落とし物を見つけられる Tile Mate / Slimを買ってみました

2018年7月5日

こんにちは!
ヤマレコ代表のmatoyanです。

少し前の話なのですが、新しい家に引っ越しをしました。
鍵の形状が変わってスペアキーを作りにくい鍵になってしまったのですが、そうすると子供が鍵をなくしてしまったときに簡単に見つけられるようにしたいし、私も財布を適当に扱うのでいつなくすのか分からないという不安があり、落とし物を見つけられるデバイスを買ってみることにしました。

ネットで情報を調べると、TrackRmamorioTileなどサービスとデバイスがセットになったものがあるようです。子供用にTile Mateというデバイスを2つ、私用に財布に入れられる薄型のTile Slimというデバイスを1つ、買ってみました。

Tile Mateはキーホールダーにつけられる感じの小さめのサイズ。リングが掛けられる穴が空いています。
Tile Slimは財布に入れられる薄めのサイズになっています。

防水なので子供が鍵をポケットにいれたまま洗濯しても大丈夫。その代わり電池交換ができなくて1年しか持たないようなのですが、1年間使い勝手を試してみて、電池が切れたときに継続するか考えようと思います。あと防水性能はなくなると思いますが、無理やりこじ開けて内蔵電池を交換する人もいるようです。

セットアップは、専用アプリをダウンロードしてBluetoothでつなげるだけ。簡単です。アプリで「探す」ボタンを押すと、Tileから電子音が流れます。音はいくつかのバリエーションから選べます。音量は比較的大きいので、鍵はすぐに探すことができます。ただ、ハンドバックの中に財布を入れた状態だと、2重で覆われてしまっているのでなかなか音に気づけないです・・・。

アプリ上で複数のTileデバイスを管理したり、地図上でどこにあるかを確認したりすることもできます。

Tileの特徴の1つは、デバイス側からスマホを探すこともできることです。Tileのロゴがボタンになっていて、ダブルクリックするとスマホ側のアラームを鳴らすことができます。私のスマホは子供に勝手に持ち去られたり、自分でスマホをどこに置いたかわからなくなることがよくあるのですが、このスマホを探す機能ですばやくスマホが見つかって助かりました。

ただし、スマホとTileとの間でBluetoothでの無線接続が必要なので、スマホからTileがおおよそ10m以上離れてしまうと、どこにあるかわからなくなってしまいます。
「最後にBluetoothでつながった場所」は分かるので、例えばどの場所に置き忘れたかはわかります。
このように、TileはGPSや4Gなどの通信機能を搭載することなく、スマホとBluetoothで連携するだけの機能に限定することで消費電力を押さえて小型化しています。

なにかを「探す」デバイスという意味では、Appleが提供しているiPhoneを探す機能や、Googleが提供しているAndroidを探す機能、あとはヒトココなどの登山用の専用デバイスもあります。ビーコンも同じ範疇でしょうか。スマホはGPSが使えるので精度が高いですが、スマホそのものしか探せません。専用機は電波が遠くまで届いて探しやすい反面、バッテリーの消費が激しかったり、価格が高価になってしまったりと別のデメリットが出てきてしまいます。スマホをいつも持ち歩いている人が「落とし物や忘れ物を探す」という目的であれば、Bluetoothでつながるだけでも機能としては十分なのではないかなと思います。

そういえば、上記に少し関係して、通信速度は遅い代わりに広範囲に通信が可能な省電力広域無線通信技術「LPWA (Low Power Wide Area)」という技術があり、去年・今年と様々な場所で登山者向けの実証実験をされています。LPWAは基地局を設置しなくてはいけない・専用デバイスを持ち歩かなくてはいけないという2つのデメリットがあるのですが、規格によっては通信範囲が50kmや100kmというものまであります。これだけ遠くまで通信ができると、少ない基地局で携帯の電波が入らない場所も含めて広い山域をカバーできる可能性があります。
「遭難のための保険としてデバイスを1つ買っておく」というのは、実際に起きる確率を考えたときに心理的に広まるのは難しいでしょうし、さらにそれをビジネスとして行うのは市場規模などを考えても難しいと思います。ただ入山料的なものと組み合わせて使うとか、社会的な仕組みで広がる可能性はまだ残っているのかなとも思います。

Tileの話から少しそれてしまいましたが、このような落とし物のデバイスを活用する場面に出くわしたくはないなーと。Tileについては高価だったり大事なものに保険としてつけるのはアリかなと思います。特に財布を適当に扱ってしまう私のような人とか。あとは飼い猫の首輪とかにつける方もいるようですね。なるほどー。

by matoyan

Tile Mateは、ヤマレコの「おすすめの山アイテム」でもピックアップしています。
「おすすめの山アイテム」は山行記録や日記一覧の右下から見ることができます。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です