ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908927 全員に公開 沢登り丹沢

皆瀬川水系 谷戸入沢右俣(沢登り講習)

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー kamog(CL), その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道725号は舗装ながら部分的に道幅も狭く、人遠(ひとどお)や八丁集落に
お住まいの方々の生活道にもなっているので、私有地および私有地と思われる場所
などへの駐車の配慮は充分慎重になさってください。
またそろそろ第二東名の工事なども始まりそうなのでさらに注意が必要です。
山北駅から八丁方面へ人遠橋まで徒歩で1〜1時間半程度。バスはなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■皆瀬川流域の沢

 ほとんど記録には出ていないが、オオタ沢(柏木沢)は平坦な森の中の流れで
 中流部の十字峡(三俣)の支流には割と落差のある滝が合わさるが、本流は
 小滝のみで初心者向きの沢だ。
 人遠橋周辺に流れ込む板取沢は10m級の滝が一つ。谷戸入沢の右俣は詰め近くの
 10m滝、中流部は小滝が連続する。同じく左俣は少々ゴルジュ地形の中に10m級
 の滝が連続している。
 八丁集落付近に流れ込む沢には北ノ沢、宮沢、セリ沢、ワリ沢、クラミ沢などが
 ある。
 北ノ沢は上流部に幾つかの小滝があり、ワリ沢ははなじょろ道の取り付き近くに
 流れ込み小振りながらナメが連続している。クラミ沢にも小ゴルジュとナメが
 あるが最後の二俣を左に取ると悪い詰めになる。
 皆瀬川は上流部でヘイソ沢(兵僧沢)と名前を変え、途中で右岸から合わさる
 一ノ沢は中流部にある滝の高巻き出だしが少々悪い。

 これらの沢は周辺集落の貴重な生活水ともなっているので、水を汚さないよう
 配慮が必要です。
 時期になると人遠集落等ではハチミツの幟もでるので、山に入る人は是非
 立ち寄ってください。

 なお下山は読図ができれば人遠尾根、はなじょろ道、または高松山から山北方面
 へ登山道で下りてもよいでしょう。

■kamog全踏査 丹沢限定沢登り記録集↓
  http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

■リスク管理からレベルアップするための沢登り、クライミング講習等↓
  http://mt-farm.info/

 
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

人遠橋の先の径路を皆瀬川へ降ろさせていただきます
2016年07月02日 08:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人遠橋の先の径路を皆瀬川へ降ろさせていただきます
皆瀬川本流と谷戸入沢の二俣
2016年07月02日 08:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆瀬川本流と谷戸入沢の二俣
最初の堰堤は右から巻き登ります
2016年07月02日 08:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の堰堤は右から巻き登ります
堰堤崩れの8m滝
少し戻って右からザレを登り上流側へトラバースして上から垂れているトラロープをゴボウ登りします
2016年07月02日 08:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤崩れの8m滝
少し戻って右からザレを登り上流側へトラバースして上から垂れているトラロープをゴボウ登りします
PP(トラ)ロープは全面荷重せず効きを確認して
2016年07月02日 08:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
PP(トラ)ロープは全面荷重せず効きを確認して
TAさんも続きます
2016年07月02日 08:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
TAさんも続きます
癒しの小滝
2016年07月02日 09:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの小滝
1
二俣手前の段丘状小滝は右隅をバランスでトラバースします
2016年07月02日 09:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣手前の段丘状小滝は右隅をバランスでトラバースします
トラバース中のTAさん
2016年07月02日 09:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース中のTAさん
左俣は滝が多く高巻き含め右俣よりワングレード上です
2016年07月02日 09:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣は滝が多く高巻き含め右俣よりワングレード上です
右俣にも滝が連続しています
2016年07月02日 09:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣にも滝が連続しています
右俣出合の3mに見える4m滝は流芯右をクライミングすることもできます(卦蕁棔砲、今日はヌメリがあったため、手前の右ザレから戻るように少し大きく高巻きました。
この巻きもPPロープ伝ってトラバースしたあと、落ち口上に向かってクライムダウンしなければならないので、バランス力ない人には充分な配慮が必要
2016年07月02日 09:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣出合の3mに見える4m滝は流芯右をクライミングすることもできます(卦蕁棔砲、今日はヌメリがあったため、手前の右ザレから戻るように少し大きく高巻きました。
この巻きもPPロープ伝ってトラバースしたあと、落ち口上に向かってクライムダウンしなければならないので、バランス力ない人には充分な配慮が必要
落ち口に向かってのクライムダウン中
2016年07月02日 09:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口に向かってのクライムダウン中
最後にトラバースして沢に戻ります
2016年07月02日 09:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にトラバースして沢に戻ります
こんな高巻きです
2016年07月02日 09:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな高巻きです
1
次の3mは壁に垂れたPPロープ伝って登りました
2016年07月02日 09:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の3mは壁に垂れたPPロープ伝って登りました
小滝続きます
2016年07月02日 09:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝続きます
ちょっとナメ
2016年07月02日 09:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとナメ
ここから右側に石積み護岸堤を擁した堰堤が6つほど出てきます
概ね左手を巻けます
2016年07月02日 09:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから右側に石積み護岸堤を擁した堰堤が6つほど出てきます
概ね左手を巻けます
4×7m滝
右壁を教蕁椶らいで登れます
2016年07月02日 10:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4×7m滝
右壁を教蕁椶らいで登れます
読図は効率的に。
元になる地形図はしっかり沢線やリスクポイントの情報を入れておかなければ本番では役立ちません。
2016年07月02日 10:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
読図は効率的に。
元になる地形図はしっかり沢線やリスクポイントの情報を入れておかなければ本番では役立ちません。
上流は八丁神縄林道工事が行われた関係で残念ながら排水パイプの残骸が
2016年07月02日 11:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流は八丁神縄林道工事が行われた関係で残念ながら排水パイプの残骸が
最後の方に出てくる10m滝
以前より埋まってしまった印象
この滝は特に左側が脆く外傾しているのでリードで登らない方がよいでしょう
高巻きは左側のカンテから登って一部崩れるザレをトラバースですが、たとえこの滝を巻いてもその上流は工事残土や倒木が懸念されるため、カンテから尾根をひたすら登って林道に出ました
2016年07月02日 11:18撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の方に出てくる10m滝
以前より埋まってしまった印象
この滝は特に左側が脆く外傾しているのでリードで登らない方がよいでしょう
高巻きは左側のカンテから登って一部崩れるザレをトラバースですが、たとえこの滝を巻いてもその上流は工事残土や倒木が懸念されるため、カンテから尾根をひたすら登って林道に出ました
あのまま詰めてもこれではねぇ
2016年07月02日 13:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あのまま詰めてもこれではねぇ
772からの尾根は伐採と工事、林道護岸などでもう下降は無理
2016年07月02日 13:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
772からの尾根は伐採と工事、林道護岸などでもう下降は無理
人遠集落に向かう尾根を下降します
2016年07月02日 14:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人遠集落に向かう尾根を下降します
途中大野山が見渡せます
2016年07月02日 14:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中大野山が見渡せます
この草原が曲者
径路は左端にあります
2016年07月02日 14:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この草原が曲者
径路は左端にあります
人遠集落上のお茶畑
2016年07月02日 14:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人遠集落上のお茶畑
人遠集落には猟犬やポニーのカゴもありますので驚かせないよう。
住民の方にお会いしたら挨拶を。
ネコちゃんたちもいます。
とても素敵な秘境の村です。
2016年07月02日 14:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人遠集落には猟犬やポニーのカゴもありますので驚かせないよう。
住民の方にお会いしたら挨拶を。
ネコちゃんたちもいます。
とても素敵な秘境の村です。
この色がたまらん
2016年07月02日 15:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この色がたまらん
1
県道725に合流
2016年07月02日 15:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道725に合流
人遠橋に戻りました
2016年07月02日 15:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人遠橋に戻りました
撮影機材:
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ