ヤマレコ

PRO TREK(プロトレック) Official protrek1994
2015年11月20日 13:11新製品レビュー(精密機器)全体に公開

PRX-8000T マナスル発売!

1956年に日本隊が世界で初めて登頂に成功した、別名“精霊の山”と言われる標高8163mの山「Manaslu(マナスル)」に由来する、本格アウトドアギア「PRO TREK(プロトレック)」の最上位モデル「MANASLU」のNewモデルが登場。




今回のモデルは日本で唯一人世界に聳え立つ14座の8000m峰を踏破した、PROTREKアンバサダーの竹内洋岳氏のアドバイスを随所に取り入れ、開発しました。
外装面でも悪天候下や長時間の行程など、山岳活動での過酷な使用環境に耐えうる仕様を実現。主要な金属部分(外ベゼル、バンド、裏蓋)には耐摩耗性を向上させるチタンカーバイト処理を施したチタン素材を採用し強さと軽さを両立。更にそれら主要金属部品をビスで連結することで、堅牢性を向上させました。8000m登頂時はインナーグローブの上からでも装着できるように、専用治具を使用することなく、最大約6mmのバンドの長さを簡単に調整できるアジャスト機構付きのダブルロック中留を採用。また着脱を容易にするため、バンドとケースをつなぐジョイント機構の可動域を拡大させました。ケースの最上面には、DLCコーティングで耐摩耗性に配慮したSSベゼルを、また風防には傷が付きにくく視認性の高いサファイアガラスを採用し、機能性と共に上質感を演出。更に、計測精度、間隔を飛躍的に向上させたトリプルセンサーVer.3を搭載しながら、世界6局の電波を受信するマルチバンド6やタフソーラー、気圧の急下降や急上昇など注目すべき変化があった場合にはアラームで知らせる気圧傾向インフォメーションアラームなど、実用的な機能を多数装備。
8000m峰踏破時の過酷な状況下では、時刻と計測数値が最も重要な情報となるため、ブラックの文字板とコントラストの高いホワイトを大型のインデックスと針に採用し、その他の表記はあえて目立たないように配置、配色することで、時刻と液晶部の計測データを把握しやすくしました。また意識が朦朧とする低酸素状態下や悪天候時、夜間でも時刻を認識しやすいように、指標となる12時位置のインデックスの形状に特徴を持たせ、バンド付け根部分にも矢印を刻印しました。更にカーボン素材により大型化した形状の異なる時分針や、二重の蓄光処理をインデックスに施すことで、極限の状況下での活動をサポートします。
MANASLUの名を冠した、高い機能性と美しさ、質感を併せ持つ、Newモデルの登場です。
・ 方位、高度・気圧、温度を計測可能なトリプルセンサー
・ 世界6局(日本2局、中国、アメリカ、ドイツ、イギリス)の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6
・ タフソーラー
・ 気圧傾向表示機能
・ 気圧傾向インフォメーションアラーム
・ 耐低温仕様(−10℃)
・ 感覚的な操作が可能な電子式リューズスィッチと時・分・秒針を独立駆動させるマルチモータードライブを組み合わせ、多彩な機能をスムーズに使える「スマートアクセス」
・ 針位置自動補正機能
・ ムーブメントの耐久性を向上させるハイブリッドマウント構造
・ 高度、気圧、温度を計測する際に針が液晶と重なった場合、一時的に避ける針退避機能
訪問者数:1418人
-
拍手

コメントを書く

この日記はコメントを受け付けていません。

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ