また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ装備 > 3月 雲取山登山 靴について

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:装備

受付終了
緊急度 3装備
3月 雲取山登山 靴について
質問2019年01月27日 22:17 (2019年01月29日 08:28更新)
 今年の3月(いつかは未定)に1泊2日で二人で雲取山に鴨沢ルートで行こうと考えているのですが3シーズン用の靴(アイゼンあり)で行けるものでしょうか。解答よろしくお願いします。
*条件
私 (学生)
経験: 夏:燕岳〜奥穂高、金峰・瑞牆山、富士山 (2018のみ)
    冬:日光白根山、鍋割〜蛭が岳〜檜洞丸、北横岳、山岳会講習
装備:一般的に必要といわれている厳冬期用の装備を整えている
友人 (学生)
経験: 夏:槍ヶ岳、金峰・瑞牆山、富士山
    冬:不明
装備:本人曰く(現在詳細を確認中)ある程度は整えている。靴は3シーズン用
回答2019年01月28日 05:43 (2019年01月29日 08:28更新)
靴については先の方々が書かれている通りです。特にドカ雪でなければ6本爪軽アイゼンかチェーンスパイクでよいかと思いますが、山頂から雲取山荘までの下りはカチンコチンに凍結していてアイゼンが効かないこともあります。私も軽アイゼンをつけていながら滑って転倒してしまいました。十分に気をつけてください。
5 ポイント 役に立った
お礼 
回答ありがとうございます。雲取り山荘までの道は凍結等に特に気を付けようと思います。
回答2019年01月28日 01:42 (2019年01月29日 08:28更新)
こんばんは。
雲取山は地元なので主に冬季によく登っています。
3月は靴はスリーシーズン用で十分、山頂から雲取山荘への下りは軽アイゼンが必要な凍結あり、といった感じになるかと思います。
鴨沢ルートは日当たりがよい箇所が多く、3月は直前に降らない限り雪や凍結は少ないですが、直前に情報収集して、お気を付けてお楽しみくださいませ。

#お二人が冬に登られたことのある山よりも、雲取山は簡単かと思います。
5 ポイント 役に立った
お礼 
回答ありがとうございます。情報収集をしっかり行い楽しんで来ようと思います。
回答2019年01月27日 23:44 (2019年01月29日 08:28更新)
雲取山、今現在は積雪殆ど無いようだけど、3月の方が今より多いと思うので、積雪、凍結路はあるでしょう。ただし、鴨沢ルートはドカ雪直後の1番スターでないかぎりトレースはあるみたいです(昨年の12月、雲取山避難小屋で雲取山大ベテランの方が言ってました。降雪があると飛んでくるラッセルマニアもいるそうです、鴨沢ルートに限ってですけど。)。

3シーズン用の靴で問題無いと思います。冬靴だと重く固すぎてパファーマンスが落ちます。因みに冬の雲取山は日光白根山、北横岳より断然風が弱く温いです。(私なら)アイゼンも12本より軽アイゼン(6〜8本)とか、あるいはチェーンスパイクを選びます。

私は冬の南八ヶ岳一般ルート程度ならSIRIO P.F.730(セミワンタッチアイゼンに対応する3シーズンモデル)です。雲取山ならさらに軽いモデルを選びます。因みに昨年の南八ヶ岳、稜線で−21度(15mでガス)、今年は−16度(10mで晴れ)でしたがP.F.730でも全く冷たさを感じることはありませんでした。

雲取山程度なら足先の冷たさより(個人差があるのでなんとも言えませんが)、凍結ヶ所で滑って転んで怪我しないように、アイゼン等をめんどくさがらずに脱着することの方が肝要かなと思います。
5 ポイント 役に立った
お礼 
回答ありがとうございます。アイゼン等の着脱を怠らないで登山しようと思います。
回答2019年01月27日 23:04 (2019年01月29日 08:28更新)
 はじめまして。
 私は,雲取山には,年中,夜間登山を始めとして登山をしています。その観点で回答します。
 今年の3月は,今の気候状態のところ,残雪が多くない(あってもアイゼンがいらない)と思われますので,3シーズンの登山靴でも構わないものと思料します。
 また,貴殿の御経験からしても,仮に残雪が多くても,鴨沢ルートであれば,ラッセルで十分歩けるものと思料します。
 鴨沢ルートであれば装備について言及する必要はないでしょう。
 なお,雲取山荘のホームページで,雲取山付近の最新の情報を入手されるのがよろしいかと存じます。http://kumotorisansou.com/
 お役に立てば幸いです。
5 ポイント 役に立った
お礼 
回答ありがとうございます。最新情報を手に入れ、安全な登山を行いたいと思います。
プロフィールを拝見しましたが日本山岳会所属なんですね。実は私も日本山岳会学生部所属のものです。いつかお会いするときがあったらよろしくお願いします。
ページの先頭へ