また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ装備 > テントは買ったがテン泊してないって方いますか?

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:装備

受付終了
緊急度 3装備
テントは買ったがテン泊してないって方いますか?
質問2019年03月05日 03:03 (2019年03月12日 20:50更新)
テント購入を迷う私にエールをお送りいただきました皆様

ありがとうございました。

また、購入の際はこちらの質問箱に色々お伺いできたらなと思っています。

どうぞ皆様良い山行を!!!

ありがとうございました。

asakof




この質問箱は当初テント購入を迷う私が、できれば自分を諦めさせたく(テント購入をです)

買ったけどやめたよ、山小屋泊がやっぱりいいよって意見を求めて出させていただきました。

しかしながら、頂いたご回答は、後悔なんてしないよっていうポジティブな意見が勢ぞろい!!

楽しくて、何度でも読みたくなる名回答ばかり。本当にありがとうございました。

私は先ほどテントをポチッと(購入)いたしました。

しかし、まだテントだけ。寝袋も買わなきゃだし、買ったら練習だってしなきゃいけないし・・・

ご回答の受付はまだ締めません!!

よければまだまだお聞かせ下さい!!

↓下記が当初の私の質問でした。↓


「登山歴が6,7年という者です。

ソロか友人と2人で行くスタイルで北アルや丹沢、八ケ岳を一泊とか2泊で歩いています。

昨年の山行は特に暑く、山中とは思えないとお感じになった方も多かったと思います。

今年の雪の少なさからも夏の暑さが考えられますよね。

そこでテン泊という考えがチラチラ浮かんできました。

しかし、重さや色々購入しなくてはいけない点を含むとイマイチ踏ん切りもつかず

さりとて、欲しさも出てきて困っております。

お聞きしたいのは、結局買ったけど山小屋に泊まっているんだよねって意見。
(理由諸々)
あと、テント買って後悔って方の意見。

ネガティブ系の意見が聞きたいのですが、

もちろんテント買って後悔する訳ないじゃんっていう意見も聞きたいです。

ちなみに夏の山行中心で春は都内近郊の山しか登らない者です。
(昨年は蝶から常念の縦走,新穂から三俣,涸沢,燕岳の6泊でした。)

ぜひぜひご意見お願いします!」
回答2019年03月11日 11:07 (2019年03月12日 20:50更新)
asakofさん、初めまして。
既に前向きな皆さんの回答を見て、ウンウンと頷いているのですが、私のテントを買って後悔の経験を少し。学生時代から30年を超えての復活登山での経験です。
1.最初は山小屋泊りでも必要な超軽量ツエルトを買いました。
しかしながら幸いにも遭難や事故もなく実際に使用したことはありません。
2.ベースキャンプ周回登山用にやや広めの2−3人用テントを買いました。
快適に南アルプスの北沢峠、北アルプスの涸沢で設営しましたがこの2回のみ。縦走には重いのです。
3.縦走用に一人用超軽量半自立テントを買いました。
使用したのは1回のみ。半自立は張る場所を選ぶのです。
4.自立式超軽量シングルウオールシェルターを購入。
設営が簡単で軽く気に入っているが、FFの沢での宿泊に使用するくらい。
ここまで来たら重い天泊装備では山が楽しめない自分に気が付いてしまいました。笑
なんだかんだ4つも買ってしまいましたが費用回収するほどの宿泊をしていません。
この点が後悔かな。

まあ最近はテントは山小屋がないところでの宿泊の手段だと割り切っています。
体力のあるうちにいろいろ経験してください。その思い出が財産です。
お礼 
55akiraさま

メールが遅くなりごめんなさい。

色々経験なさっているんですねー

試していないテントがないぐらい(?)ではw

確かに費用回収もテントをするきっかけになったりもするけど、色々登山スタイルを考えて

変えていきたいものです。

あと、超軽量テントは確かに軽いけど、やっばり山には厳しいかもしれませんね。

私も選ぶ際にはもっと慎重にしなくてはと思っています。

ありがとうございました!!
回答2019年03月08日 22:18 (2019年03月12日 20:50更新)
asakofさん はじめまして。

盛り上がっているので、参考にはなりませんが、私の場合を書かせていただきます。
ニワカ登山者で山の経験は長くないジジイです。

私は渓流釣り(F・F)が趣味でテン泊を始めました
ソロでのテン泊など経験が無く、ひとけの無い山奥で一人テン泊など出来るのか不安でしたので最初は山小屋のある所(南アルプスの両俣小屋)にしました。
その後、釣りで何度かやってみると(今思えばいわゆる闇テン?)意外にも山奥のボッチ野営は不安を感じながら楽く充実した時間でした。
またその後、トレーニングのつもりで始めた登山にはまり、今や釣りは年1〜2回で山登りの方がメインになってしまいました。
気ままなテン泊に慣れてしまったので、小屋に泊まる方がハードルが高く、未だ営業小屋に泊まったことがありません。
そんな訳で、私は山小屋の無いような山域でのボッチ野営に魅力を感じます。
最近、避難小屋に泊まり、他の登山者さんとの会話など小屋泊もいいなと思い、今後テントが担げなくなったら小屋泊でと思っています。
山登りのスタイルは人それぞれと思いますが、テント泊へのチャレンジに拍手します。
やっぱりよせばよかったと後悔したとしても、チャレンジせずに後々後悔するよりも良いと思います。
asakofさんのテン泊のレコがUPされるのを楽しみにしています。
失礼しました。
お礼 
heinaiさま

キター!ボッチ野営。

回答ありがとうございます。

でもいま、ボッチ野営って、ソロキャンって事になるんじゃないですか?

ブームきてますよ!

わたしもド下手ですがF.F野郎です。

とてもではないですが、自然渓流でやれる技量とは、ほど遠く…

昨年新穂から双六目指したら、フライマンいらっしゃいました。
尺イワナ様がいらっしゃったとの事。

いいですよねー、テントしながら川沿い歩いて釣り!憧れで終わりそう(笑)

いまは、登山メインでソロテントされているとの事。山小屋、たまに入ってみて下さいね。ラク〜って本当に思うハズ(笑)

私も大好きな事にちょっとずつ広げていきたいなぁって思います。

クマさんにお気を付けて!

ありがとうございました!!
回答2019年03月08日 17:34 (2019年03月12日 20:50更新)
はじめまして、asakofさん。そんなにテン泊しない私ですが、

回答になってないですが、わたしは、人のいる小屋とかに泊まれません。
なぜかと言うと、疲れて寝るといつも魘されて周りに迷惑をかけるから。
妻もこれには何度もビックリしてまして。

暖かそうな小屋の食事とか憧れるんですけどね。
まぁ一人テン泊のほうが気楽でイイってのが一番ですわ。
お礼 
ttnakayan さま

回答ありがとうございます。

魘される▶うなされるって読むんですね…

山小屋だと、うなされる…

うーむ、何か、不思議なモノを感じていらっしゃる…??

それともお疲れ過ぎての体の反応なのか…

テントで御ゆるりとなさって下さいね。

ありがとうございました!
回答2019年03月08日 11:11 (2019年03月12日 20:50更新)
asakofさん、はじめまして。

本当に楽しそうな質問ですね。
思わず、投稿してみました。

私は3年前にテント、シュラフ、グランドシート、55Lザックを買いました。
テントマット、クッカー一式は以前から持っているので、これでテント泊ができると、練習登山で14kgくらい背負い、瑞牆山荘から金峰山のピストンをして、心も体も準備万端でした。

その後すぐに仕事が忙しくなり、敢え無くテント泊のモチベーションが下がり、時はあっという間に流れ残念なことに今に至ります。
ここで後悔が…。
大きなお金を払い、労力を費やしても、社会人で大人になると、自分の時間をすべて自分のために使うことができないという現状です。当たり前ですが…。

しかし、今年こそはと心機一転、年明けから体力向上、維持のために、時間があれば近くの山に登っております。現在、夢のテント泊に向けて邁進中です。

山ご飯の美味しさ、夜空の素敵さ、そして下山後の達成感をもう一度味わうために!
高校の時に山岳部だった一登山愛好家でした。
お礼 
shin0731さま

コメントありがとうございます。

わかります、わかります。

時間も体力も限りがあると言うこと。

だからこそ、です!体力はあるうちに!
時間は、、、サラリーマンの哀しい性かな、土日のみ!

しゃーないです。
劇混みだろうが、なんだろうが、頑張って行きましょう!

携帯で写した山の風景を眺め、
ヤマレコをガン見し
計画を立てても、台風がくる…

でもメゲずに行きましょう!

ありがとうございました‼
回答2019年03月07日 23:14 (2019年03月12日 20:50更新)
asakofさん、はじめまして。

色んな意見を聞いてみたいと言うことでしたので、今更ながら投稿させて頂きますね。

テント泊は大好きですけど、折角なので私の感じるデメリットを書いておきます。

その1:体力。
テント泊を楽しむにはテント以外にも経費がかかりますが、お金は出せば済みます。でも、簡単に賄えないのが体力です。日帰りでも月に3〜4回山に登っていればいいのですが、天気や都合でしばらく歩いてもないのにテントを背負うとバテバテです。梅雨明けなんかは張り切ってテント泊をしちゃうんですが、梅雨で運動不足が大抵祟ります。そして、結露や雨でテントが濡れるとさらに重いです…

その2:寒い。
真夏でもない限り、かなりかなり夜や明け方は寒いです。初秋でも氷点下。雪も降りますし、水も凍ります。地面から冷えます。有能な山マットでも人によっては冷えると思います。寒がりなので工夫してるうちに雪の上でも爆睡出来るまでになりましたが、寒さがツラくてテント泊が苦手な方もいるようです。

その3:風が脅威。
高山では風が脅威です。ヤバイです、テントもポールが折れたり、テントごと飛んでしまうこともあります。稜線の景色のよいテント場なんかは、その分、リスクが高いです。双六や白馬は風がヤバイです。

その4:ソロテントが流行りすぎて張る場所がない。
人気の山域ではテントを張るスペースが確保しにくいこともしばしば。八ヶ岳の赤岳鉱泉や行者小屋とか。テントって飛ばないように張り綱を石やペグって言うので固定してるんですけど、ぎゅうぎゅうで蹴っ飛ばしたりしてく人がいたり、人のテントの綱の位置を変える人がいたりするんです。この綱の角度や位置はとても大事なので他人が勝手に変えていいものじゃないんですけど、そういうことが起こります。ちなみにあまり張れないとでこぼこの場所に張ることになったり、水のたまったような場所しか残ってないこともあります。あと小屋スタッフから次の小屋にあるテント場に行ってください(2時間先とか…)などあるようですよ。

でも、こんなデメリットも上回る自由度があります。
お礼 
minislopeさま

コメントありがとうございます。

体力の事、よーく分かります。
昨年の暑さで相当バテました。
なので今年は山に行かずとも、長い距離を歩くようにしております。

天候のデメリットをお書きなってる方も多くいらっしゃるのですが、印象的なのは、マナー違反者のコメント。

山ですから、天候はしょうがない。
それも楽しんでこそ、ですよね。

だけどマナー違反は、、、
下界の喧騒、イライラ、変人(自分がそうでない事を祈るばかり)
から離れたくて、山に上るのに、残念ですよね。

私も気をつけて、山での出会いを楽しみたいと思いました。

ありがとうございました‼
回答2019年03月07日 22:16 (2019年03月12日 20:50更新)
はじめまして。
私の場合は、山小屋泊をするほど経済的に余裕がないのでテントを購入しました。山小屋泊3〜4回くらいで元を取れますから。
ですが、基本的に日帰り登山がほとんどなので今までテン泊したのは、槍ヶ岳1泊2日と燧ケ岳&至仏山の1泊2日の2回だけです。
昨年、鹿島槍ヶ岳&五竜岳を1泊2日で縦走した際は、テン場がないためやむを得ずキレット小屋に初めて小屋泊を経験しましたが、他の人が夜中にガサガサと荷物の整理したりして安眠できない状況でした。その点、テン泊は自分のペースで好きな食事もとれるし、気の合った者同志だけで語り合ったり飲んだりできるのでストレスが少ないです。
お礼 
kattobiさま

コメントありがとうございます。

日帰り登山多めとのこと。登山タイプは皆様それぞれですよね。

ただ、山小屋かテントか選べるとまた、幅が広がりますよね。

色々楽しめたらって思っております!

ありがとうございました!
回答2019年03月07日 20:24 (2019年03月12日 20:50更新)
テント泊はよく行っていますが、ご希望のネガティブ意見を書きたいと思います。

まず費用、テント以外にもシュラフ・シュラフカバー・マット・照明器具・火器など、必要な費用はキリがありません。年に一度程度しか使わないなら小屋泊の方がリーズナブルのように思います。
山から帰って幕営装備のメンテナンスも必要で、テントなど汚れを落として乾燥させ、ノンビリとやっていると丸一日かかったりします。小屋泊ならもう一日余分に歩けるのかな?なんて思います。
テント泊だと基本的には自炊なので、百間洞のトンカツも、赤岳鉱泉のステーキも食ったことありません。
夏場のテン場だと人は多いですが、ほとんどの人は自分達の世界に浸っているので、他人と触れあいたい方には小屋泊の方が向いているでしょう。

それでも私はテント派ですけどね。
お礼 
off roaderさま

コメントありがとうございます。

えー!赤岳のステーキ食べてない!?

もったいないなぁ(笑)

費用はかかりますよねー。山を始めた時もザックとか靴とかって、、いやーかかるなぁって思いましたが、そんな比ではありませんね。

評判のマットは2万なんぼだし、シュラフも寒いの嫌だからー、、なーんて考えたら

夏のボーナスを待つ前に飛んでいきます(笑)

でも、いいですよね、テント。

働いているうちに買いますわ!

そして人生を楽しみたいです。

ぜひステーキ食べて下さい!!

ありがとうございました!!
回答2019年03月07日 13:44 (2019年03月12日 20:50更新)
こんにちわ、sari-paAと申します。
皆さん、いろいろ仰ってますので、多分重複するかと思いますが、まあ、私の場合はこんなです。
テントは、山用の一人用テント(窮屈ですが二人までOK)10数年前に購入。今まで20回ほど使用したから、まあ小屋素泊まりの金額と比較すると元は取れたかなぁ、と。
ただ働いている時は、アルプスなど小屋のある場所では小屋素泊まりで登山してました。定年になってから収入が乏しいのでテント泊してますが、天気悪そうな時、体調悪い時、小屋泊りに即変更です。

避難小屋があったら避難小屋に泊まりますよ。避難小屋で、もし変なオッサンと二人きりになったら…何て妄想しませんし、できません。だって今までそういう小屋で出会った方達、いい人ばっかりですから。

小屋素泊まりとテント泊の時の重量の差、ほんの2kgほどです。まあ、テント泊の時はシュラフとテント、小屋泊りの時はツェルト持参なのでそれを相殺するとそうなります。重量的にはあんまり変わらないでしょう!問題は天気!!です。
それに疲れ切って到着したときに、そこからテント設営できる体力・精神力があるかどうか…。私はダメです、そんな時は即、小屋泊まりです。

show imprezzaさんが仰っているように、近場の登山口とかでテン泊、経験するの、いいと思いますよ。それと、日帰りできる山にテント持って行って一晩のんびりする、なんて楽しいです。1,2泊なら(私の場合)重量10kgほどです。

どうぞ楽しい想像、いろいろと迷ってください、ネ!!
お礼 
sari-paAさま

コメントありがとうございます。

小屋泊とテン泊の重量差が2kって、、ほぼ変わらないんですね。

私もsnow imprezzaさんのコメントみて、近場の登山口でテント張るのいいかも!って

思いました。

あと、しらびそ小屋とかね。ノーンビリと池眺めながらコーヒーなんて・・

山頂直下でテント張るのも楽しみではありますが、そういうのもアリですよね。

あと、疲れとか天候で変えていくつもりです。

やっぱり楽しみたいですもん。

ありがとうございました!!
回答2019年03月07日 08:59 (2019年03月12日 20:50更新)
テント泊って、テン場を見るとカッコいいですが、実際にやるとでは
大違いですね。
ちなみに行動2名なので3名用エアライズがメインです。

うちらは、山小屋もテントも民宿も『泊まる術』としか考えません。
なので、時期的にテントでは激寒い時期は山小屋連泊もするし、
涼しい時期は、山小屋、テント、山小屋となるパターンもあります。
さらにさらに、テント2連泊では、初日テント寒すぎ(水が氷るので)なので、
二日目山小屋と、プライド関係なく(?)無事な工程に変更します。

昔は、持っていきたいもの全て持っていき、ボッカ的な重量になったことも。
でも今は3泊程度なら、二人共50Lザック以下で行動します。
装備は必要性から15kg程度に収まっています。
ほぼパンパンですが。
テントは布地なので工夫したら、意外と小さくできるし。
結露で重くなるのは仕方ない。濡れたテントを再建するのは面倒かな。

重いザックを(他人から見た目で)重そうに担ぎ運ぶのは、
やはり、その人には無理があるでしょう。
楽しく歩ける(運べる)技量と体力が備わってからの方が、
テント泊は楽しくなります。
日帰り登山で数キロザックでなく、10kgザックに慣れておけば、
多少とも肩に掛かる苦痛にも(?)慣れますし。
話題とそれちゃいましたが、テントはいいもんですよ。
お礼 
koshiabura331さま

コメントありがとうございます。

「泊まる術」。ガッテンです。

なんとなく、テント買ったら最後、絶対いくぜみたいな感じになってたんですよ・・

私も自分の体力を鑑みながら楽しんでいこうと思います!


ありがとうございました。
回答2019年03月06日 21:13 (2019年03月12日 20:50更新)
こんばんは。楽しい質問なのでにぎわっていますね!

テント泊で嫌だったことは
・うるさい団体がいたとき
・テント場が混雑していて張る場所の確保が大変だったとき(主に夏の北ア)
・うっかり全開で昼寝したら、虫刺されがひどかったとき
・夜中に強風にあおられ、テントの壁が50僂らい迫り続けているとき
・夜中の強風が轟音でうるさいとき
・撤収時に激寒いとき
・撤収時に雨が降っているとき
・雪が降る中ダブルウォールのテントを張るとき(シングルウォール欲しい)
・荷物が重くて急登が辛すぎるとき
・夏に昼頃テント場について、暑くて居場所がないとき
・フライシートが凍っていて、なかなか霜が取れないとき
・地面が微妙に平じゃなくて隣に寝ている友人がマットごと滑りどんどん迫ってくるとき
・結露でテント重くなって、食料が減ったはずなのに往路より荷物が重く感じるとき
・風下にテントの入口を向けたはずなのに、夜の間に風向きが変わって東からの強風になって、撤収時にテントが吹き飛ばされそうになったとき
 (咄嗟にテントの中に体を置いたままポールを抜いてテントを潰し事なきを得た)

それでも、大自然に直接身を置けるテント泊が好きなのですが!

asakofさんがテント泊にハマるかどうかは、買ってみてのお楽しみ?
何事もやってみなくてはわからないので、個人的にはお勧めします(^^
お礼 
highlandcamperさま

コメントありがとうございます。

我ながら皆さんのツボを刺激するいーい質問したんだなって(笑)

何度も皆さんの楽しいコメントをスクロールしてニヤニヤしております。

お友達がマットごと滑り迫ってくるって!(笑)それ困るし!!

そして本当に楽しそう。なんていうか、、いやよ,いやよも好きのうちってやつですかね?

買うのもなかなかの勇気なんですけど、なかなかネガティブな意見が出なくて本当にびっくりなんですよ。

「私はこれでやめました」みたいな意見がいっこもない!

まぁ、そういう人はヤマレコ見ないかもしれませんけどね。

楽しいご意見をありがとうございました!!!
回答2019年03月06日 20:43 (2019年03月12日 20:50更新)
asakofさん、こんばんわ。はじめまして。
自分は高校生のときは山小屋泊で大学では天泊でした。登山は大学時代で終了し、5〜6年前から軽登山を再開しました。

自分の考えも、matts0220さんとほぼ同じです。天泊にも多々すばらしい点はありますが、
asakofさんの山行泊は年間1週以内ですので宿泊代はかかりますが山小屋泊が良いかと思います。自分も山小屋で1畳に2人で寝かされた経験や、黴臭い湿った布団で寝たことはありますが、天泊の、重い、食事つくるの面倒、寝床の悪さ、トイレどうする、を考えますと、(還暦も過ぎますと)現時点で天泊する元気はありません。今年、およそ45年ぶりの山小屋泊を計画してます。

大学時代は夏合宿だけで連続10〜14日滞在しますので山小屋泊ですと大変な金額になりますし、行動時間が一般の方と異なりますし、冬山になりますと山小屋は利用できませんので天泊しか選択枝がありませんでした。

自分が山小屋や天泊をしたのは、40〜45年前になりますので、装備や山小屋も変化してましょう。自分の考えは今の時代に合っていないとも思えます。どなたかが述べていますが、天泊セットのレンタルがあればそれで一度お試しになられるのが良いかと思います。
お礼 
fujikitaさま

コメントありがとうございます。

45年ぶりの登山。約半世紀ですね。

私が登山を始めてまだ6,7年ですが、すでにアイテムの数や種類、素材全てにおいて

変わりました。


そういう時勢の中で山だけが変わらないっていうのが素晴らしいです。

何百年経ってもそのままであって欲しいと願うばかりです。

さてわたくしのテントの件ですが、悩みつつもとりあえず買っちゃおっかなって方に傾きつつあります。

確かに年間一週間ばかりの宿泊数ではありますが、山小屋もテントも楽しみたい様にしたら

いっかって(笑)

A型なんですね,わたくし。石橋を叩いてしまうのです。

ありがとうございました。どうぞ素晴らしい山行を!!
回答2019年03月05日 22:53 (2019年03月12日 20:50更新)
はじめまして
テントを5年位前に購入して2回しか使っていません
最近でも二年前です笑
テントの購入のきっかけは、山小屋の激混み宿泊でした
布団一枚で2名というスペース
山小屋の一畳は平地の一畳よりも狭いのでとても寝ることができませんでした
そのときに、テント泊しかないと思いテントを購入しました
山岳テントなので軽めですが高かったです
オートキャンプなら、どんなテントでも不安はないのですが。。。
それで、ワクワクしながらテント泊をしました
最初が立山の雷鳥沢です
近くて便利ですが9月の10日くらいでしたが初雪を観測
寒くて寝られなかったです
この結果、寒い、重い、眠い、ご飯が面倒ということで
小屋泊に戻りました笑
次の二回目が西穂山荘です
ここは登山口から近いので快適なテント泊ができました
ただ、それを最後に小屋泊ばかりしています
やっぱり、疲れているのでバタンキューになってしまうからですね
ただし、最近は平日の小屋泊ばかりで土日の小屋泊は定員のあるところに限定しています
とここまではテント泊、辞めた感じになっていますが
実は、今年、軽量のテントを買ってしまいました笑
今年は、もう一度、テント泊にチャレンジしようと思っています
山登りは色々なスタイルがあるので、色々と楽しめればよいかなと思います
asakofさんも、自分のスタイルをみつけてください
最後にテントは高いので一瞬、後悔したかもですが
それで経験できたものはプライスレスだと思いますよ
お礼 
matts0220さま

待ってました! このコメントを!!

テントの4重苦(笑)により一度お止めになったんですね!

そして再度のチャレンジ?!

んー。止めたけど、やっぱりやりたくなるものですか!?

アイテムの購入はトライ&エラーなのは承知していますが、確かにテントを買うって

結構な出費になりますよねー

コメントを下さった皆さんもそうですが、いい事ばかりじゃないよっていう部分を

楽しんでいらっしゃる。

後悔も悪天候もテン場の変人も経験。

なんかすごいですよねー。

人生観・・に繋がるのかな。豊さが増すのかな。

か、買うかもです・・

ありがとうございました!!
回答2019年03月05日 19:05 (2019年03月12日 20:50更新)
(*´Д`*)
私も追記します。
人の少ないテン場ではお互いのテントがそこそこ離れてるせいか、安心?してうるさくする人がいたりします。
しかし混んでるテン場でもやはりうるさい奴はうるさいです。
ちょっとしゃべってるだけのつもりでも、テントは丸聞こえですから。
顔の見えないテントの中では無法地帯という面は確かにあります(泣)
まぁ山小屋でも夜中にしゃべってる奴いましたが。
あと、外国人パーティは常識が違うのか、夜12時まで音楽かけてたりしました…

テントでは時間の融通がきくので早出する人が多いですが、真夜中の2時3時にお祭り騒ぎで撤収するパーティも…

(T_T)
それでもテントに罪はありません。
夜中の雨風は相当怖いですが、ちょっとやそっとではテントは負けません。(当たり前)
まぁ天気と同じで、変な人に当たる可能性は考えておいた方がいいかも。
お礼 
imoneeさま

ありがとうございます!

星を見に外に出ると案外騒がしかった気がします。

テントから出てベンチで宴会しているグループもいて、大丈夫なのかなって思いました。
(確か常念)

山小屋だとそれはできないからいませんよね。

考えものです。

下界の変人疲れを癒しに山に上がるのに残念ですよね。

でも、テントには罪なし!

ありがとうございました!!!
回答2019年03月05日 17:41 (2019年03月12日 20:50更新)
初めまして。
同じ女性として、参考になるかはわかりませんが私の場合はです。

昨年の9月終わりに初めてのテン泊を経験しました。
この時はする必要があってテントをポチ。
急いで友達に張り方を教わり1泊の縦走に出ました。
その場所には無人の山小屋があり、軽量化重視だったら小屋を利用すれば良いのですがそこは女性ならではの悩みも。
自分ひとりだとその小屋自体が不気味。
その混雑が男性ばかりだったら着替えはどうするか?(男性の方々ごめんなさい。逆パターンもありますよね。)
ちょっと怪しげな方と二人きりだったら・・(ごめんなさい!)
などなど、考えだしたらきりがなく、それならテントしかない!ってことで。
もともとテン泊にも憧れていましたので。

ただ、現実は厳しいものでしたよ。私を含めてたった6張でしたけどね。
テントって無法地帯のようなもの。自分だけの世界ですから。
山小屋のように注意されることもないから個々が自由なんですよ。
夜中だろうが何だろうがカチャカチャとクッカーの音がするし、おならを連発して喜んでる夫婦もいたし、トイレに行く人の足音がドンドンと響くし。
あ、イビキは仕方ないと思ってますよ。皆さんお疲れですから。

人に話したらそんなテン場は珍しい、普通はマナーを守るものだと言われました。
場所によるのですかね?
その事があって、山小屋には山小屋の良さがあると再確認した次第です。
どうですか?ネガティブすぎますかね?

テントに泊まること自体は困らなかったので、これで止めるつもりはないです。
ただ、場所は考えちゃいますね。
全くの一人で獣の息を感じるのも怖いって聞きますけど・・(笑)
お礼 
chatraさま

コメントありがとうございます。笑ってしまいました。

おならを連発して喜んでいる夫婦???

いったいどちらに行かれたんです(笑)?!

わかります、無人の小屋。私は怖くて泊まれません。

無人の小屋に泊まるぐらいなら私もテントに入ります。

そしてこういう意見聞きたかったんです。でもテン泊はお止めになるという判断には至らなかったんですね。

そうか、そうなんだー。

私もそうなるんだろうか。

もっといるかと思っていたんですよ、買ったけどぜんぜん行かないって話。

ゴルフのクラブ買ったけど行かないとか、ボード買ったけどもう数年行ってないから滑れないとか、珍しい話じゃないですよね

でもまだ山では出てこないんです。

すげー!!

ありがとうございました!!
回答2019年03月05日 15:41 (2019年03月12日 20:50更新)
asakofさん、こんにちは。

北ア、八ヶ岳あたりは基本的に山小屋の隣にテン場があり、お金さえあれば飲み物に食料が買えて悪天候になれば山小屋に逃げられるテントごっこ。特に醍醐味もなにも無いので現状維持が良いと思います。丹沢でテントの出番は無いでしょう。

>今年の雪の少なさからも夏の暑さが考えられますよね。
晴れたら北アでもテント内は超暑いですよ。山小屋みたいに早めに到着したからゴロっとしてなんて無理で暑くて中には居られません。逆に雨は言うまでも無く悲惨です。

宿泊者にはニコニコ対応なのにテン泊には塩対応の山小屋も少なくありません(笑)

ロープウェイがあるのに歩いて登る、オートマ車があるのにマニュアル車を選ぶ、スマホが普及してGPSが簡単に使えるのに地図とコンパスを愛用する、など趣味の世界なので好きじゃないなら今年は現状維持でテン泊をしっかり観察する年でも良いと思います。

とネガティブ系ですが三斗温泉でもテン泊する愛好者でした。
お礼 
Leviathanさま

辛口意見をありがとうございます。

確かに「ごっこ」と切ってしまえばそうかもしれませんね。

テン泊に塩対応も昨今耳にします。

山小屋で登山客がお金を落とさなくなった為に整備もままならなくなってきたというニュースも見ました。

色々課題があり、また楽しむためにもそれぞれが大人になる必要があるんでしょうね。

三斗温泉、私も行きました。いーい山小屋でした(笑)!!

ありがとうございました!!
回答2019年03月05日 13:36 (2019年03月12日 20:50更新)
asakofさん、こんにちは

テント買ってテント泊しないなんて
重くて大変で張るのに苦労しても何だか楽しい達成感が味わえますよ。
自分が購入した時は半年ぐらい雑誌やネットで調べて今のやつを選びました。
それでも実際にテント場で他の人のを見ると
あぁやっぱり、こっちの方が良かったかなと思うけど
使ってれば自分のに愛着が出て来るもんです。

テント泊はしないの逆はありますよ。
天候が荒れたとかテント場一杯で張れないとか
重い荷物を背負った来たのにとか

先月なんて丹沢縦走しようと
この辺りはテント場がないから小屋泊まりなんだけど
テント装備一式を背負って縦走しました。
全くバカですよね。
単に背負って歩きたかっただけなんですけどね。
軽装で歩くより達成感大って感じでした。
お礼 
Bombersさま

コメントありがとうございます。

あはは、テン場ないのに背負われて縦走なさったとのこと!お疲れさまでした。

でもねーなんかわかります。

背負って歩きたかったって気持ち。すごく温かい言葉です。

山って不思議ですよね。

私は夏になると夜、竹橋からアルペンに乗って行くために会社にザツクを背負って出社するんですけど

もちろん仕事しているんですけど、スイツチはいっちゃうんですよ。

ザック背負っちゃったから(笑)

山に行かない上司からはなんでそんな重いもの背負ってって言われますけど・・・

うふふ、楽しくなってきました。
我ながらいい質問したなって思っています。

ありがとうございました!!
回答2019年03月05日 13:28 (2019年03月12日 20:50更新)
 もともとテン泊をしながら釣りに興じていたので山を始めた時からテン泊でした。皆さんも書かれていますが、自分の空間ということでとっても落ち着きますし、夜中に星空を撮りに出る時もあまり気兼ねがないという良さがあります。ただ、荷物が増えて重くなるのは否めません。年齢と共にいつまで続けられるか・・・
 最近は雪山テン泊もしたくて準備を進めているのですが、まだ、実行できていません。これができる様になると、雪山の行動範囲も広がりそうです。
 小屋泊には小屋泊の良さがあり、テン泊にはテン泊の良さがあるので、1週間ほどの縦走では両方を併用しながら歩いています。
お礼 
todora5502さま

コメントありがとうございます。

私も知り合いに釣りをしながらテン泊している人がいます。釣りの人は荷物も多いですし

テントの中に荷物を置いて数日釣りに興じるにはもってこいなんでしょうね。

雪山にも挑戦なさるとのこと・・私にはハードル超高ですが、instaに投稿されているものを

見ると、こんな世界に入れるのならと思わずにはいられません。

確かに小屋泊もテン泊もそれぞれに楽しみも便利さもありますよね。

ありがとうございました!!
回答2019年03月05日 11:28 (2019年03月12日 20:50更新)
(^ー^)
諸事情により最近はテン泊出来てなくてもやもやしている者です。
テントにネガティブな要素なんてあり得ない!
隣りのテントが五月蝿いとかそういう面は山小屋と同じですが、
混雑しててもパーソナルスペースが確保できることは大きな利点だし
図々しいけどより山に近くなってる気がします。
ファスナーを開ければすぐに星空が見えますし(^∀^)♪

重い・デカい(リュックが)・寒いの三大デメリットも
テン泊愛好家にはメリットにしか思えません。
山はつらいほど楽しいものですし(←よく言う)

強いて言うなら、夏〜秋は混雑しすぎて張れないことがあるかも、でしょうか。
スペースが決まってるテン場でなければ大丈夫だとは思いますが、
私は歩くのが遅いのでいつも心配でもやもやします(汗)
たまに「ここで張っていいの?」と思う場所で張ってる人がいて
それももやもやしますが(笑)

私はテントを購入してから実践するまで一年以上かかりました。
道具を買い揃えるのに時間が必要なのもありますが勇気が出なくて…
初めてのテン泊登山は常念岳でしたがとても辛くて
「もう二度とイヤ!」と思いながら
1ヶ月後には
「テン泊したい…」と恋焦がれるようになって、
それ以来、病み付きになってしまいました。

私も「テント買って後悔」とかネガティブな人の意見があったら
むしろ聞いてみたいです(^皿^)
お礼 
imoneeさま

コメントありがとうございます。以前もいただきましたね!!

実践まで1年を要したとのこと、、私もたぶん購入したらそうなると思うんです。

山の夜中の風や雨音を何度も耳にしていて「山小屋でよかった~」なんて何度思ったか(笑)

でもね、何度となくこんなところでテント張ってゴロリと横になって・・

徳澤でキャンプしているおじさまがお一人で大きなお鍋でご飯を召しあがっている姿も忘れられません(笑)

そうか、ネガティブな要素はないのか・・・

うーん悩む悩む!!

ありがとうございました!!
回答2019年03月05日 11:26 (2019年03月12日 20:50更新)
こんにちはー、
自分はテントを買って泊まりはテント泊しかしてないです

ネガティブな意見を所望とのことなので大変だったなぁという感想を
・重い
自分は一人山行なので「衣食住」全て持っていくようにしてます
お二人ならテントと食料を分けたり等共有するものは分担するとかで軽減できるかも(やったことないので想像です)
・忘れ物
去年の山行でシュラフマットを忘れるという失態をしました
ツェルトを敷いてなんとかしましたが、これが食料だったら即下山だったと思います
事前の点検では外付けするのも大事だなぁと
・天候
テント張るときに強風だとなかなか手間取ります
テント内に重りとして石を置いたら擦れて穴が開きましたw
リペアシートで補修しました、失敗は成功の素と思ってます
あと夜中の悪天はなかなかスリルがあるかと
自分は(飲酒すると)トイレが近いのでテントからトイレまで焦ります、雨だとレインウェアも着なければ・・・
・時間
人気のテン場だと到着したらいっぱいだった
とかあるかと
幸いまだそのようなことにはなってないのですがお盆に冷池山荘に到着したら(14時前だったかな?)もうテントのキャパに匹敵するくらいのテントに・・・
燕岳や秋の涸沢とか早めに到着というのがきつかもしれません(土日や連休とか)
平日だとそれほどでもないと思います
・テントでも音は気になる
地面に薄い布でしか空間は区切られてないので数メートル離れたお隣さんの話し声とかも・・・
まぁ寝ちゃえば気にならないです

とかこんなことあったなぁ的に書きましたが
住む場所も食べ物も、着るものは小屋泊でも変わらないかもですが
全部背負って山登りは達成感があると思います
失敗したり後悔したりも次の山行に活かせるのならそれも無駄ではないですし
普段の生活だと辛かったけど楽しかった!ってのはなかなか味わえない
むしろ学生時代に戻ったかのような気持ちにも

とりあえず涸沢だとレンタルテントしてたのでお試しに体験してみるというのも
あ、一番のネックは初期費用がかかります(あと、あれも欲しいこれも欲しい病になります)
が、一番のメリットは食事合わせて1泊2000円くらいにお安くなることですね

よい山行を!
お礼 
marukazuさま

ありがとうございます。

忘れ物・・怖いですね。気をつけたいものです。

学生時代に戻るって・・よーくわかります。

何か純粋に楽しんでいる自分に出会えるんですよね。

私はいつも山でニコニコしている方たちも下山すれば朝の満員電車でイライラしている人に
変身しているんだとしても・・素の自分を取り戻す貴重な、いっ時なんだと思っています。

そう思うと登るだけじゃない楽しみが持てるのが「テン泊」なんでしょうね。

うーむ・・どうしよ・・迷うなぁ(笑)

ありがとうございました!!
回答2019年03月05日 09:24 (2019年03月12日 20:50更新)
少し古いのか重たいです。又、価格も山岳用テントは高いですね。
テント泊で安心して余分に食料を持参し、寝袋等と要領が悪く重たくで健脚でもないので行程時間がかかり疲れも倍増しました。
 テントなしで山小屋泊まりでしたら楽々行程になりました。
と言いながら昨年はテント持参し行きました。
リックは数万するのはやめて約2500円の安物リックにしましたら2キロ軽減でき、これでテント重量分がなくなりました。但し、安物リックは肩に食い込むのでスポンジ等で対応しました。
 山小屋では隣のいびきがうるさく、こちらも迷惑かけているかも・・・。
やはりテントが良く眠る事が出来ます。
 熊本地震では余震が多く、公園でテント泊しました。周りには数十台の車中泊です。 山の装備があるのでこの時は心に余裕があり普通に暮らせました。
 
お礼 
yamaumihito さま

熊本地震の際は大変でしたね。

ご経験談併せ、ありがとうございます。

重さは課題でして、縦走したい、軽めにしたい、という願望強しです。

買うとしたらやはり軽め重視で行きたいと思ってます。

イビキはですね、やはり山に来て合唱聞いちゃうとガッカリでして。

健康ランドの仮眠室に来たんじゃないんだから、と不満も(笑)

山でゆっくり眠る。憧れです。

ありがとうございました。
回答2019年03月05日 08:48 (2019年03月12日 20:50更新)
こんにちは。登山に限らずテント泊というかキャンプが大好きな者です。

登山口から何時間も歩いた先のテント場でしかテントは張らない、とお考えなら、テントの出番は多くなさそうですね。
春は都内近郊の山にしか出かけないのでテント泊(泊まり登山)はない、というお考えはチョットもったいないかと。登山前、下山後にキャンプしてみませんか?

奥多摩なら氷川キャンプ場、瑞牆山ならみずがき山自然公園キャンプ場、甲武信ヶ岳なら笛吹小屋キャンプ場、丹沢なら道志村キャンプ場銀座など、首都圏近郊の山々でも登山口に近い場所にキャンプ場がたくさんあります。
林間キャンプ場の新緑や紅葉も素敵です。焚火を見つめながら過ごす夜も。
自然の中に身を置くことがお好きなら、一度ご経験されることをお勧めします。
失礼しました。
お礼 
show imprezeさま

ステキなご回答ありがとうございます。
これから苦手なクライアント先に行く私の心は、焚き火と森の匂いを思い出させてくれました。
そうですね、下山後のキャンプ…
思いも寄りませんでした。

やはり、テント…
奥深し…

ありがとうございます😊
ページの先頭へ