ジム通いのお供

2018年10月3日

こんにちはスタッフ2号です。
松本もいよいよ秋本番、夜には気温もグッと下がり過ごしやすい季節になりました。

実はスタッフ2号。
9月から会社の福利厚生を利用してスポーツクラブに通っています。
ちょうど「通いたいな」と思いリサーチしていたところ、社長の計らいでクラブ(Joyfit)と法人契約を結んでくれたのです。
感謝感謝!
月曜日から金曜日まで、朝5時半に自宅を出て仕事前に筋トレを約1時間とスピニングバイクを30分、なかなかいいトレーニングになります。
こうなると。
自分の状態を視覚化したくなる!物欲がムクムクと頭をもたげるわけで・・・。
買っちゃいました!

Fitbit Versa
機能的には「活動量計」+「スマートウオッチ」といった感じでしょうか。
パッと見ただけで心拍数や消費カロリー数・歩数が表示され、スマホのアプリと連動させれば様々なデータから身体の状態を知ることができます。
なお時計本体にGPSは搭載していないのですが、スマホのGPSとアプリが連動可能なので登山やサイクリングにも流用できる!
なかなかの優れ物です。
ちなみに。
自分の最高心拍はピークで181bpm。
そこから計算すると124bpmから140bpm前後が有酸素運動域で、ケイデンス(クランクの回転数)を90回転/分にすると効率よく脂肪が燃えてとトレーニングにもなる運動強度となっています。
これを目安にスピニングバイクに乗るとダイエットを兼ねたいい運動になるわけです。
また、操作はタッチパネルなので煩わしいボタン操作などは必要ありません。
そしてこれを選んだ理由のひとつがコレ。

音楽を聴くことができる!
約400曲ほど保存することができます。
自分はできるだけ多くの曲を入れたいので高音質のファイル形式である「Flac」からHelium Audio Converterというソフトを使用してmp3/320kbpsへ変換。
こうして出来上がった音楽ファイルをアプリ経由で時計本体に送っています。
実際に音楽を聴く時にはBluetooth接続が可能なワイヤレスのイヤホンを使っています。

防滴仕様で汗の心配もなし!
あとは興味深いデータが取れるのもひとつの特徴でしょうか。

自分の「睡眠」具合がわかるのです。
意識のないデータを視覚的に見ることができるって、何だかすごい違和感なんですが(笑
とりあえず、こんな感じで寝てるのかと認識。
まあ、データ的には悪くないみたいです。
その他、細かい機能として電話やメール・メッセージなどの着信を教えてくれるのも地味に便利な機能です。

僕は基本的に最新のデバイスなどには興味を向けない人だったのですが、やっぱりこうして触れてみると便利なことがわかる。
時代の流れに取り残されない?ようアンテナを張りつつ、積極的に新しい物を導入して楽しんでいきたいと思います。

では今回はこのへんで。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です