ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910437 全員に公開 ハイキング近畿

<東海の山> Vol.6 : 金勝アルプス (琵琶湖を眺めて岩稜歩き)

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー bellpeak, その他メンバー5人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スタート地点の上桐生へはバスでも行けるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
1時間50分
合計
5時間35分
S一丈野野営場有料駐車場09:2810:04落ヶ滝10:1511:48天狗岩13:0513:14耳岩13:3113:36白石峰13:3713:57狛坂磨崖仏13:5914:49逆さ観音14:5115:03一丈野野営場有料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
点在する岩峰ではロープや鎖を過信せず、三点確保を基本に慎重に手足を使う必要があります。
その他周辺情報下山後、車でしばらく走ったところにスーパー銭湯があります。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル
備考 ペットボトル2本が空になりました。天候や歩行時間にもよりますが、この時季、水分は多めに持つべきです。

写真

きょうは、とある山の集まりに初めて参加させて頂きます。アシの無い私は、早朝にピックアップして頂き、集合場所の養老SAにやってきました。有り難うございました & 初めまして。
空が曇っています。天気が少々不安…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きょうは、とある山の集まりに初めて参加させて頂きます。アシの無い私は、早朝にピックアップして頂き、集合場所の養老SAにやってきました。有り難うございました & 初めまして。
空が曇っています。天気が少々不安…。
2
名神高速を一路西へ向かいます。晴れていればこのあたりからは伊吹山の雄大な山容が広がっている筈ですが、あいにく雲に覆われていて、麓のあたりが少し見えるだけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名神高速を一路西へ向かいます。晴れていればこのあたりからは伊吹山の雄大な山容が広がっている筈ですが、あいにく雲に覆われていて、麓のあたりが少し見えるだけです。
1
草津ICで高速を下りて、しばらく走って登山口に着きました。有料駐車場に車を置きます。人気の山のようで、多くの車が来ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草津ICで高速を下りて、しばらく走って登山口に着きました。有料駐車場に車を置きます。人気の山のようで、多くの車が来ています。
1
駐車代と引き替えにパンフレットを頂きました。「金勝」は、「きんしょう」でも「かねまさ」でも「こんかつ」でもなく「こんぜ」です。初めてだと読めないよなぁ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車代と引き替えにパンフレットを頂きました。「金勝」は、「きんしょう」でも「かねまさ」でも「こんかつ」でもなく「こんぜ」です。初めてだと読めないよなぁ…。
1
パンフレットの地図を見たり、靴紐を締めたり、準備のひと時です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンフレットの地図を見たり、靴紐を締めたり、準備のひと時です。
1
さて、出発しましょう。駐車場を後に、森の中へと入っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、出発しましょう。駐車場を後に、森の中へと入っていきます。
1
最初は緩やかな道です。少し空が明るくなってきたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は緩やかな道です。少し空が明るくなってきたようです。
1
登山道は小さな沢に沿っています。こうやって何度か徒渉(?)します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は小さな沢に沿っています。こうやって何度か徒渉(?)します。
1
凄いシダ…と思っていたら、ちょっとだけ登山道を逸れていたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄いシダ…と思っていたら、ちょっとだけ登山道を逸れていたようです。
また沢を渡ります。靴を濡らさないように気を付けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また沢を渡ります。靴を濡らさないように気を付けます。
1
少し急坂になってきました。こういう岩場が現れます。ところどころにロープが垂らされています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し急坂になってきました。こういう岩場が現れます。ところどころにロープが垂らされています。
1
稜線への登山道から少し入ったところに、落ヶ滝という滝があるので、立ち寄ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線への登山道から少し入ったところに、落ヶ滝という滝があるので、立ち寄ります。
落ヶ滝です。高度感のある切り立った岩壁から水が落ちています。滝壺の近くで、やや生温いマイナスイオン(?)を浴びながら、しばし休憩です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ヶ滝です。高度感のある切り立った岩壁から水が落ちています。滝壺の近くで、やや生温いマイナスイオン(?)を浴びながら、しばし休憩です。
1
再び登山道に戻り、樹間を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び登山道に戻り、樹間を登っていきます。
少し見晴らしの良いところに出ました。落ヶ滝の真上あたりとのことです。写真では判り難いですが、琵琶湖がうっすらと見えています。落ヶ滝の水も、やがて琵琶湖に流れ込むんでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し見晴らしの良いところに出ました。落ヶ滝の真上あたりとのことです。写真では判り難いですが、琵琶湖がうっすらと見えています。落ヶ滝の水も、やがて琵琶湖に流れ込むんでしょうか。
このあたりからまた岩場が続きます。雲が薄くなってきました。もう雨の不安は無さそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからまた岩場が続きます。雲が薄くなってきました。もう雨の不安は無さそうです。
1
ロープ無しで登るのは少々難しい箇所もあります。変化があって楽しい道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ無しで登るのは少々難しい箇所もあります。変化があって楽しい道です。
稜線に出ました。ここから左手へ30分程歩くと鶏冠山ですが、あまり展望が良くないとのことで、きょうはパスします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。ここから左手へ30分程歩くと鶏冠山ですが、あまり展望が良くないとのことで、きょうはパスします。
ここからは稜線歩きとなり、登って下りての繰り返しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは稜線歩きとなり、登って下りての繰り返しです。
本日の目的地、天狗岩のあたりが見えてきました。まだしばらく歩くようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の目的地、天狗岩のあたりが見えてきました。まだしばらく歩くようです。
見晴らしの良い稜線が続きます。さすが「アルプス」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い稜線が続きます。さすが「アルプス」です。
このような奇岩があったりして、その都度寄り道しながら、ゆっくり歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような奇岩があったりして、その都度寄り道しながら、ゆっくり歩きます。
梅雨の合間なのか、梅雨明け間近なのか、稜線の上には青空が広がっていて、「夏のアルプスに来たぞ」って気分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅雨の合間なのか、梅雨明け間近なのか、稜線の上には青空が広がっていて、「夏のアルプスに来たぞ」って気分です。
2
次第に天狗岩が近付いてきました。標高の割に迫力のある山容です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に天狗岩が近付いてきました。標高の割に迫力のある山容です。
2
間近で仰ぐ天狗岩です。岩峰と樹木の様相は、我が故郷九州の名山、大崩山を思い出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近で仰ぐ天狗岩です。岩峰と樹木の様相は、我が故郷九州の名山、大崩山を思い出します。
2
稜線上にもこんな箇所があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上にもこんな箇所があります。
2
天狗岩の直下で昼食です。いかにも暑苦しいようですが、まだしばらくは名古屋メシにこだわりたいです。
ここで、箸を忘れたことに気が付きました。仕方が無いので小枝で代用しようとしましたが、同行の山ガールさんから割箸を頂きました。山ガールさん有り難うございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩の直下で昼食です。いかにも暑苦しいようですが、まだしばらくは名古屋メシにこだわりたいです。
ここで、箸を忘れたことに気が付きました。仕方が無いので小枝で代用しようとしましたが、同行の山ガールさんから割箸を頂きました。山ガールさん有り難うございました。
昼食の後、荷物をデポして天狗岩に取り付きます。それにしても大きな岩です。永年の風雨に晒されて丸っこくなっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食の後、荷物をデポして天狗岩に取り付きます。それにしても大きな岩です。永年の風雨に晒されて丸っこくなっています。
2
天狗岩からは、琵琶湖や比良山地の展望が広がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩からは、琵琶湖や比良山地の展望が広がります。
2
展望を楽しみながら、しばし休憩です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望を楽しみながら、しばし休憩です。
2
奇岩怪石、といった感じです。自然の力は不思議なものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇岩怪石、といった感じです。自然の力は不思議なものです。
2
こういう鎖場(?)もありますが、ここを下りるのはけっこう勇気がいりそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう鎖場(?)もありますが、ここを下りるのはけっこう勇気がいりそうです。
3
天狗岩でゆっくりした後、再び稜線を歩き始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩でゆっくりした後、再び稜線を歩き始めます。
1
龍王山への分岐です。このあたりの最高峰ですが、こちらもあまり展望が良くないとのことで、パスします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山への分岐です。このあたりの最高峰ですが、こちらもあまり展望が良くないとのことで、パスします。
1
重岩です。岩が重なっているので重岩です。そのまんまです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重岩です。岩が重なっているので重岩です。そのまんまです。
1
国見岩のあたりから、先程の天狗岩を振り返ります。奥は鶏冠山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岩のあたりから、先程の天狗岩を振り返ります。奥は鶏冠山です。
1
脚下は新名神高速道路、奥は比叡山あたり、ということはその向こうはもう京都。きょうは意外と遠くまで来たもんだなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脚下は新名神高速道路、奥は比叡山あたり、ということはその向こうはもう京都。きょうは意外と遠くまで来たもんだなぁ。
1
麓へ向けて下っていきます。これは途中にある狛坂磨崖仏です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓へ向けて下っていきます。これは途中にある狛坂磨崖仏です。
1
麓が近付くにつれて、いつの間にかまた沢が現れてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓が近付くにつれて、いつの間にかまた沢が現れてきます。
林道に出ました。あとはゆるゆると歩くだけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。あとはゆるゆると歩くだけです。
これは逆さ観音です。もともとあった観音様がひっくり返ったままとのことです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは逆さ観音です。もともとあった観音様がひっくり返ったままとのことです。
1
キャンプ場のなかを歩きます。家族連れの方々が小川で水遊びをしています。夏休みのような雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場のなかを歩きます。家族連れの方々が小川で水遊びをしています。夏休みのような雰囲気です。
2
金勝アルプスの主要部分を一週して、駐車場に戻ってきました。山ガールさんの万歩計で約2万歩とのこと、きょうはよく歩いて、よく汗をかきました。ペットボトル2本では不足でした。このあとコンビニで炭酸水を買って、一気飲みしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金勝アルプスの主要部分を一週して、駐車場に戻ってきました。山ガールさんの万歩計で約2万歩とのこと、きょうはよく歩いて、よく汗をかきました。ペットボトル2本では不足でした。このあとコンビニで炭酸水を買って、一気飲みしました。
2
帰路、スーパー銭湯でくつろぎます。またしてもこういうもので喉を癒やします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、スーパー銭湯でくつろぎます。またしてもこういうもので喉を癒やします。

感想/記録

アルプスの名に恥じぬ(?)、楽しい山歩きでした。我が自宅近くの「広島南アルプス」とはだいぶ雰囲気の違った岩稜歩きでした。
ご同行&ご案内して頂いた皆様、有り難うございました。
題名を<東海の山>としましたが、滋賀県は近畿ですよね。まぁいいか。
訪問者数:219人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ