ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841445 全員に公開 沢登り丹沢

丹沢・世附川沖ビリ沢〜樅ノ木沢

日程 2016年04月06日(水) [日帰り]
メンバー midori28, その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
「道の駅どうし」に前泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

山伏トンネル7:50 ー水ノ木分岐8:20〜40 ー沖ビリ沢9:10ー林道10:15ー樅ノ木沢橋(樅ノ木沢入渓)10:35ー西沢出合11:00ー両門の滝13:00ー稜線14:05〜15ー油沢ノ頭14:23ー水ノ木分岐15:40ー山伏トンネル16:05
その他周辺情報山中湖温泉 石割の湯 800円
水曜はレディースデーにつき600円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

前泊した「道の駅どうし」を出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊した「道の駅どうし」を出発。
1
山伏トンネルを抜けたところに駐車し、廃屋の先のピンクテープから入山する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏トンネルを抜けたところに駐車し、廃屋の先のピンクテープから入山する。
1
水ノ木分岐から圧巻の富士山が見えた。ここから西丸に向かって南下し…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ノ木分岐から圧巻の富士山が見えた。ここから西丸に向かって南下し…。
3
沢へ下りやすい斜面を探しながら進むとピンクテープがあり、そこから沖ビリ沢へ下りた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へ下りやすい斜面を探しながら進むとピンクテープがあり、そこから沖ビリ沢へ下りた。
1
沖ビリ沢は明るく開けたナメ沢だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沖ビリ沢は明るく開けたナメ沢だった。
2
左岸のトラロープを掴んで下りた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸のトラロープを掴んで下りた。
1
地図で現在地を確認しながら下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図で現在地を確認しながら下る。
2
ここはどこから下りたんだっけ(‥?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはどこから下りたんだっけ(‥?
1
沖ビリ沢は登っても楽しいだろうな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沖ビリ沢は登っても楽しいだろうな〜。
2
林道に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出た。
樅ノ木沢橋から再び沢へ下りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅ノ木沢橋から再び沢へ下りる。
樅ノ木沢も開けたナメ沢だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅ノ木沢も開けたナメ沢だった。
2
すぐにいい感じの滝が登場するも、その後はゴーロ歩きが続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにいい感じの滝が登場するも、その後はゴーロ歩きが続く。
3
両門の滝…ではなく、両門の堰堤。左は西沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両門の滝…ではなく、両門の堰堤。左は西沢。
1
830m付近で左岸にナメ滝が現れ心が動いたが、我慢してゴーロを進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
830m付近で左岸にナメ滝が現れ心が動いたが、我慢してゴーロを進む。
やっと滝が現れた。この時期水に浸かりたくはないが、巻きが悪いそうで、取りつくことに…。冷たーい@@
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと滝が現れた。この時期水に浸かりたくはないが、巻きが悪いそうで、取りつくことに…。冷たーい@@
4
次の滝は登れそうもないので、左岸を高巻き、懸垂で降りた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の滝は登れそうもないので、左岸を高巻き、懸垂で降りた。
3
この滝は簡単に登れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は簡単に登れた。
1
960m付近の樅ノ木沢版両門の滝を左に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
960m付近の樅ノ木沢版両門の滝を左に進む。
2
ナメが続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが続く。
1
さて、どちらに進みましょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、どちらに進みましょうか?
ミツマタが咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタが咲いていた。
2
なかなか水が枯れない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか水が枯れない。
1
最後は笹を掴んでよじ登り、甲相国境尾根に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は笹を掴んでよじ登り、甲相国境尾根に出た。
1
油沢ノ頭。国境尾根は整備されて歩きやすいが、小さなアップダウンが多く、ヘロヘロになって山伏トンネルに戻った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油沢ノ頭。国境尾根は整備されて歩きやすいが、小さなアップダウンが多く、ヘロヘロになって山伏トンネルに戻った。
1
山中湖温泉・石割の湯で冷えた体を温め、帰途についた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖温泉・石割の湯で冷えた体を温め、帰途についた。
3

感想/記録

今期初の沢登りは、沖ビリ沢を下降し樅ノ木沢を登り、甲相国境尾根を歩いて山伏トンネルに戻るというロングコース。
当初この沢を歩いたことがない女三人での遡行を計画していたが、急きょ経験豊富な助っ人二人が加わることになった。
沖ビリ沢は明るく開けたナメ沢で、滑らないよう注意して下り、林道を少し歩いて樅ノ木沢橋から樅ノ木沢に降りた。
樅ノ木沢に入渓してすぐに階段状の立派な滝が現れたが、その後は単調なゴーロ歩きが続き、うんざりしてきたころやっとゴルジュの中に釜を持つ4mほどの滝が現れた。当然巻くと思っていたが、助っ人のアドバイスで登ることに・・・。この時期腰まで水につかるとかなり冷たい。
次の滝は上部が難しいそうで、左岸を巻き、30mザイルを2本繋いで懸垂で降りた。この巻きが今回の核心だった。
その後は登れるナメ滝が続き、最後まで水が涸れることなく、少しのツメで稜線に上がれたが、このツメで体力を消耗し、その後の小さなアップダウンの連続にヘロヘロになって山伏トンネルに戻った。
久しぶりの沢登りは体力的にきつかったが、「やっぱり沢は楽しい!」と感じた一日であった。
今年も怪我なく沢登りを楽しめたらいいなあ〜。
訪問者数:622人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ