また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > show_imprezaさんのHP > 日記
2018年01月12日 12:20ひとりごと全体に公開

冬山テント泊に憧れて

先月・今月と2回、某登山用品店主催の冬山テント泊講習(座学)を受講しました。
講師は国内メーカーA社、F社の方。知識・経験ともに豊富な講師のお話は説得力があり、たいへん参考になりました。もう、ワクワクしちゃって(笑)いますぐ計画立てたい!って感じです。
ポイントは、雪/低温/強風という冬山の特性に、いかにして対処するか。
濡らさない、冷やさない、飛ばされないための、様々な「生活の知恵」を。知ることができました。
衣食住それぞれに注意点があって、「生活」という言葉を使うところが印象的でした。

2014年の晩秋にソロキャンプを始めてからテント泊数は100を超えているものの、雪中キャンプの経験は僅かしかなく、冬山テント泊の経験は皆無です。
[過去3年間のテント泊数(2015〜2017)]
キャンプ場...114泊(うち雪中4泊)
野営・車中泊...7泊
山のテント場...11泊

衣食住の装備をセルフチェックしてみると、シュラフ以外の大型投資はなさそうです。
・テント...外張り必須な状況を避ければDUNLOP VS20で対応可と判断
・シュラフ...講師の意見を踏まえてマイナス15度対応品の購入を決意
・マット...フルサイズのエアマット所持。ただし銀マットは要購入
・ペグ...アルミ製しか所持しないので、竹ペグの自作を検討(既製品は高価)
・ショベル...今後検討
・火器...ガス・ガソリンどちらも所持
・調理器具...大所帯用以外は所持
・衣類...所持品で間に合わせる
・ザック...ドイターACT Lite 65+10に収まるか...共同装備を分担するほかなし

あとは、テント場と時期の選定です。
安全を考えると、営業期間中の山小屋が管理するテント場を利用するのが無難かな、と。
・八ヶ岳周辺(多数あり)
・尾瀬ヶ原(山ノ鼻か見晴)
・上高地(小梨平か徳沢か横尾か、気合を入れて涸沢か)

いずれにしても、独りでは不安ですし装備も重く、寒い思いをしますので、同行者の募集が必要ですね。
訪問者数:393人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2008/6/16
投稿数: 1791
2018/1/12 14:31
 RE: 冬山テント泊に憧れて
show_imprezaさん、こんにちは。

雪山テン泊は、自然との一体感があって最高ですが、経験するしかありません。いざという時に撤退可能な低山や上高地などから始められるのがいいと思います。

さて、装備については、おおいに不足してます。ビーコンやプローブは要らない場所を選ぶのでしょうか? テントシューズ(羽毛)は、雪上テント生活ではほぼ必須に近い装備です。また、スノーソーはパーティに1本は必要です。でないと風除けブロックを作るのが大変です。どのような講習会だったのかは分かりませんが、一般にメーカーの人は経験が浅いです。メーカーが招いた登山家なら話は別ですが・・・
-
登録日: 2015/1/26
投稿数: 49
2018/1/12 15:59
 無題
kuma-sanさん、アドバイスありがとうございます。
今のところ、雪崩リスクのある場所には立ち入らないつもりでいますし、何かあったら近くにある山小屋に駆け込めるようなテント場から始めて、テント生活に慣れるところから始めようと思っています。
受講者は冬山テント泊の経験が皆無の方ばかりですので、いきなり雪崩リスクのある場所や、壁を作る必要がある場所や時期に初心者だけで行くことはないだろう、と講師は想定しているんだと思います。1人の講師は、『最初は必ず経験者と行きなさいよ』と力説しておられましたし。

いずれにしましても、冬山には色々なリスクがあると思っています。テント泊以外の冬山講習も4回受けました。優しいコースから始めて、徐々に範囲を広げていきたいと思っています。

追伸 テントシューズは迷い中です。
登録日: 2008/6/16
投稿数: 1791
2018/1/13 10:30
 Re: 無題
熱心に講習会を受講されているようですね。
机上講習だけでなく、実地(体験)講習というのもお勧めします。
上高地でも雪崩に遭うこともあるし、低山でも暴風雪でテントを倒されることがあるのが、雪山です。

雪山テント生活のごく一部分ですが・・・
雪山登山では通常、登山靴(冬靴ですが)をテント内で脱いだり履いたりします。そのためテントに入るときに雪を落とすための小さいブラシを用意しています。脱いだ登山靴はビニール袋に入れ、翌朝に履くまで寝袋と寝袋の間に置きます。そしてテントシューズを履きます。これは、靴下だけでは寒いのと、テント内で靴下が濡れないための対策でもあります。テントの外へ出るときもテントシューズのまま、キジ打ち(大、小)などに行けるので、とても便利なのです。

雪山テント泊で、テントシューズが必須アイテムに近いことを理解してもらえたでしょうか? 雪山の仲間内で評価の高いテントシューズを紹介しておきます。少々コストもかかりますが、いろいろな経験からの推奨です。検討されてはと思います? なお、ゴアテックス製のシュラフカバーも必須に近いです。ゴア以外は話になりません。

イスカのテントシューズロングL(200g)
http://www.isuka.co.jp/products/lineup/product.php?seq=10

ゴアテックスシュラフカバー ウルトラライト(380g)
http://www.isuka.co.jp/products/lineup/product.php?seq=98
-
登録日: 2015/1/26
投稿数: 49
2018/1/13 16:41
 Re[2]: 無題
kuma-sanさん、テントシューズの必要性よく分かりました。一時買おうかと思い店で見たら一万円近くもするのにビックリして以来保留にしています。
実地で雪山テント泊が決定したら覚悟を決めます(笑)


ページの先頭へ