ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844491 全員に公開 ハイキング東海

大無間山

日程 2016年04月09日(土) 〜 2016年04月10日(日)
メンバー jiqokayama
天候
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
14時間30分
休憩
0分
合計
14時間30分
S田代登山口01:0015:30小無間小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
バス停から村の中を歩いて諏訪神社の参道手前に水場があります。
小無間小屋まで3時間30分の行程は、1000mの登りですが道がしっかりしているので楽々登れます。一か所、登り始めの杉林が分かり難いです。火の用心の杭を過ぎたら左に折れます。道を倒木が覆っています。帰りは、右に折れます。
途中、一人下って来ました。早朝入ったということですが、崩落地が無理と判断して引き返してきたとの事。高所恐怖症で、ロープが高い位置で諦めたとのこと行けるか、ちょっと心配です。
避難小屋は、扉に穴が開いています。他は寝心地いいです。3時過ぎに着いたので、先に進むか悩んだのですが、風が強かったので早々に床に着きました。
コース状況/
危険箇所等
ポストに紙がありません。
その他周辺情報車なら白樺荘、バスなら夏はキャンプ場の田代温泉。バス停近くに民宿あり。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

感想/記録

日曜日は、強風が吹いていました。結局、スタートは、5時半になり山頂を目指します。始めから痩せ尾根でピークを登って下って、歩いても歩いても、崩落地にたどり着けません。アップダウンは辛いです。2時間ほどで白い崖が眼下に見えました。崩落地です。写真でリサーチしていた感じよりかなり短いです。ただ、20mぐらいでしょうか。だだ、崩落地の先の登りの北側が崩落しています。100名山の地図では、崩落地は北、南側の二か所の崩落地で実線登山道だったのが、200名山の地図では小無間山から大無間山が破線で、崩落地は線さえ消えています。登るなということの様です。登る方は自己責任で。以前の南側崩落地は北側も崩落して、バラスで作った山の様です。歩けば崩れます。北側は急なので、落ちるなら南側です。何年か前に滑落事故が有ったらしく、トラロープが3本張って有ります。結び目があって登りは問題無かったのですが、下りで足を取られて南側に落ちてしまい尾根の石にしがみついて立ち上がることが出来ました。私も高所恐怖症で吊り橋は渡れま せんが、ここは大丈夫でしたが。
北側崩落地を登りきると、ご褒美の富士山が待っています。
この時期、小無間、大無間の直下は、雪か氷です。もう少ししたら溶けるでしょう。この間もアップダウンがあって辛いです。尾根歩きなので、道に迷うことはありませんが、一か所、中無間山は真っ直ぐ行きそうになります。真っ直ぐ行くと問題の北尾根です。巻き返して尾根を登ります。トラロープと田中さん寄贈のプレートが有ります。プレート右に進むと大無間山です。
手前の岩場は気がつきませんでした。
大無間山山頂は、見晴らしありませんが、手間で南アルプスが望めます。向かいな光岳、北に聖岳、赤石岳、悪沢岳、悠然とし山々が望めます。
山頂が12時を過ぎたので、帰りのバスを諦め、結局、下山最後は日が暮れて杉林の中をヘッ電て歩き、夜を明かして始発のバスで帰りました。と言ってもバスは1日2便ですが。
訪問者数:149人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

トラロープ 崩落 滑落
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ