ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 764849 全員に公開 雪山ハイキング芦別・夕張

富良野西岳(沢コース→スキー場コース)

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー yuseian
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
富良野線,西御料駅から乗車(6:53)※旭川駅発車は6:44
→富良野駅着(8:03)

ふらのバス御料線,富良野駅前発(8:10)
→5線着(8:24)
ふらのバス時刻表:http://www.furanobus.jp/rosen/index.html

5線から徒歩30分ほどで沢コース登山口だがわかりにくい。(後述)
新富良野プリンスホテル裏から登山口に向かう道があり駐車場の関係もあってこちらの方がよく使われている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
10分
合計
6時間0分
Sスタート地点09:5013:20富良野西岳13:3014:20北の峰15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの記録でないのでコースはかなりおおざっぱです。
コース状況/
危険箇所等
沢コースの岩が結氷も相まってヌメっていた。
沢を外れて頂上に向かう道は完全に積雪していた。ピンクテープがまばらなので見落とさないよう。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

ロープウェー山麓駅前
2015年11月07日 09:51撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェー山麓駅前
看板に従ってホテル裏に回り込む
2015年11月07日 09:52撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板に従ってホテル裏に回り込む
登山口まで歩く
2015年11月07日 09:56撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで歩く
登山口手前の広場にある概念図。ホテル裏手からの道は描かれていない。神社前からの道はしっかり描かれている。
スキー場管理の方の軽トラが通りかかった
2015年11月07日 10:04撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口手前の広場にある概念図。ホテル裏手からの道は描かれていない。神社前からの道はしっかり描かれている。
スキー場管理の方の軽トラが通りかかった
登山口。
2015年11月07日 10:15撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。
ダムを乗り越える。
2015年11月07日 10:16撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムを乗り越える。
沢コース。苔と結氷で相当ヌメる。
2015年11月07日 10:25撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢コース。苔と結氷で相当ヌメる。
何回も沢をジグザグに横切る。岩に乗ると滑ってかえって危ないので諦めてどっぷり水に浸からせて渡ることが多かった。
2015年11月07日 10:40撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回も沢をジグザグに横切る。岩に乗ると滑ってかえって危ないので諦めてどっぷり水に浸からせて渡ることが多かった。
沢を離れて尾根まで登る。ここから基本雪道。
2015年11月07日 11:35撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を離れて尾根まで登る。ここから基本雪道。
北の峰方面
2015年11月07日 11:38撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の峰方面
山頂まで2時間15分との表示。後で見てみたらこの場所から1時間40分で山頂に着いていた。
2015年11月07日 11:42撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで2時間15分との表示。後で見てみたらこの場所から1時間40分で山頂に着いていた。
尾根に取り付く。狭い夏道の登山道が雪に埋まって見えないのでしばしば道を外れてヤブに苦しむことになる。
2015年11月07日 12:33撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取り付く。狭い夏道の登山道が雪に埋まって見えないのでしばしば道を外れてヤブに苦しむことになる。
芦別岳方面を望む。
2015年11月07日 13:23撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦別岳方面を望む。
1
富良野盆地
2015年11月07日 13:24撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野盆地
スキー場までの道の雪は沢コースに比して浅い。
2015年11月07日 13:43撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場までの道の雪は沢コースに比して浅い。
リフト。ここの坂から降りる。
2015年11月07日 14:22撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト。ここの坂から降りる。
特にこれといって明瞭な道があるわけではないがホテル方面までゲレンデを下れば迷うこともない。
2015年11月07日 14:27撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特にこれといって明瞭な道があるわけではないがホテル方面までゲレンデを下れば迷うこともない。
富良野市街でたべたカレー。オムカレーを頼んだのに…
2015年11月07日 16:59撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野市街でたべたカレー。オムカレーを頼んだのに…
最後に行きの時に辿り着き損ねた登山口までの道を解説する。
「5線」バス停すぐの交差点を曲がって直進
2015年11月07日 08:30撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に行きの時に辿り着き損ねた登山口までの道を解説する。
「5線」バス停すぐの交差点を曲がって直進
北眞神社にお参り
2015年11月07日 08:33撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北眞神社にお参り
北一番橋が見える。地形図の道は左岸の方にあるので橋を渡らずに直進
2015年11月07日 15:31撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北一番橋が見える。地形図の道は左岸の方にあるので橋を渡らずに直進
四線川2号砂防堰堤
2015年11月07日 09:19撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四線川2号砂防堰堤
ゲートの脇をすり抜ける。
2015年11月07日 15:27撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートの脇をすり抜ける。
暫く進むと右に分岐があって,実はこれが登山口への道だったのだが,案内も無いし草ぼうぼうでこれが道だとわからなかった。
2015年11月07日 15:24撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く進むと右に分岐があって,実はこれが登山口への道だったのだが,案内も無いし草ぼうぼうでこれが道だとわからなかった。
通る分には問題ないが笹が結構はり出している。
2015年11月07日 15:19撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通る分には問題ないが笹が結構はり出している。
ゲート。掛かっているチェーンを外して真ん中をすり抜ける。
2015年11月07日 15:16撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート。掛かっているチェーンを外して真ん中をすり抜ける。
そうすると概念図の看板のある広場に辿り着く。
2015年11月07日 15:11撮影 by EX-ZS20, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうすると概念図の看板のある広場に辿り着く。
撮影機材:

感想/記録

・鉄道(富良野線)
06:53 西御料駅

08:53 富良野駅

・バス(ふらのバス御料線)
08:10 富良野駅前

08:24 5線着


09:50 ロープウェー山麓駅前
10:15 沢コース登山口
11:30 沢づたいの道を折れて尾根への道に入る。
13:20 富良野西岳山頂
14:20 北の峰周辺
15:30 スキー場コース→北眞神社前→5線停留所と下山

車がないと北海道で山登りするにはかなり難しいものがありますが,今回は公共交通機関を使って日帰りで個人山行をやってみました。使用したのは鉄道(富良野線)とふらのバス(御料線)です。

バスの「5線」停留所で下車して北の峯ハイツ前を経て林道を進み,分岐を右の作業道に入れば登山口に至るというように『北海道 夏山ガイドァ戮砲禄颪い討△辰董ぜ尊櫃修猟未蠅世辰燭鵑任垢行きのときはついぞ作業道(草ぼうぼう)を登山口に至る道だと認識できず,結局新富良野プリンスホテルまで回り込んでホテルの裏手から登山口まで行くことにしました。これで早速計画より1時間遅れ。リサーチ不足。

ホテルの裏手を通って「西岳概念図」とある看板を見てとりあえずほっとした。同時に計画段階で入山に使おうとしていたとおぼしき作業道も発見し,余裕があれば帰路で使おうと思った。看板の前でウィンドブレーカーを脱いでいたらスキー場の作業関係者(多分)の軽トラが通りがかって「熊いますんで鈴持って入山してくださいー」と声を掛けられる。休日の朝からお仕事お疲れさまです。

シーズンでもないので入山ポストはブルーシートでくるまれていた。ダムの堰堤を超えて沢コースに入るとぬかるみがひどくてウッカリしていると靴がずぶずぶ入り込む。
沢は沢で苔でヌメっているのもそうだし,その日は最高気温が旭川で3℃という日だったので水しぶきが岩の上で凍結していて滑る滑る。沢から顔を出している岩の上をつたって足を滑らせてドボンするよりは,はなから諦めてじゃぶじゃぶ靴を沈めて渡った方が安全なところがいくつもあった。
尾根へ取り付く道に入ってやっと沢から解放された。ここから基本雪道になったが,沢と違って時折ピンクテープが途切れるのでトレースを参考にして登る。ずっと沢地形の日陰になっているところを登ってきたので,尾根に至って日の光が見えて晴れ晴れとした気分になった。尾根に従って道がついているはずなのだが,その道が狭くて雪に埋もれてしまっていたので何度も道を外れて雪上のヤブを漕ぐ羽目になる。
頂上に至ってやれやれと荷物をおろした。雪山の上に一人佇んでいて気持ちがいい。ただ冷えるし,行程が1時間遅れていたので濡れた靴下を絞って行動食を摂ってすぐに出発した。
スキー場コースはホテルが遠くに見えているし特に迷うこともなく下りられた。
本来使おうとしていた作業道は使う人が少ないせいか若干荒れ気味で倒木はあるし枯草でぼうぼうだった。朝に見たときの印象とは違って,歩いてみると特に問題のない道だったことがわかったが車を持っている人は普通にホテルの駐車場を利用して登山口まで行くだろうなあとも思った。
下りでタイムを1時間ほど取り返せたので帰りのふらのバス御料線最終便にも間に合った。
市街でカレーを食べ,ふらのマルシェでお土産を買い鉄路で旭川に帰還。「御料の湯」という銭湯で一日の垢を落とした。

公共交通機関を使って山に登ったのは立山黒部アルペンルートを使った立山・劔岳以来だった。北海道はなかなか本州のようにはいかないが何はともあれよかったよかった。
訪問者数:358人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 左岸 倒木 行動食 堰堤 山行 リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ