ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894529 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳〜横岳〜硫黄岳 個人的2016夏山開き

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー plainwoods
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前夜は美濃戸口の八ヶ岳山荘仮眠室(2000円)泊。ベッドが並ぶドミトリー。とても快適。
車は八ヶ岳山荘駐車場に停めて美濃戸までは歩き。美濃戸口〜美濃戸は、早足で行けば30分ちょっと。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
15分
合計
7時間40分
S美濃戸口 八ヶ岳山荘04:5205:32美濃戸 美濃戸山荘06:55行者小屋07:59赤岳08:1009:16横岳09:45硫黄岳山荘10:04硫黄岳10:0810:58赤岳鉱泉11:58美濃戸山荘12:32美濃戸口 八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崩落等とくになし。超メジャールートなので省略。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口から歩きでスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口から歩きでスタート。
美濃戸、南沢へ。けっこうたくさんの人が歩いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸、南沢へ。けっこうたくさんの人が歩いていた。
階段階段階段の文三郎尾根。
2016年06月11日 07:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段階段階段の文三郎尾根。
1
大賑わいの赤岳山頂。
2016年06月11日 07:59撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大賑わいの赤岳山頂。
2
この紫の花が、本当に美しかった。オヤマノエンドウ、というらしい。
2016年06月11日 08:53撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この紫の花が、本当に美しかった。オヤマノエンドウ、というらしい。
2
硫黄岳山荘。赤・横・硫黄の3つのバッジ購入、小休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘。赤・横・硫黄の3つのバッジ購入、小休憩。
硫黄岳山頂からの赤岳。
2016年06月11日 10:05撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂からの赤岳。
1
赤岳鉱泉。止まらず通過。テントたくさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉。止まらず通過。テントたくさん。
美濃戸口に帰還。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口に帰還。
これを楽しみに歩いた帰り道。赤岳鉱泉、美濃戸では我慢してゴール地点(美濃戸口・八ヶ岳山荘)で食べました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを楽しみに歩いた帰り道。赤岳鉱泉、美濃戸では我慢してゴール地点(美濃戸口・八ヶ岳山荘)で食べました。
2
撮影機材:

感想/記録

これが個人的ことしの夏山開き。
前に赤岳来たときと車が変わって、車高が低めなので、だいぶん悩んだが美濃戸口から歩くことに。早朝出発ができるよう、美濃戸口の八ヶ岳山荘の仮眠室を利用してみた。2000円、快適。

南沢、行者小屋、を通って文三郎尾根。階段階段階段、ハアハア言いながら上がる。頂上直下は久しぶりの岩登りという感じ。去年の冬に赤岳来ようとして果たせなかったが、うーんこれを冬登るのはちょっとまだ無理かも。

赤岳から横岳へ。下りは相変わらず下手で遅い。。。途中で、え?これ横岳?と思って脇の小ピークに寄ったり。考えてみれば横岳とか硫黄岳でしっかりした山頂の看板が無いわけない。

今日の朝食昼食は、スーパーの割引で、9本入り150円(!)になっていたスナックスティック。安い、軽い、持ち運びが楽、1本90kcalくらいあるからエネルギー源としても○。行動食ウィダー風ゼリー(スーパーのプライベートブランドで100円)、あと朝は出発前にチョコパイも食べた(たいてい出発前には何か甘いものを食べる)。水分は水(ハイドレーション)。全行程で飲んだのは200ml程度。
まあ安上がりなんだけど、ますます、登る/歩くこと以外のことは考えない山行になってきてるなと思う。山での食事とか写真とか花とか・・を楽しんでいらっしゃる方々をみると、自分はサツバツとしてる(笑)と思うけど、なんか余計なものは要らない気がしちゃうんですね。写真はiPhoneでいいし、美味しいものは「下界」でゆっくり食べればいい、て感じで。単になるべく荷物を軽くしたいというのもあるけど。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ