また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ山の情報 > ヒグマやエキノコックス感染の危険が少ない北海道のおすすめの山は?

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:山の情報

回答受付中
緊急度 2山の情報
ヒグマやエキノコックス感染の危険が少ない北海道のおすすめの山は?
質問2018年02月26日 22:33 (2018年03月04日 10:08更新)
今年の夏(6月末〜8/中旬の内の2〜3週間程度)に北海道の観光旅行(車で移動)を予定しており、その途中で犬連れで日帰り登山/ハイキングを計画しようとしています。
これまでに、北海道での犬連れ登山経験は恵山しかありません。 ヒグマとエキノコックス感染を恐れているのが理由です。 無雪期の雲取山に日帰りで登る程度の体力はあります。
次の条件に出来るだけ合いそうな勧めの山(登山口/ルート)があれば教えて下さい。

・犬連れが許容されているエリア。 また、エキノコックス感染の危険を避けたいので、キツネが少な目のエリア。 エキノコックス感染が少ないエリア。
・ヒグマが出る可能性が非常に低いエリア。
・森林の中の歩行が少ない(=見通しが悪く景色が見られないし、ヒグマと至近距離で出会う事を避けたい)。
・美しい景色や動植物が見られる。
・登山路の崩壊等の危険が少ない。
・鎖場やはしごなどが少ない。 状況に因りますが多少であれば、抱えたり、ロープで犬を確保して歩行させる(または吊るして昇降する)ので「多少」ならば可能です。
・歩行時間(休憩含まず)は数時間以内。
・マダニが少ないエリア。(これまで北海道へ行った経験では鹿が多い所にはマダニも多い様に感じています。)

ご存知の方、ご回答お待ちしております。
特に、実際に犬連れで北海道での登山を楽しんでいる方がいらっしゃれば、情報を頂きたく思います。

---追伸---
以前、十勝岳望岳台と十勝岳温泉に行った時に、「ここから十勝岳ピストンなら、低木かまたはガレ場(岩場?)なので、遠くにクマを確認して回避出来る可能性が高いかな?」と思った事を思い出したのですが、このコースについてお詳しい方がいらしたら、併せてご回答願います。

---追伸2---
『条件に合いそうなおすすめの山』をご紹介下さい。
回答2018年03月01日 14:14 (2018年03月04日 10:08更新)
>十勝岳望岳台
この付近は草も生えていない場所ですから、クマの心配はないと思います。十勝岳温泉近辺も登山者が多くてクマは寄ってこないと思います。総じて大雪山系のヒグマは優しい性格のようです。対して道南では実際にヒトや家畜が襲われる事案が昔から多いし、増毛のヒグマは気が荒い、と言われていました。

イヌとヒグマが遭遇したら、という点の危惧については、複雑だろうな、と思います。http://lupin88.blog83.fc2.com/ の方、2度ほど山でお会いしたこともある方なのですが、イヌ(ルパン君)連れで何度もクマにも遭遇しているようです。まったく問題なく過ごしておられます。ただ、私もうっかり7、8メートルの距離でヒグマと出くわしたことがあります。ヒト慣れした個体だったようで、唸り声で私を追っ払ってくれましたが、これがヒトでなくイヌだったら、おとなしくしてたかどうか、そしてイヌも上記のルパン君のような落ち着いたイヌでなかったらどのようになるか、心配なところではあります。

エキノコッカスについてはキツネばかりが注意されていますが、イヌ系統の動物全体を宿主とするほか、それらが食料とするネズミに広く伝搬しており、道内でいないといえる場所はありません。ここ数十年でアリューシャンから急速に広がったようです。私の仲間が20年前に陸自東千歳駐屯地で調査したところ、数10%のネズミに感染が確認されています。犬に感染してもイヌ本人にはほとんど症状がなく、糞中に排出するだけです。それに触れた人間に災厄が起こるのですから、合理的な対処としては、北海道から離れた後で、獣医さんに頼んで愛犬にプラジカンテルを投与する、ということだろうと思います。
お礼 
十勝岳望岳台〜十勝岳のピストンの件
登山者が多くてクマとの遭遇の確率も低そうだとの情報ありがとうございます。
この付近のクマは、何より優しい性格の持ち主(?!)との事に安堵しました。(笑)

イヌとヒグマが遭遇の件
「クマに刺激を与えて襲われる確率が上がる」とか、「犬がいると(人が犬に声をかけたりするから?)クマが遠くで察知して離れていくから襲われる確率は下がる」とかメリット/デメリットが他にも諸説数多くあって、私はどの説もクマに関して高確率で共通して言えそうだとは思えないでいます。 何が本当なのか?私は高い確率で信頼出来そうな説を聞いたことが無いので、「クマと近距離で出逢う確率が低い所(地形的に遠くに見つけられるとか、生息数が少ないとか、実績として遭遇確率が低いなど)」へ行こうと思っており、そんな『条件に合いそうなおすすめの山』をご紹介頂きたいとという趣旨で質問をしている次第ですので、宜しくお願い致します。

エキノコックスの件
これまで、北海道に犬を6回連れて行っており、事前にかかりつけの獣医さんに相談して、前(検診)と後(投薬)に通院しています。 しかし、何より体内に病原を入れる確率を下げるべきだと思っています。 そういう理由で、私の質問は、そんな『条件に合いそうなおすすめの山』をご紹介頂きたいという趣旨になっていますので、宜しくお願い致します。
回答2018年02月28日 14:07 (2018年02月28日 18:35更新)
初めまして、過去数年にわたり北海道の山を巡っています。(ただし動物連れではありません。)数点お願いかたがた・・・。
・大変な愛犬家のようですが、愛犬同様に自然界の動植物への環境負荷にもご理解をいただきたく。特に国立公園、国定公園内(自然公園)は自然界の動植物保護を優先してください。参考:https://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/news/pdf/kaisensyou.pdf
・過去2度ほど、地元犬連れ登山者とすれ違い(お会い)しました。いずれも上記国立公園内ではありませんが。
 (1)羊蹄山:麓の駐車場で車に繋がれて、日陰が無く暑さでぐったりしているようでした。
  (2) 大平山:洋犬(コリー?)は、女主人(単独)の守護役だったのでしょうか。藪漕ぎルートで、とても愛犬を連れて登る山ではありません。
注:いずれも札幌在住の女性でした。本土内ほど、犬連れ入山者が少ないのもご理解いただきたく。
お礼 
質問への回答以外の話ですか???

よくこの手の話を切り出す方がいらっしゃいますが、自然環境保護の為に当然登山されないんですよね? 犬1頭より人間一人が山に入る方が、当然、自然環境を壊しているかと...。 そんな方が、ヤマレコを見ているのかと不思議でした。
これまでの実績を認識してください。 人間が自然破壊をした量と犬が自然破壊をした量を。 比較するまでもないと思っています。なのに、犬だけ禁止される理由が不明です。
「犬嫌いだから近寄らないでね!」はもちろん理解できます。 一言言っていただければ当然私は近寄りませんし、私は基本的に他人に犬を近づけません。
環境省のサイトには『規制される行為は「動物を放つこと」であり、「持ち込むこと」を罰則つきで禁止するものではありません。』とあります。

なお、あなたが示しているURLに書かれていることは九重連山エリア固有のことであり、今回私が訪ねている北海道には全く関係無い的外れな内容の文章です。 北海道から話がズレますが、九重連山エリアでヒゼンダニが大量発生しているならば、このエリアに人が出入りすると人を媒介して人が住む街に運んでしまう事が懸念されます。 そうであるならば、私は犬も人も入山自粛すべきかと思います。 人の方が犬よりも何倍ものヒセンダニを運ぶでしょうから。

また、後半の具体例は犬に限った事では無く、「そういう人もいる」というだけの話では?
示されたのは、間違った引率者に引きつられていった「犬」の話でしたが、「人」のケースもありますよね。
回答2018年02月27日 15:30 (2018年02月27日 20:03更新)
初めまして!
自分も4頭のラブラドールを飼っていました。今は2頭が存命ですが、高齢犬の
為山行には同行させていませんが、かつては同行させていました。
羆、キツネ、ダニを避けたいというのであれば、羊蹄山がお勧めかと思います。
4つの登山口が有る単独峰です。
羊蹄山は羆の生息が確認されていません。水場が無いので羆は寄り付かないと言う
風に聞いたことが有ります。
ただ、日差しが強いと森林帯を抜けると日光が直撃しますので、犬には厳しいコース
が有ります。小生は方角的には半月湖の側からのコースをお勧めします。山中に水場は無いので大量の水(犬の身体にかける分)が必要です。天気が良いと山頂からは日本海、洞爺湖、噴火湾が
一望出来て絶景です。
参考にしていただけると幸いです。
お礼 
ご回答。ありがとうございます。
羊蹄山は、眺望が良さそうですね。

クマが少ないとの話を初めて聞いたので、少し調べてみたところ、倶知安町のサイトには、
『「繁殖区域」とはされておりませんが、周辺地区では例年多数の目撃情報が報告されております。』
だそうで、ググってみると、2017年にもクマのフンの確認情報がありました。何度か外周をドライブして見たことがありますが、ほとんど山頂まで緑色(=森の中)だったかと思います。繁殖区域でない分、子供連れのクマに出会う確率は低そうですが、見通しの悪い森林の中は、小心者にはキツイ度胸試しとなりそうです。

情報ありがとうございました。羊蹄山、もっと調べてみます。
回答2018年02月27日 08:36 (2018年02月27日 13:47更新)
こんにちは
大雪山系はクマ、日高山脈はマダニ
クマもエキノコックスも避けられる北海道の山だと
利尻山だと思いますがいかがでしょうか
ただ、登山道の崩壊は年々進んでますね
犬連れがOKかはわかりませんが・・・

ちなみに昨年夏、稚内港から日帰りしました
お礼 
利尻山のご提案ありがとうございます。
以前、犬無しで登りました。(クマの恐れが無かったのがこの山を選んだ理由の一つです)
検討してみたのですが、
・天気を待って島に渡る必要があるので、他の観光予定との臨機応変な調整が必要。
・費用的(車込みだとフェリー代が高額)
・以前登った時は、残雪が多い上に強風で8~9合目辺りから危険だった(特に今年は雪が多そう)
・山行時間が長い
・運動強度が強い
という理由で難しいと思っています。

・クマの危険が無いのに...。
・あの眺望をもう一度見たいのに...。
・登山路の崩壊が進んでいて、近いうちに登られなくなる可能性も出てきているとメディアに出ているのに...。
と、後ろ髪をひかれる思いです。
ページの先頭へ