また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ装備 > 登山中の蚊取り線香の使用は有り?無し?

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:装備

回答受付中
緊急度 2装備
登山中の蚊取り線香の使用は有り?無し?
質問2019年08月14日 15:11 (2019年08月21日 01:26更新)
先日の事、地元で登山をしていたところ先行していた方が蚊取り線香を使用して登山をしていました。
私の後から来た方たちの間で蚊取り線香の使用の事を話しているのを聞こえてきました。色々と賛否があるようでした。
登山中の蚊取り線香の使用は有り?無し?
皆さんのご意見をお聞かせください。
宜しくお願い致します。
回答2019年08月21日 01:26
登山中に蚊取り線香って、イメージがわかないので、何ともいえませんが、
煙が、多いと、すれ違いや、後続者に、対して、匂いがするような気がしました。
タバコ同様、煙の匂いは、いやだと思いました。
虫もいやですけどね^^;
回答2019年08月18日 08:15
私は赤い森林香を愛用しています。

特に虫が多いところですと、持続時間は短くなりますが線香の先端と中心の2カ所に同時点火します。すると周囲の人から「それ、大丈夫ですか?服燃えてませんか?」と声をかけられてしまうぐらい多量の煙が出るので、ハチなども近寄らずかなり有効なのです。それに専用ケースで使う限り、カスや灰を散らすこともありませんので。

他人に対して配慮が必要なのは、東屋などの閉鎖された空間と、食事場など狭い範囲に人が集まるときと思います。
閉鎖された空間では、煙の蚊取り線香ではなく、乾電池式虫除けなどの別の方法を用いています。
食事場などでは、近くにいる人に「ここに蚊取り線香置いて良いですか? もし匂いとか気になったら消しますので遠慮なく言ってください」と一声かけておけば、今までトラブルになったことはありません(逆に「それは助かります」とお礼を言われることも多い)。

当然ながら、例えば岩湧山などの、調理器具も含めた火器(火気)の使用が全面禁止されているような山域では使ってはいけないということと、明示的な禁止はなくても、木造文化財などが点在するような区域では、保安面から使用を自粛するのがマナーでありましょう。
私もそういうところでは、乾電池式や虫除けスプレーなど、火気のない虫除けグッズを使っています。
回答2019年08月15日 20:57 (2019年08月15日 20:59更新)
虻など毒虫の多い山では有用かな〜。森林香がいいかな〜。
回答2019年08月15日 14:48 (2019年08月15日 14:55更新)
登山用品店にパワー森林香という線香が売っています。

行動中にも使えるようにケースもあり燃えカスも飛び散らない。
人には無害の成分で、蚊取り線香のような殺虫ではなく、防虫線香なので自然への影響も少ない。
自分は、登山中線香を使っている人はほとんどこの商品だと思っていました。

アウトドア用とはいえ線香ですので、これを使う場合は煙と匂いの問題でしょうか。

個人的にはよっぽど虫の多いところなら別ですが、あまり虫のいないところで長時間近くにいると匂いが気になるかもです。
回答2019年08月15日 14:05 (2019年08月15日 14:10更新)
こんにちは

虫除けに蚊取り線香を使用することがあります。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E6%B8%A6%E5%B7%BB%E9%A6%99-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E8%A3%BD%E8%96%AC-%E7%B7%9A%E9%A6%99%E7%9A%BF/dp/B003OAE6IA/ref=asc_df_B003OAE6IA/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=208394831504&hvpos=1o4&hvnetw=g&hvrand=9142746780175108944&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009229&hvtargid=pla-339327241184&psc=1
この商品はアウトドア仕様で、登山やハイキングの歩行時は腰から吊り下げるフック付きです。燃えカスが線香皿から漏れることはありません。
腰にはウェストバッグを装着していますので、ひもで首からぶら下げています。
風がない時には煙が顔まで上がり、かなり効果があります。
山の動物は煙を避ける習性がありますので、状況によってはスズメバチなどにも効果があるだろうと思います。

何の防虫対策もしてなかった暑寒別岳頂上ではおびただしい数の襲撃に遭い、片時も静止していられませんでした。
回答2019年08月15日 09:24
こんにちは。
ご質問の意図(安全面?周囲の人への影響など?)から逸れるかもしれませんが、「こんな観点もありかも?」と読んでいただければ…。

山に入ると「植物を取らないで」とか、「登山道の外へ踏み入らないで」など、自然を守る注意を多数見ますよね。
私たちが日常を過ごす場では私たちが「ホーム」として、害虫駆除はアリかな?と思いますが、自然の中に行けば私たちは「アウェイ」。
自然に対して謙虚に遠慮した行動をした方が良いのかな、と。
なので、虫除けスプレーの塗布、肌の露出を避ける、モスキートネットの使用、虫除け繊維使用衣料の着用など、虫を殺すではなく、避ける方向での対処を検討しは如何でしょう?

というのが私のスタンスです。
ご参考まで。
回答2019年08月14日 15:21
こんちは
テン場や休憩所でゴミ(燃えカス)を残さないのなら有りだと思います
むしろありがたいですが
登山中というのが気になりますが
もしかして行動中ということですか?
それなら無しです(燃えカスが飛び散るので)
ページの先頭へ