ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954452 全員に公開 沢登り大峰山脈

モジキ谷(大峰)沢登り

日程 2016年09月02日(金) 〜 2016年09月03日(土)
メンバー kobechuobucchkei23776(SL), yuki24dinattikedosinkojiyoshi(記録), daigakuchancerrohana-hana-kawamitu(CL), その他メンバー2人
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
19:30三宮、20:00西宮北口、20:15高槻⇒22:45観音峰登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:45モジキ谷出会(入渓)→11:30大滝18メートル(昼食)→13:50稲村ヶ岳→14:30稲村小屋→15:30法力峠→16:30洞川温泉
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

今年の沢登りの締めくくりは、憧れの北アルプス赤木沢…の予定が、台風12号「ナムセーウン」の到来で、急きょ大峰モジキ谷に変更。皆の沢登りへの想いを汲んで、中止にするのではなく、別の沢登り計画を新たにたててくれたCL、SLに感謝です。今回の観音峰登山口でのテント泊は、シュラフのぬくもりが心地良くてぐっすり。前回のテント泊ではシュラフカバーだけでも暑くて寝苦しかったことを思うと、季節は確実に変わっている。寝入りばなの静寂を破った、雄たけびと寝言のデュエットを聞き逃したのは残念。
翌朝は車1台を洞川温泉に置いて、2台の車でモジキ谷出合に。装備を付けて、“関西の赤木沢”に入渓。ピンクがかった明るいナメに、小さな滝、少し頑張ればロープなしで登れる滝が続き、とても楽しい。それぞれに、今年最後の沢登りを楽しんでいる。良い年をした大人が夢中になって、子どものような笑顔になるのは、沢登りならでは。上流になるにつれ、岩が大きくなり、流れは細くなり、いつしか流れがなくなり、今のところが源頭だったのかしら…としばらく登っていくと、また流れが表れて小さな滝の連続。今年最後の沢登りが名残惜しくて、できるだけ巻かずに、水の中を歩き、滝を登る。
稲村ヶ岳にあがるルートが悩ましく協議。モジキ谷のときわれは、「もじける=へそ曲がり」で支沢が複雑に入り組んでいるからだそう。私には遡行図を見ても、現在地がわからず。沢靴から登山靴に履き替えて、稜線を目指して原登を開始する。岩場、シャクナゲの藪、笹薮、急な傾斜が続きアキレス腱が痛いくらい。ようやく到着した稲村ヶ岳の山頂展望台は白い霧で展望なし。山岳修行者のほら貝が聴こえるのは大峰山系らしい。稲村小屋でトイレをすまし、洞川温泉に下山。下山は長く感じた。
来年こそは赤木沢に行こうと誓いながらも、今年最後の沢登りを大満足で終えました。CL、SL、運転手の皆様、ありがとうございました。(KOJ)
<コース状況>川幅がさほど大きくなく、水量・流れも強くなく、滝もホールドが分かりやすく登りやすかった。稜線に上がるルートは分かりにくい。
訪問者数:363人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ