また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > Swan_songさんのHP > 日記

日記

レッドステージ Swan_song Premium

最近の日記リスト 全体に公開

2022年 11月 28日 19:58想い出

お花摘み

ある日、山道を歩いていると、複数名の中年の女性が大声でなにやら叫んでいました。 近づいていくと、 「この近くでお花摘みしています。こちら側をみないでください。急いで通り過ぎてください」と叫んでいました。 私は、何だかなぁ〜と思いました。 これではまるで、ここで仲間がお花摘みし
  76   6 
2022年 11月 15日 18:08日常

お父さんはいつもアッシーくん

「お父さん今度の週末、鴨シーに連れて行ってよ!」 我が家の5人の女性陣(かみ(神)さんと4人の娘)は揃って鴨シー好きだ。 一方、お父さんはシャチのショーなどというものにはてんで興味がないし、そもそもあんな混雑しているところは行きたくない。 できるなら、久しぶりにうるさい女性陣から解放され、一人
  79   4 
2022年 11月 02日 17:29雑感

個の時代

30年前、都会派の同僚に、「昨日早池峰に一人で登ってきた」とうっかり口を滑らせたところ、「一人で山を登るなんて・・・やっぱり君は変わっているね」と言われてしまいました。 それ以来、私は引け目を感じながら山に行くようになりました。 時はバブル時代。 みんなで派手に楽しむ時代。
  109   10 
2022年 10月 24日 21:04想い出

山小屋の管理人に怒鳴られた想い出

35年前の10月上旬、その日は予定よりも遅くある山の山麓に到着しました。 降りしきる雨の中、ビショビショになりながら宿泊予定の山小屋を目指しました。 山小屋に到着したのは16時ちょっと前。 そこには、神経質そうな顔をした管理人がいました。 小屋に入るなり、「こんな遅くに来やがって!」と、開口
  144   18 
2022年 10月 20日 20:32日常

動き出した娘たちの人生(続編)

先週、小さな喫茶店で、娘達の初の個展(油絵、水彩画、セル画)を開催しました。 https://www.yamareco.com/modules/diary/127062-detail-282079 お陰様で、絵画を3点売ることができました。 師事している絵画の先生は、「初めてでこれだけ
  87   2 
2022年 10月 12日 17:13日常

動き出した娘たちの人生

私たちには双子の娘がいます。 幼稚園入園当時から、家族以外の人とは全くしゃべれず、場面緘黙症と診断されました。 公立小学校に入学をしても状況は変わらず、やがていじめも発覚しました。 このまま本人達を学校に通わせても苦しいだけだろうと考え、小学3年の時、フリースクールに転校させました。
  169   4 
2022年 10月 09日 12:03想い出

山小屋で出会った不愉快な人

一夜をともにする登山者と談笑する時間は、ほとんどの場合楽しい時間を過ごすことができます。 しかし、たまにですけど不愉快な思いをする場合もあります。 35年前の20代の頃、私は日本百名山を目指し始め、全国各地の山を登るようになりました。 ある年の春、私は西日本のとある百名山に登り
  186   14 
ページの先頭へ