ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 797927 全員に公開 ハイキング中国山地西部

水分峡 呉娑々宇山〜岩屋観音

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー hobbit, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水分峡Ⓟに駐車 管理棟、トイレあります
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
51分
合計
4時間55分
Sスタート地点10:1011:38バクチ岩11:59呉娑々宇山12:3513:02ハンド岩14:02高尾山14:15岩谷観音展望岩14:3015:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標識などよく整備され至れり尽くせり
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

水分峡入口
堰堤工事中
2016年01月16日 10:11撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水分峡入口
堰堤工事中
2
冬らしい
冷え込みと青空です
2016年01月16日 10:54撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬らしい
冷え込みと青空です
2
バクチ岩
2016年01月16日 11:38撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バクチ岩
9
素晴らしい眺望です
2016年01月16日 11:40撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺望です
3
アンテナ棟の裏が
2016年01月16日 11:57撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンテナ棟の裏が
呉娑々宇山
山頂
2016年01月16日 11:59撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呉娑々宇山
山頂
6
ここのところの定番です
お汁粉、カップ麺、🍙
2016年01月16日 12:16撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのところの定番です
お汁粉、カップ麺、🍙
6
帰路
ハンド岩を思い出して
2016年01月16日 12:58撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路
ハンド岩を思い出して
ハンド岩見物
2016年01月16日 13:02撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンド岩見物
2
怪力でも
2016年01月16日 13:03撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怪力でも
10
びくともしません
2016年01月16日 13:03撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びくともしません
12
分岐に登り返し
岩屋観音へ
2016年01月16日 13:16撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に登り返し
岩屋観音へ
1
ここの登山道
何度も林道を横切ります
2016年01月16日 13:32撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの登山道
何度も林道を横切ります
尾根道は眺望良
あっ何か飛んでいます
2016年01月16日 13:43撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は眺望良
あっ何か飛んでいます
1
飛行船です
2016年01月16日 13:51撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行船です
8
高尾山
三角点
2016年01月16日 14:05撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山
三角点
2
このあたりから岩下り
お助けロープあります
2016年01月16日 14:07撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから岩下り
お助けロープあります
岩屋観音到着
2016年01月16日 14:15撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋観音到着
2
観音様
海の方を見ておられます
2016年01月16日 14:15撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音様
海の方を見ておられます
4
高所恐怖症でも
大丈夫です
2016年01月16日 14:16撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高所恐怖症でも
大丈夫です
17
来た道を
振り返って
2016年01月16日 14:18撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を
振り返って
2
倒れそうな岩
2016年01月16日 14:29撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒れそうな岩
1
何故か目覚まし時計が
あります
2016年01月16日 14:30撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か目覚まし時計が
あります
岩屋を振り返って
2016年01月16日 14:34撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋を振り返って
2
公園到着
2016年01月16日 15:05撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園到着
2
撮影機材:

感想/記録
by hobbit

今朝は冷えて外わんこの水が凍っていました。−1℃。
雪ではなく霜で野原が白くなっていました。

山間部から海が見える市街地にある登山口に着くと
6℃もあったのでダウンベストを脱ぎました。

呉娑々宇山での道で
コゲラ、シジュウカラ、メジロを見れました。
途中4回くらい林道を横切って山道を歩きます。

呉娑々宇山〜岩屋観音
終始眺望のよい尾根道です。
トレイルランやMBXの方にもお会いしました。
カッコいいですね。
なだらかで明るい尾根道と時々岩場を楽しみました。
なんといっても雲一つない晴天
爽快ハイキングとなりました。







訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/25
投稿数: 888
2016/1/17 8:18
 怪力でも無理でしたか
手で押しても足で押しても駄目でしたか。
近くの立木を切ってテコにしてやったら動くかもね。
後は、岩の前をチョット穿てばバランスが崩れて落ちるかも。一大事業になるでしょうけど。

それにしても、大岩が多いですね。
押せば簡単に動かせそうだけど動かない。自然界の妙ですね。

いよいよ本格的な冬になりました。いいんだか悪いんだか、悩みます。
登録日: 2013/11/21
投稿数: 1230
2016/1/17 11:10
 Re: 怪力でも無理でしたか
妙高さん おはようございます

実は非力ですがああいう岩はつい押したくなります。
昔々の地殻変動で上から転がってきたのですかね。
高所恐怖症ですが自分の怖さの詳細がつかめてきました。
手と足が岩でも枝でも何かにくっついていれば
高くても震えないのですが
平均台的なバランスの状況だと精神的に無理です(-.-)

妙高さんの烏帽子山ナイフエッジ記録・・
怖い、怖い
行かれないところに行く予定はありませんが(;'∀')
あれだと多分四つん這いで這うしかないです。
登録日: 2015/3/25
投稿数: 888
2016/1/17 14:00
 いい方法あります
新潟と福島の県境にある御神楽岳は、東北百名山に選ばれているのですが、案内書には「新潟県側からの登山道もあるが危険なため止めたほうがよい」という趣旨の解説が載っています。そのコース中に馬の背があり、通称は”またこすり”です。長さは3m位だったと思いますが、一人は普通に立ってヤジロベイ方式、二人目は、馬の鞍に乗るようにまたがって尺取虫で、三人目は、私ですが、頂稜より1m位下に足がかりが有ったので、頂稜に手をかけて横歩きで渡りました。20年位前のことですが、誰かが言い出したわけでもないのに、三人三様で渡ったというので記憶に残っています。

”窮すれば通ず”で冷静になって考えてみると、いいアイデアが浮かぶものです。ナイフエッジ(危険個所)に遭遇しても、諦めないで可能性を追求してみると良いですね。

それでも危ないと思ったら勇猛果敢に猪突猛進あるのみ。って、ウソ、ウソ、いさぎよく撤退です。
登録日: 2013/11/21
投稿数: 1230
2016/1/17 19:27
 Re: いい方法あります
尺取虫あり、とのこと、嬉しいです。
実は伯耆大山系の烏ヶ山での崩落個所で
たった2歩3歩なのですが
(父さんは普通に歩きました、多分他の方も・・・)
私は立って歩けなくて跳び箱のように跨いで尺取虫。
帰路はちょっと工夫しようと考え
崖に2mほど下がり足掛かりをとらえて横歩きしました。
その方が絶対危ないよ、と父さんに言われました
可笑しいくらい慎重ですが
これからも安全第一をモットーに
自分で確信を持てる方法を探ってまいります!
登録日: 2015/3/25
投稿数: 888
2016/1/17 20:26
 三点支持
その時のhobbitさんの体の正面が崖の方を向いていれば、hobbitさんの横歩きが一番安全です。
両手と両足がついていますので、中に浮くのは一つの手、または一つの足ですから一番安全な三点支持になっているんです。普通の歩きは一点支持ですから、単純に言うと、1:3でhobbitさんの方が3倍安全だと思います。自信もって歩いていいんじゃないですか。理にかなっています。
登録日: 2013/11/21
投稿数: 1230
2016/1/18 13:55
 Re: 三点支持
ありがとうございます!
いつも人が並ぶような山ではないので
石橋を叩いて渡る作戦で

父さんに、どうよ、と言っておきます

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 三角点 堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ