いますが、
ヤマレコは長野県の松本市に会社があります。

四方を山に囲まれた城下町はとっても魅力的です。
これから時々見どころを紹介させて頂きますね。

さて先週末私は、

松本市市政施行110周年記念・松本市美術館開館15周年記念
草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて

https://kusama2018.com/

へ行ってきました。

ドット柄のカボチャモチーフが有名な草間彌生さんは、松本出身の前衛芸術家です。

この展示は3月から始まっていた為、さほど混んでないと踏んでいたんですが、駐車場には満車の文字。
係りの方に誘導して頂き、ちょうど空いたところに何とか駐車できました。
さすがの人気です。
松本駅から徒歩で15分ほどの距離なので散歩がてら歩いてもいいかもしれません。

松本市美術館といえば、この「幻の華」。
こちらは常設の展示で屋外にあり、チケットを購入しなくても鑑賞や写真撮影ができます。

今回の草間彌生展の作品数はなんと約180点。見応えがありました。
なかでも印象的だったのは、鏡を使い無限の空間を演出した展示です。
上下に続く「天国の梯子」や、果てまで広がる夜のカボチャ畑「南瓜へのつきることのない愛のすべて」が幻想的で良かったです。
延々と続いているはずなのに、逆に何処にもいけないどん詰まりを感じました。

草間作品と一緒に写真を撮れるスペースも。


インスタ映えしますね!

7月22日(日)まで開催しています。
機会があれば是非立ち寄ってみてください。

 

6月は山関係のイベントが山盛りで今から楽しみです♪

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です