また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ装備 > 張り替えたビブラムソールはどのぐらいもちますか?

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:装備

回答受付中
緊急度 2装備
張り替えたビブラムソールはどのぐらいもちますか?
質問2019年05月15日 21:18 (2019年05月17日 23:06更新)
初めまして。
ビブラムソールを張り替えるのがお徳か、新品を買ったほうがいいのかを考えています。

実は、2年ほど前にビブラムソールを張り替えました。そのソール自体のすり減り具合はまだ、2年なのでまた使えそうなのですが、張り替えたソール自体のアッパーへの接着部分が少し空きができだしました。

このままいくと登山中にソール自体が剥がれてしまうのではないかと心配しているのですが、ソールの張替えというのはこんなものなのでしょうか?

2年ほどしか持たいないのであれば、次回から、新品を買ったほうがよかったかなと思っております。皆様の経験談を教えてもらえると助かります。

よろしくお願いいたします。

追記
靴はLowaのカミーノという靴です。
https://www.lowa.de/produkte/outdoor/trekking/details.html?Artikel=CAMINO_LL&ArtikelNr=210461_9720&L=0
山行き、2、3回に1回、洗ったり保革材入れたりしています。

ソール(ゴムの部分)とアッパー(皮の部分)に隙間ができてきました。リソールから2年ほどで剥がれてくるものでしょうか?という意図の質問です。
回答2019年05月17日 08:46 (2019年05月17日 23:06更新)
こんにちは。

「ソール自体のアッパーへの接着部分」というのはラバーランド(ランドラバー)部の事でしょうか。
(ソール自体で無く、登山靴の繊維や皮の部分を覆っているものです)

最近の登山靴は軽量化に伴い、脆弱化してしまいました。
そこで傷みやすい箇所をゴムで補強するラバーランドが主流となっています。

私の経験ですが、ラバーランドは1度張替してしまうと、直ぐに剝れてくる傾向があります。

この手の靴を使うコツは、1度目の張替まで出来るだけ引っ張る事でしょうか。

状態が分かりませんが、一般的には張替後にラバーランドだけが剝れて来たなら、即ソール剥がれに直結するものではありません(使用した靴の生地にゴムが付きにくいだけで、ソール面とソールの接着力は別です)。
家内もこの手の靴を張替して使っていますが、ハードな使い方が祟ってか、二年どころか4か月でラバーランドが剝れて来ました。

買い替えは、ラバーランドはあまり気にせず(家内などはセメダインで引っ付けて、張替後、3年以上使用しています)アッパーの傷み具合や防水性で判断すれば良いかと思います。

ゴアテックス、とうたっている靴が多いですが、実は殆どは「なんちゃってゴアテックス」です。
ゴアテックスはアッパーの部分だけでソール部が無く、靴のソール面にそのゴアテックスを張り付けているだけです(完全に靴下型なのはモンチュラや高級冬型モデルの一部のみです)。

靴が老朽化したり張替が悪いと、このゴアテックスとソール部の接着が剥離して水が染みて来ます。

これが一つの基準でしょうか。

当方は、重荷を背負う事や雪山・藪山中心なので、昔ながらの強靭な出し縫いの靴を使用する事が多いです。
スカルパのミラージュというモデルなどは、張替前に生地が藪やワカンバンドなどで擦れたうえ、雪山でもしみるようになったので張替前に引退してしまいました(一番の新参者が最初にリタイヤです)。

私でしたら、現在の靴のソールがまだ良い状態で防水がしっかりしているなら、その靴は使っちゃうと思います。

次回からの話ですと(私ならですが)、
。渦麑椶禄侏茲襪世碓っ張る。
期間が長くなるのでアッパー等が傷んでいたならもう買い替え。
そうでもなければ、張り替えて(ラバーランドの剝れは容認して)使用する。
い燭世掘張替を意識し始めた頃に掘り出し物があれば、すっぱり買い替える。
て、ところでしょうか。
お礼 
丁寧な長文の回答をありがとうございます。

ラバーランドではないです。該当の靴はラバーランドは靴を一周しておらず、つま先と踵に分かれています。そのラバーランドが無い部分でソール(ゴムの部分)とアッパー(皮の部分)の間に隙間ができてきました。
この隙間が広がっていくといつかソールが剥がれるという事態になるんだろうなと思っております。

2年ほどで剥がれてくるなら、リソールせずに新品を買ったほうがコストパフォーマンス良く、リソールの意味ないなと思う次第で、皆さんの状況をお聞きしました。

1回目を引っ張ること、ラバーランドの剥がれは容認すること、参考になりました。
ラバーランドも剥がれてきた靴もあり、登山用品店に勧められてシューグーで貼ったりしていますが、すぐに取れてきてます・・・(笑)。
回答2019年05月15日 23:21 (2019年05月16日 21:54更新)
Motoi001さん、こんばんは。

どちらのメーカーのどんな靴を、どういう風にお使いになっているのか分からないご質問ですので的確な回答になるか分かりませんが、キチンとしたメーカーの革製登山靴をちゃんとメンテナンスしながら大事に履いていらっしゃるのであれば、リソール2回は十分行けるのではないかと思います。
GoroS8と、大昔に双葉のカモシカを履いていますが、2回目が出来ないというようなことはありませんでした。Goroの親父さんの話だと最近は接着剤が強くなりすぎて3回目は難しいかも・・・・とのことでしたが。
但し、普段の手入れがされていないとか、初めから良くない靴を選んでしまったのであれば何とも言えません・・・・

また、ビブラムソールと一口に言ってもGoreTexなどではアッパーの傷み具合で変わると思います。
最終的は判断はご自身になりますので、信頼出来るショップの方に状態を見てもらって相談して下さい。
お礼 
fireboltさん、ご回答ありがとうございます。

靴はLowaのカミーノという靴です。
https://www.lowa.de/produkte/outdoor/trekking/details.html?Artikel=CAMINO_LL&ArtikelNr=210461_9720&L=0
山行き、2、3回に1回、洗ったり保革材入れたりしています。

一度、登山用店でリソールしてもらっていますが、あと1回はリソールできるだろうという話でした。

ただ、今回、質問させてもらったのはこの1回目のリソールが2年ほどでソールとアッパーの間に接着剤が取れてきているところがあり、2年ほどしかもたないんなら新品を買ったほうがいいんじゃあ・・・という疑問からでした。

接着剤、強力になってきているのに剥がれてる部分があるっていうのはリソールやってもらった店が悪かったのかもですね。
ページの先頭へ