また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリその他 > ラーメンの残り汁をトイレに流すことについて。

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:その他

受付終了
緊急度 3その他
ラーメンの残り汁をトイレに流すことについて。
質問2018年06月06日 14:20 (2018年06月13日 13:57更新)
こんにちは。初めての質問投稿になります。
私は登山8年目の20代前半の者です。最近同い年の仲の良い友人が登山を始めました。
登山に関しては全くの初心者な彼なんですが、最初の登山として彼女と伊吹山に行ったようです。(私は同行してません。) 後日、その登山のことで話をしていた時、作ったラーメンの残り汁についての話になりました。私は今まで残り汁はすべて飲み干すようにしているのですが、そのとき彼は伊吹山山頂のトイレに流したそうです。私がそれはだめだよというも、そのくらいいいだろうと言われてしまいました。登山初心者のため、山でのルールや常識を知らないのは仕方のないことかもしれないのですが、どうして残り汁をトイレに流してはいけないのかと問われると説得力のある答えを返せませんでした。ほかについては特に問題ないのですが、この点だけ気になったので、質問させていただきました。なんとか彼の考えを改めさせたいと思っているのですが...。皆さまどうお考えでしょうか。


(追記)
この件に関して、伊吹山を管轄する米原市に直接問い合わせて頂いた方からその回答を頂きました。
以下その回答

伊吹山山頂公衆トイレは、し尿処理専用の施設として作られており、し尿以外の物を処理するようには作られておりません。
 山頂という平地とは異なる環境に設置しているトイレですので、その処理方法も家庭から出る生活排水等の下水処理方法とは異なり、雨水を利用した土壌循環処理方式となっています。
 今回、ラーメンの残り汁をトイレに流されたとのことですが、ラーメン汁には油分が含まれるため、トイレに流されることによりトイレの洗浄水配管や給水管、処理槽に付着し、ゆくゆくは詰まりの原因になるため今後はトイレに流さないようお願いいたします。
 伊吹山の自然環境を後世に引き継ぐためにも、食べ残しの汁等を出す場合は、あらかじめ持ち帰り用の容器を持参したり、汁を新聞紙に吸わせたり、汁を固める高吸水性樹脂を利用するなどしていただき、自身が出したごみは持ち帰るというマナーを守っていただきますようお願いいたします。

以上
最近立山でもゴミの置き去りが話題になっていましたが、今回の件も含めて山では持ってきたものは持ち帰ることは当然のことなので、山を綺麗に、楽しく登山できたらいいですね。みなさんありがとうございました。
回答2018年06月07日 10:18 (2018年06月08日 12:40更新)
基本的には汁は飲みきりますが、飲みきれなかった汁は高分子ポリマー(高吸水性樹脂 )を小分けして携帯していて、固めてジップロックなどに入れてゴミとして持ち帰ります。テント場やキャンプ場でもそうしています。
下記をアマゾンで買って使っていますよ。

http://amzn.asia/aynuKDu
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
ご回答ありがとうございました。参考になりました。
回答2018年06月07日 06:51 (2018年06月08日 12:40更新)
 昔々山のトイレは基本垂れ流しだったのでその辺で捨てるのと同じ。
 涸沢、上高地を流れる梓川はいまだに大腸菌たっぷりだそうです。
 (水洗式なら問題ないです)
 ・汲み取り式にしろ管理者に余分な費用と労力をかける。

◆´,里茲Δ聞佑方から、まともな登山者ならトイレに流すような
 発想自体が恥ずかしいのでしない。

捨てるのは一人でも、みんながやり出すと、その場所で何万人、
何十万人が捨てることになる。と考えると一人一人のマナーや
考え方、行動が自然に与えるインパクトになりうる。。と考えます。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
ご回答ありがとうございました。参考になりました。
回答2018年06月07日 05:02 (2018年06月08日 12:40更新)
こんにちは。
この問題、軽く考えれば「トイレならまし」「ダメ、全部飲みなさい」「ラーメン食うな」「白米を入れておじや風にして食べる」など思いつきますが(私は飲む又はおじや)、よくよく考えると難しい問題にも思えますね。
結局摂取した汁はやがて尿になるはずです。トイレが頻繁にあるような山であればトイレで用を足すでしょうけど、トイレがない、又は催してからすぐにはない場合には、私を含め多くの方は尿を持ち帰らず山に捨てていると思います。トイレの付近(山小屋?)で昼食をとったあと、すぐに尿になるわけではないため、尿意を催すのはトイレがない場所かもしれません。
「尿を山中に捨てる」vs「ラーメンの汁をトイレに捨てる」はどちらがよいのか。本当に前者のほうがましなのか、私には断言できません(私は前者ですが)。
さらに突き詰めていくと、大便をしたあとのトイレットペーパーはどーする(私は持ち帰ってます)、大便自体はどーする(とくに微生物が少なく自然分解に時間のかかる高所の岩陵。私は、山には申し訳ないが石の下に埋めてます)、山に入ること自体はどうなんだ、などと言った極論にもつながってきます。
それらの可否の線引きはどうすべきか。それを、登山者の常識に照らして考えるのが本当に正しいのか。人が許容する行為だからといって山(自然)がそれを許容しているかどうかは分かりません。一方で、山に入るとはいえ結局多くの登山は人間社会の範疇で行っているのだから登山界の常識を尊重するのも大事なことかもしれません。
また、各行為に関して自分のできる範囲のことをやろう、ということになるかもしれませんが、その場合、今回の当事者がラーメンの汁をトイレに捨てることが「自分のできる範囲」とする線引きは本当に許されないのか。
結局、正解なんてないのかもしれません。『よく考えた上で、自分ができる最善のことをする』が大事なのではないでしょうか。
登山者が何も考えずに又は軽く考えてラーメンの汁をトイレに捨てたのであれば、その方はよく考えて行動を選択してほしいところです。しかし、「少し後に尿を山に捨てる」よりは「いまトイレでラーメンの汁を捨てる」ほうがましと考えた上で(freesnessyさんから指摘されたから反論したのではなく当初からちゃんと考えた上で)、それが自分のできるかぎりの努力(例えば登山行程によっては下山までトイレを我慢する、というのも選択肢にあるかもしれません)なのであれば、その考え・行動を尊重してはいかがでしょうか。
(私は大便を持ち帰っていません。持ち帰っている登山者から見れば非難の対象かもしれませんが非難はされたくないなあ)
質問の回答になっていないにもかかわらず長文失礼いたしました。

追記:あ、「ラーメン汁をペットボトルで持ち帰る」という案もありますね。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
ご回答ありがとうございました。参考になりました。
回答2018年06月06日 22:24 (2018年06月08日 12:40更新)
 こんばんは。まだトイレに流すだけマシと言えばマシなんですが、結構よく見る光景の一つですね。個人的には残飯を「自然に還るから」という理由でそこらへんに捨てるのと大差ないかなと思ってます。
 「自分の庭やトイレに第三者が勝手に残飯捨てるの、どう思う?」ぐらいで聞いてみるといいのかもしれません。少なくとも私の周りの人はこれで改める人が多いです。

 「そのくらいいいだろう」が、食べ物の残りの内ならまだいいのですが、「これくらいいいだろう」になっていき、装備や準備の"手抜き"に繋がったりしなければいいのですが。
 生活技術、意識がルーズな人はいずれ大きな失敗に遭遇する可能性が高い気がします。登山の場合はそれが命に関わる確率が高いので、是非とも気持ちを改めてほしいところですね。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
ご回答ありがとうございました。参考になりました。
回答2018年06月06日 19:48 (2018年06月08日 12:40更新)
「山」そのものもそうですが「施設」は「第三者から」借りているもので
「利用者のモノ」ではありません。
利用者が「独断」で良いかどうか判断してはいけません。

また、不適切利用は自然公園法、軽犯罪法違反の恐れがあります。
これは、実刑および罰金刑で軽くはありません。
5 ポイント 役に立った
お礼 
ご回答ありがとうございました。
回答2018年06月06日 15:33 (2018年06月08日 12:41更新)
こんにちは
参考歴も浅くまだ初心者ですがとりあえず・・・

まず、そのへんに捨てるよりかは遥かにマシだと思います
が、トイレに流すことですがそのトイレがカートリッジで毎度ヘリで輸送となると
その汁の分コストがかかります
大勢のひとがやればやるほどかかります
バイオトイレもありますが塩分でその微生物が死ぬかどうかはわかりません
ただ、トイレに流すというのは想定外だと思うのでやらないほうがいいと思います

汁が飲み干せないのならお湯を少なめにするか
そもそもラーメンじゃなくて別のものを食べるかしたほうがよいかと・・・

と別の1点が気になりました「そのくらいいいだろう」この言葉
なんとなく汁以外にも登山以外にも何かやってそうな一言だと思います
もし、その人があなたにとって親友と言える人であれば間違ったことは間違っていると言ってあげるべきだと思います
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
ご回答ありがとうございました。参考になりました。
ページの先頭へ