ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 977784 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

紅葉が始まった武尊自然観察遊歩道を周回

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー kotakky
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
群馬自然の森管理道路の田代湿原入口駐車場を利用した
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
49分
合計
6時間8分
Sヒメカイウ園駐車場07:3008:04田代湿原08:1108:40花咲湿原08:4810:14東俣駐車場11:30自然観察遊歩道分岐11:5913:15田代湿原13:2013:38ヒメカイウ園駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
遊歩道として整備された道だが、花咲湿原の木道は傷みが激しく朽ちてボルトが飛び出しているところがあり注意が必要。
また、田代湿原から自然観察遊歩道への連絡道は一部泥沼化している。踏み外すとひざ下まで埋まる。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

登山開始。
色づき始めたブナの森へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始。
色づき始めたブナの森へ。
美しいブナ林を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいブナ林を歩く。
1
登り切ると武尊自然休養林。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると武尊自然休養林。
2
草紅葉の武尊田代湿原。
朝日を浴びていい色をしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉の武尊田代湿原。
朝日を浴びていい色をしている。
10
湿原周回路を外れ自然観察遊歩道への連絡道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原周回路を外れ自然観察遊歩道への連絡道に入る。
ところが中間点は水没。 
ストックで深さを測るとヒザ下くらいまである。 
倒木を頼りに渡渉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが中間点は水没。 
ストックで深さを測るとヒザ下くらいまである。 
倒木を頼りに渡渉。
2
キノコは豊富にある。 
ナラタケ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコは豊富にある。 
ナラタケ。
9
ツキヨタケは大群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツキヨタケは大群生。
4
花咲湿原に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花咲湿原に出た。
花咲湿原を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花咲湿原を歩く。
1
モウセンゴケの赤が光る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モウセンゴケの赤が光る。
10
花咲湿原の木道は朽ちている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花咲湿原の木道は朽ちている。
頭上にはヤマブドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上にはヤマブドウ。
3
ヌメリスギタケ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメリスギタケ。
2
ムキタケ発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムキタケ発見。
4
江戸沢を渡渉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江戸沢を渡渉。
江戸沢を渡ると急な登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江戸沢を渡ると急な登り。
林道を横切る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切る。
樹間から至仏山が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から至仏山が見えた。
登り切ると正面に皇海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると正面に皇海山。
今にも倒れそうな東屋がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今にも倒れそうな東屋がある。
振り返れば武尊山頂がよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば武尊山頂がよく見える。
1
カラマツ林に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツ林に入る。
今度は草倉沢。 
橋が落ちているので仕方なく渡渉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は草倉沢。 
橋が落ちているので仕方なく渡渉。
明るい林道に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい林道に出た。
林道の上は広い駐車場だが、林道が通行止めのため来る人はいない。管理舎も閉鎖中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の上は広い駐車場だが、林道が通行止めのため来る人はいない。管理舎も閉鎖中。
武尊牧場に登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊牧場に登り返し。
飛び出たところはスキー場最上部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び出たところはスキー場最上部。
そこから緩やかに登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから緩やかに登る。
登り切ったところが「眠る男」ロケ地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ったところが「眠る男」ロケ地。
1
ブナハリタケ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナハリタケ。
3
武尊山登山道と自然観察遊歩道分岐。 
右の遊歩道に入る。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山登山道と自然観察遊歩道分岐。 
右の遊歩道に入る。

遊歩道といっても登山道と同じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道といっても登山道と同じ
2
所どころ沢を渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所どころ沢を渡る
1
ここで遊歩道一周完了。 
約10キロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで遊歩道一周完了。 
約10キロ。
再び湿地帯に難儀する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び湿地帯に難儀する。
2
武尊田代湿原に戻った。
朝と色が違う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊田代湿原に戻った。
朝と色が違う。
3
湿原脇のカエデは真っ赤に紅葉していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原脇のカエデは真っ赤に紅葉していた。
9
湿原から下って無事帰還。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原から下って無事帰還。

感想/記録

片品村の花咲湿原は武尊牧場から入るのが一般的だが、みなかみ町最奥の群馬自然の森から田代湿原を経由して行って見ることにした。
さらに、自然観察遊歩道をぐるりと一回り、武尊山麓を歩いてみた。

武尊田代へはもう何度も行っている。入口には「ヒメカイウ園駐車場」の案内がある。
のんびり登って着いた武尊田代湿原は草紅葉が朝日を浴びて黄金色に輝いていた。
湿原の周回路から外れて花咲湿原への道に入る。ところがすぐに水たまりとなる。というか、その水たまりはストックを入れると30センチほどズブズブと沈んでしまう泥沼状態だった。所どころに倒木がありこれを飛び石状につたって何とか突破。すぐに武尊自然観察遊歩道と合流し花咲湿原に向かう。
今日はこの遊歩道を時計回りに約10キロ歩く。
だんだんと下り道になり花咲湿原に着いた。ここも草紅葉できれいだが、木道はしばらく整備されておらずかなり痛んでいた。
10年ほど前の春に来たときはきれいに整備され歩きやすく、水芭蕉やリュウキンカが咲いていたのに、季節は違うとはいえその面影なし。通り過ぎるだけとなった。
そこからさらに下り江戸沢を渡ると今度はきつい登りとなった。林道を越えさらに登ると尾根筋に出て、そこからは北に至仏山、東南には皇海山などが眺められた。ちょっと下って振り返ると武尊山の山頂が間近に見える。いい眺めだ。
カラマツ林に入り草倉沢を渡って登ると広い駐車場に出た。今は林道崩落の影響で通行止めなので誰も車で来ることが出来ない。工事用車両しか入れないようだ。
ここからさらに登ると武尊牧場スキー場の最上部に出た。ここで武尊牧場からの武尊山登山道と合流して緩やかに登っていく。
途中の映画「眠る男」ロケ地は昔来た時と全く変わっていなかった。
さらに登って自然観察歩道分岐から再び遊歩道へ。ここから武尊田代湿原までは山腹を巻くように道が付いているので、所どころ沢を渡るときに大きく登降するくらいでアップダウンが少なく歩きやすい。
のんびり1時間ほどかけて田代湿原まで戻った。
たくさんのキノコに出会え、いくつか自然のおすそ分けを頂いた。
紅葉ははじまったばかりでこれからが本番のようだ。
自然観察遊歩道では誰にも会わない静かな山行となった。
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ