ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914552 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

薬師岳(小田越コース 早池峰三山)

日程 2016年07月05日(火) [日帰り]
メンバー hiro_kuri
天候曇り。頂上付近は強風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間55分
休憩
15分
合計
3時間10分
S小田越登山口08:2009:45薬師岳山頂10:0011:30小田越登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※前日の雨で登山道が大変滑りやすく、下山もゆっくり時間を掛けた結果、下山タイムと登頂タイムが同じくらいでした。
コース状況/
危険箇所等
昨日の雨で濡れ残った岩、本当に要注意・・・。滑ってつんのめって右肘と左膝を強打。
その他周辺情報ホテル ベルンドルフの沸かし湯施設で汗を流せます。13時より日帰り入浴可。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ 靴下 グローブ 雨具 行動食 飲料 地図(地形図) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ ヘッドライト

写真

平日の小田越登山口方面は、通行規制が無い+河原の坊コースが今季終了状態で早池峰山はコチラから登るしか無い為、宮古方面の路肩はさながら車の展示場(言い過ぎ
2016年07月04日 08:15撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日の小田越登山口方面は、通行規制が無い+河原の坊コースが今季終了状態で早池峰山はコチラから登るしか無い為、宮古方面の路肩はさながら車の展示場(言い過ぎ
道路は乾いていたものの、登山道はスリッピーの予感がする登山口。
2016年07月04日 08:20撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路は乾いていたものの、登山道はスリッピーの予感がする登山口。
根っこも岩もシットリ。想像以上に傾斜と岩場があり、足元に気をつけながら、ゆっくり一歩ずつ歩を進める。
2016年07月04日 08:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根っこも岩もシットリ。想像以上に傾斜と岩場があり、足元に気をつけながら、ゆっくり一歩ずつ歩を進める。
岩場の奥に・・・
2016年07月04日 08:48撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の奥に・・・
ヒカリゴケ発見。
後ろから登ってこられた壮年の御夫婦によると、割りと低い所で見かけるのは珍しい、と仰っていました。
2016年07月04日 08:54撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒカリゴケ発見。
後ろから登ってこられた壮年の御夫婦によると、割りと低い所で見かけるのは珍しい、と仰っていました。
1
ハシゴ場あります。ただ、岩面と足掛けの幅が狭く、爪先が掛けづらかった覚えが。
2016年07月04日 09:11撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ場あります。ただ、岩面と足掛けの幅が狭く、爪先が掛けづらかった覚えが。
鬱蒼とした林を抜けたこの辺りで、急激に風が強くなり始める。
すると、先行していかれた御夫婦の下山とすれ違う。聞くと、余りの強風で登頂を諦めてきた、とのこと。
2016年07月04日 09:26撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬱蒼とした林を抜けたこの辺りで、急激に風が強くなり始める。
すると、先行していかれた御夫婦の下山とすれ違う。聞くと、余りの強風で登頂を諦めてきた、とのこと。
この岩の手前でつんのめり、右肘と左膝を強かに打ち付ける。余りの激痛に、近くのこの岩を風よけにして、屈んで暫く休憩。雨が降っていなかった事が幸運でした。
2016年07月04日 09:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩の手前でつんのめり、右肘と左膝を強かに打ち付ける。余りの激痛に、近くのこの岩を風よけにして、屈んで暫く休憩。雨が降っていなかった事が幸運でした。
姿勢を低くして吹き上げる強風をやり過ごしながら、肘と膝の痛みを感じながら、程なくして薬師岳山頂へ。
2016年07月04日 09:44撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿勢を低くして吹き上げる強風をやり過ごしながら、肘と膝の痛みを感じながら、程なくして薬師岳山頂へ。
曇天に強風、下は真っ白。誰も居ません。
山頂独り占めで景色を眺めるような環境ではなかった為、手前で風を避けながら小休憩。
2016年07月04日 09:44撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇天に強風、下は真っ白。誰も居ません。
山頂独り占めで景色を眺めるような環境ではなかった為、手前で風を避けながら小休憩。
気が付かずに通り過ぎるところでした。
手を合わせて、怪我の早期治癒と下山の安全をお祈りして、下山。無事に帰途に着きました。
2016年07月04日 10:03撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気が付かずに通り過ぎるところでした。
手を合わせて、怪我の早期治癒と下山の安全をお祈りして、下山。無事に帰途に着きました。
1

感想/記録

週末に控えた岩手山登山の足慣らしとして。早池峰三山で未踏だった薬師岳を選択。
怪我だけはしないように・・・と挑んだ結果、濡れた岩で足を滑らせて右肘と左膝を痛めるという。岩手山登山に支障は無かったのが幸いでした。

雨に降られることはなかったものの、頂上からの景色は真っ白で視界ゼロ。
天気予報を見ながら、もう一度登りに来ようと思います。
訪問者数:74人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

ハシゴ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ