ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 761994 全員に公開 アルパインクライミング甲信越

飯士山 負欠岩

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー ponpokotaro(記録), その他メンバー1人
天候曇り

写真

取り付き、ガスで上部は見えない。
2015年01月01日 11:05撮影 by DSC880D, Kenk
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き、ガスで上部は見えない。
中段
2015年01月01日 12:21撮影 by DSC880DW, Kenko
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段
上部、負欠岩を望む。
2015年01月01日 13:00撮影 by DSC880DW, Kenko
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部、負欠岩を望む。
1
負欠岩
2015年01月01日 13:40撮影 by DSC880D, Kenk
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
負欠岩
2
撮影機材:

感想/記録

五十嵐登山口の車止めゲートにて駐車。登山口まで舗装道路を40分ほど歩く。登山口から10分ほどで負欠岩コースと尾根コースの分岐点を尾根コースに進む。炭焼き跡を通り過ぎアプローチ目印のバンダナとピンクのテープが3〜4本かけてあるところから沢沿い左に入るとほどなくスラブが見える。取り付きのスラブは水が流れておりヤバい感じで、右の乾いているところを登ってみるが上部の水流は避けられず、同時に取り付いたパーテイが中央を登りザイルフィックス、「使いますか」と声をかけて頂きプルージックでビレイをとり登らせてもらう。延々とスラブが続きビレーは灌木からとる。全体に傾斜は緩く、ルートは自由にとれるが所々濡れているところが悪い。スラブの所々に指の第二関節がはいる位の窪みがありホールドを提供している。負欠岩のピラーはボルトがベタに打ってあり登りたかったがパートナーが気乗りしないため登らず。飯士山は未登のため山頂往復し、尾根コースを下山した。
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

アプローチ ガス ザイル ビレイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ