また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > teikiさんのHP > 日記
2020年05月30日 16:31あいさつ・その他全体に公開

膝痛

登山していて2年くらい前に膝が痛いというか、違和感が出る時があった。

ん〜もうおっさんだし、年上の人生の先輩方も膝痛に悩んでいる人もいるようだし、と思い、登山する時や、会社に行く時に膝サポーターをするようにした。

とは言っても登山する時は3回に2回、会社に行く時は週に1〜2回
そして、靴全てにインソールを入れた
そしてトレッキングポールも使用することにした

どれくらいの効果が見込まれるのかは分からなかったけど、1%でも効果があれば良いという考えだった。
解説すると、通常100歩歩き、100歩分の足の負担が99歩分になれば良いという考え)←説明下手

この時は、膝痛や違和感がなくても、今後の為に膝を大事にしようと言う考えだけで、深くは考えていなかった。

それに3歳年上の山仲間も膝は痛くないけど、年を取った時の為にサポーターとトレッキングポールも使用をしてると言っていたし。


そして、今月19日に今までとは違う安全靴を履くようになった。
会社支給の物でエアークッションがある今まで履いていた安全靴よりも高性能と思われる靴

21日に足が疲れ、そして膝も少し痛い(違和感ではなく痛い)
まあ、安全靴になれていないからだろう、としか考えていなかった。

23〜24日の休みで足はかなり回復

だが、26日(水)に両膝が違和感などではなく、完全なる膝痛
しゃがむと痛い、っていうかしゃがめない

痛みは靭帯を痛めたことがある人なら分かると思いますが、あの痛みの感じです

原因は安全靴としか考えられない。

27日(木)に階段の下りですら びっこ する状態になった。
この日の夜の時点では正座は出来た。

翌28日の朝、正座が出来ない状態。

たまらず、以前使っていた安全靴に変更

そして電車の中で膝痛に強い整骨院を探し、予約

以前の安全靴は会社支給の物ではないから、足に怪我をしても労災は降りないと告げられるも、既に労災レベルの両膝痛なので、それでも構わないので、自費の安全靴を使用

午後、膝の痛みが和らいだことを実感
とは言っても充分激痛レベルで階段が苦痛

本日30日、朝起きたら、右足だけ断然良くなっている!
でも、痛くて階段も厳しいよ

正午に予約した整骨院に行くと
先生 「安全靴だけで水が溜まるほど悪くならないはずですよ?捻ったのではないですか?

わし 「捻ってもぶつけてもおらず、安全靴以外に理由が見当たりません」

そして、歩き方指導では左足が若干外から回すような歩き方をしているので、親指の付け根で地面を蹴るように歩くように言われる。

インソールも外側が膨らんでいるものを選べば、歩き方は勝手の強制されるとのこと

っていうか、外側が高いインソールって市販では売ってないだろ?
特注は・・・諭吉大先生が不在の我が家計にとっては無理でしょ!

簡単なマッサージと電気を当てられ、ウォーターベッドで空気による全身マッサージをしてもらう

ウォーターベッドはマッサージ効果が明らかなにないだろ!って代物でした。

整骨院を出て、買い物などをし帰宅したけど、いま現在では治療の効果はナシ

靴の大事さを実感したよ
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:28人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ