また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ装備 > 残雪期テント内の結露対策

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:装備

受付終了
緊急度 2装備
残雪期テント内の結露対策
質問2017年07月09日 22:52 (2017年09月08日 21:08更新)
先日、燕岳でテント泊をした所、残雪の上にテントを張り、翌朝テント内の壁も床も結露で水浸しでした。

今回、雪上になることを想定していなかったためペグも普通の物を使い、フライの張りが甘く、翌朝はダブルウォールがシングルウォール化して結露でテント内が水浸し。という悲しい結果になってしまいました。ちなみに私のテントはダブルウォール(ARAIのエアライズ)です。

以前、12月に富士山でグループでテント泊した時は、テント内で調理もしたのに、水浸しというほどの結露はありませんでした。

今回、テント内で調理はしてません。

「夏で気温が高いから水浸しになるほど結露したのかなぁ〜?」
と思ったのですが、実際他の人達はどのような状態なのか気になりました。

ウェブを読んでいて理解した対策方法は以下2点。
・換気
・石や竹ペグを使ってフライをしっかり張る

他に何か対策はないものか考えあぐねております。
経験者の皆さんは結露対策どうされてますか?
回答2017年07月11日 16:52 (2017年09月08日 21:08更新)
はじめまして。私はフライの前室以外の3辺の中間のひもを長いものに取り替えて使っています。私のはエアライズではないのですが、アライのカタログを見る限り、そのままでは短すぎるように見えます。ひもは長ければ長い程、横から引っ張る形になり、本体の間に空間を確保できます。少なくとも50僂詫澆靴い箸海蹐任后ただし、場所をとりますので、混んでいるテント場ではあきらめましょう。また、石などの高さのある支点も有効です。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
回答どうもありがとうございます。
「フライの前室以外の3辺の中間のひも」は”気持ちテントから離す”程度にしか考えていませんでした。確かにこの中間の紐が最初に風にやられてフライがテントにくっついていたように思いました。

他の紐同様、細引きを買い足して混雑しなていないテン場でしっかり張ってみます。
次回、また残雪があっても恐れずにテントを張ることができそうです。
ありがとうございました!!^^
回答2017年07月10日 16:53 (2017年09月08日 21:08更新)
私は、テント本体とフライの間に、もう一本紐を張って、本体とフライの間の空間を確保するようにしています。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
回答どうもありがとうございます。
なるほど〜。フライとテントの間に空間をきっちり作り込む事が大事なんですね〜!

私のテントで紐が張れるのかよくわかっていませんが、一度真似してやってみます。
ありがとうございましたっ‼ ^^
ページの先頭へ