また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ山の情報 > 2017夏、五竜岳

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:山の情報

回答受付中
緊急度 4山の情報
2017夏、五竜岳
質問2017年07月12日 14:35 (2017年07月18日 12:20更新)
7月に五竜岳を計画しています。遠見尾根ピストンの予定ですが小屋の6月末情報ですと西遠見から残雪があり10本爪アイゼンとピッケル必須と出ています。簡易アイゼンだけしか持っていないので今年は8月まで待った方がいいでしょうか?また牛首経由の八方尾根で下山する場合、八方尾根の雪の具合はどうでしょうか。最近登られた方の情報、よろしくお願いします。
回答2017年07月16日 16:50 (2017年07月18日 12:20更新)
昨日まで白馬に行ってました。
今年は残雪が多いですが、白馬乗鞍の雪渓も凍っている部分は少なく、
ザクザクの歩きやすく滑りにくい雪質でしたので、アイゼンなしで行けました。
この時期、日々雪解けが進んでおり、一週間も経つと様変わりします。
私は北アルプスの雪渓で7月以降でしたら軽4本歯しか使ったことはありません。
ちなみに、一昨日登りでいっしょになった山小屋の診療所スタッフの人たちは
チェーン装着型のものを使っていました。
ご参考になれば。
お礼 
ご意見、参考にさせていただきました。
7月16、17日、遠見尾根ピストンで五竜岳に行ってきました。西遠見から雪渓ありましたが、ステップ切ってあるのと、大勢の登山者が通った為、踏み跡しっかり付いていてアイゼン使いませんでした。念の為、白岳直下はストックあるとバランスくずさすより安全だと思います。
ありがとうございました。
回答2017年07月14日 18:11 (2017年07月14日 20:55更新)
7月中旬であれば、ほとんど残雪はないようです。実際、自分も数年前の7月初旬に登山しましたが、残雪は遠見尾根、八方尾根共に上部だけ少しある程度です。アイゼンは必要ないと感じました。ただ、八方尾根には扇雪渓があり、巻き道もありますが、雪渓を登る場合にはアイゼンはあった方が良いです。基本的に必要はないですが、ご自分の判断でアイゼンはお持ちください。
お礼 
今年は残雪が多いと聞いたので安心しました。念のため、簡易アイゼン持参します。貴重なご意見ありがとうございました。
ページの先頭へ