ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799271 全員に公開 雪山ハイキング北陸

医王山 途中撤退 小原尾根

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー hokekyo
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
見上峠駐車場満杯 路上駐車十数台でした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
35分
合計
5時間5分
Sスタート地点 見上峠11:0011:15菱池谷橋11:45林道水場11:5512:25鉄塔12:3013:15・725コブ13:55標高775m地14:0515:00鉄塔15:1015:45菱池谷橋16:05ゴール地点 見上峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
415m水場の林道、つぼ足で膝くらい
700m鞍部から上、カンジキで膝下くらいの積雪でした。
 夏道は笹がほぼ埋まり、小木が倒れ込んでいます、まだ積もればもう少し太めのものが道を塞ぐと思います。

エネルギ−定数 16.9
消費cal 1180kcal
難易度 c
その他周辺情報浅野川温泉:湯楽
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 出発時間が遅すぎです。反省しなさい。

写真

ひしいけ橋
2016年01月17日 11:14撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひしいけ橋
橋を渡って左にトレ-ス
跡を追う
2016年01月17日 11:15撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡って左にトレ-ス
跡を追う
この水場までショ-トカット
この区間に夏道は有るのか知らない
2016年01月17日 11:39撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この水場までショ-トカット
この区間に夏道は有るのか知らない
鉄塔
巡視路より来た
2016年01月17日 12:27撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔
巡視路より来た
1
西側
今日はもう晴れないようだ
2016年01月17日 12:27撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側
今日はもう晴れないようだ
凹んだ登山道に灌木が倒れ込む
今立っているのも今度の降雪で寝て来るのだろう
2016年01月17日 12:56撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凹んだ登山道に灌木が倒れ込む
今立っているのも今度の降雪で寝て来るのだろう
・725付近より
2016年01月17日 13:13撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・725付近より
奥医王山方向
上は降っている
2016年01月17日 13:17撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥医王山方向
上は降っている
1
700m鞍部で、御二方の先行者が帰られ、以降ぺ-スは半減する。
2016年01月17日 13:58撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
700m鞍部で、御二方の先行者が帰られ、以降ぺ-スは半減する。
私はこの辺で撤退する
2016年01月17日 13:58撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私はこの辺で撤退する
1
鞍部より白兀山方面
2016年01月17日 14:22撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部より白兀山方面
1
奥医王山
2016年01月17日 14:22撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥医王山
1
撮影機材:

感想/記録

 朝晴れていたので医王山に出かけた。なまった体を少し起こして於かなければならない。
 ひしいけ谷橋を渡ると左の林道にトレ-スが有り、後を追うことにした。私が残雪期に降りて来た事が有る近道ラインを上がり、林道を渡り直上されている様だった。
林道からトレ-スを離れ夏道のある巡視路を行った。この道は窪んでいないので周りからブッシュの倒れ込みが少ない。
 上で登山道と合流すると先の人と、登山道からの人との2名のトレ-スが有った。
所々藪が道を塞ぐので迂回のコ-ス取りもなされていた。
・725のコブでコ-スの先を見ていると、二方が戻って来られ「鞍部まで行ったが撤退する事にしました」と云っておいでた。

 二人が帰られた先は膝ほどのラッセルでペースが半減以下となり、14時にてUタ−ンする事にしました。奥医王まで行けば向かい側の林道にはトレ−スが有り、今日の北風も防げると思っていたのだが、とても届かなかった。
 また今シ−ズン初めのカンジキ歩行は下り下部にて大腿内側の筋肉痙攣手前まで追い込まれていた。

 冬山はへとへとに為るまで体力を使ってはいけないと云う事だが、今日は撤退して良かった。
訪問者数:175人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 水場 つぼ足 撤退 近道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ