ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836465 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

木和田尾 (強風下の花めぐり)

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー whitewater
天候曇り時々小雨。風強し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
藤原簡易P:R306(R365)沿いの駐車場。約40台。無料。トイレ有り。

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
54分
合計
4時間22分
S藤原簡易P08:2510:15フクジュソウのコバ10:3510:57坂本谷分岐10:5911:20セツブンソウのコバ11:5212:47藤原簡易PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

【藤原の春】
お藤の鼻筋の白粉が消えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【藤原の春】
お藤の鼻筋の白粉が消えた。
【今日は花狙い】
足元だけを見ながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【今日は花狙い】
足元だけを見ながら。
【みぃつけた】
いつもの所にセリバオウレン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【みぃつけた】
いつもの所にセリバオウレン。
1
【動かないで】
風にブルブル震えてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【動かないで】
風にブルブル震えてる。
1
【宝石の微笑み】
ニッコリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【宝石の微笑み】
ニッコリ。
2
【陽が当たらない】
凍えているのはミスミソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【陽が当たらない】
凍えているのはミスミソウ。
【やっと会えたね】
遅くなってごめんね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【やっと会えたね】
遅くなってごめんね。
2
【拗ねてる?】
そんなに首を伸ばしちゃって。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【拗ねてる?】
そんなに首を伸ばしちゃって。
1
【ぱぁっと行こう】
陽気なフクちゃん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ぱぁっと行こう】
陽気なフクちゃん。
1
【体を寄せ合って】
寒いからね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【体を寄せ合って】
寒いからね。
2
【天気になあれ】
お日さま、顔出して!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【天気になあれ】
お日さま、顔出して!
1
【予報と違うよ】
ちょっと怒った口もかわいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【予報と違うよ】
ちょっと怒った口もかわいい。
1
【匍匐前進】
まだ咲いていたセツブンソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【匍匐前進】
まだ咲いていたセツブンソウ。
1
【こっち向いて】
涙を拭いてね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【こっち向いて】
涙を拭いてね。
2
【グ〜ンと背伸び】
こんなに元気だよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【グ〜ンと背伸び】
こんなに元気だよ。
1
【まだまだ現役】
若いのに負ける訳にはいかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【まだまだ現役】
若いのに負ける訳にはいかない。
2
【今から咲くよ】
セッちゃん、ガンバ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【今から咲くよ】
セッちゃん、ガンバ。
2
【セツブンソウ】
みんなよく頑張ってるね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【セツブンソウ】
みんなよく頑張ってるね。
1
【こっちも撮って】
帰りに呼び止められた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【こっちも撮って】
帰りに呼び止められた。
1
【ミヤマカタバミ】
花は純白、葉はスリーハート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ミヤマカタバミ】
花は純白、葉はスリーハート。
1

感想/記録

朝は晴れていたが、登り始める頃、急に曇って来た。
天気予報は悪くなかった。
そのうち晴れるだろうと登り始めた。

木和田尾は春の花が気になり、毎年行っている。
今年も同じ時期に予定はしていたのだが、行くのが遅くなってしまった。
雪はすっかり消えてしまって花も終盤のようだった。
花たちは、まだ待っててくれるだろうか。
不安と期待半々で登った。

稜線はガスっていた。
すっかり曇ってしまって、頼みの陽も望み薄になった。
そのうち雨までぱらつく始末。
稜線まで上がるつもりだったが、途中までとした。

一応、花たちには出会うことができた。
まだ何とか咲いていてくれた。
最良の状態ではなかったが、今年も見られただけで嬉しかった。
 
訪問者数:77人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

ガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ