ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893245 全員に公開 ハイキング札幌近郊

定山渓天狗岳

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー kearashi57
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間45分
休憩
0分
合計
8時間45分
Sスタート地点08:3017:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

天狗小屋
2016年06月05日 08:30撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗小屋
1
何の迷いもなく登山口と思いここから登る。
2016年06月05日 08:58撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の迷いもなく登山口と思いここから登る。
林道の奥は歩道もピンクテープもあるが、やがて笹藪の中に降りていき道がなくなった。
2016年06月05日 09:06撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の奥は歩道もピンクテープもあるが、やがて笹藪の中に降りていき道がなくなった。
笹藪を漕ぎながら元の道に戻ろうとするが見失い、体力消耗を防ぐため沢を降りることにして、ここの林道まで降りてきた。
2016年06月05日 11:36撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹藪を漕ぎながら元の道に戻ろうとするが見失い、体力消耗を防ぐため沢を降りることにして、ここの林道まで降りてきた。
正規の登山口到着。3時間近くロスした。水の残りが心配だったが、行けるとこまで行ってみる。
2016年06月05日 11:49撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正規の登山口到着。3時間近くロスした。水の残りが心配だったが、行けるとこまで行ってみる。
1
左に高巻きがあったが右を登る。
2016年06月05日 12:16撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に高巻きがあったが右を登る。
ミドリニリンソウ
2016年06月05日 12:39撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミドリニリンソウ
4
余市岳
2016年06月05日 13:53撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余市岳
3
多くの人が降りてきていて待っていた。
2016年06月05日 14:08撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの人が降りてきていて待っていた。
1
今度行ってみよう無意根山。
2016年06月05日 14:16撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度行ってみよう無意根山。
1
小天狗にも登ってみる予定だったが次回に。
2016年06月05日 14:46撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小天狗にも登ってみる予定だったが次回に。
2
旭川と石狩から来た2人と暫し話。今度は天塩岳や大雪で会いましょうと分かれる。
2016年06月05日 14:47撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭川と石狩から来た2人と暫し話。今度は天塩岳や大雪で会いましょうと分かれる。
3
定山渓へ戻る道の途中からの天狗。
2016年06月05日 17:27撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定山渓へ戻る道の途中からの天狗。
3

感想/記録

久々に手も足も筋肉痛になった山行だった。天狗岳3号の看板にここは登山口ではありませんと一言あれば迷わずに済んだのに。多めに水分(ビール)とつまみをもって行き正解だった。この山は面白いが妻には不向きかな腕力必要。幾度も小川を渡ったので靴がきれいになり帰ってきた。またしてもブヨ対策を忘れ刺されたのと、藪漕ぎですり傷だらけで、眼球からも出血していた。
訪問者数:400人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/12
投稿数: 2
2016/6/12 15:25
 こんにちは
当日山頂でお会いした石狩の方の者です!先日はありがとうございました!他の方の記録を見て驚いたのですがあの日登山口近くの林道に熊がいたようですね!今にして思えば我々も危機一髪だったのかもしれないですね(;^_^A
登録日: 2015/8/25
投稿数: 12
2016/6/13 6:48
 Re: こんにちは
こちらこそ山頂で写真を撮っていただきありがとうございました。我々が降りていった数十分前の出来事みたいですね。今週の天塩の登山道も入り口から熊の足跡がありました。旭川の方とも避難小屋付近でお会いしましたよ。前日朝里の天狗に登り帰ってきて天塩のヒュッテに泊まったと。また近いうちにお会いしそうですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 藪漕ぎ 高巻き 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ