また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリその他 > .謄鵐箸遼豹絅好廛譟爾藁礁未法∪呼の味噌漬けの作り方

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:その他

受付終了
緊急度 1その他
.謄鵐箸遼豹絅好廛譟爾藁礁未法∪呼の味噌漬けの作り方
質問2020年06月27日 10:01 (2020年06月28日 21:24更新)
 。隠映前に購入したテントを5年振りに広げてみたら、べたつきがありました。
加水分解?と思いましたが、風とおしをしたらべたつきは軽減されました。
防水スプレーとシーム補強をして使用を考えています。

そこで、防水スプレーは両面?表面のみ?
テントの場合、内側が結露することがあるので内側もコロコロ水をはじいたほうがいいよなあ〜と・・思ったんですが、いろいろなワードで検索してもなんだかスッキリしません。

こうしたらよかった〜とか、これはダメだった〜などなど、経験をお持ちの方、お聞かせ願えないでしょうか(^^)何かヒントが欲しいです

ちなみに、DIYなどは不得意なのであまり複雑な作業は・・できません💦

◆^柄亜尾瀬のテン場でベテラン風のおっちゃんパーティーに生肉(牛)の味噌漬けををご馳走になりました。

おっちゃん曰く「味噌漬けにしたら常温で1週間くらい大丈夫なんだよ」と云いながら焼いてくれました。とても美味しくて、私も山でやりたいな〜と思いつつ月日は流れ・・・

さて、こういった場合の味噌漬けの味噌だれの調合って???
味噌に肉をつけるだけ?
しょうがやにんにくを防腐剤&風味付けにいれてもよい?

もっとしっかり習っておくんだったと後悔・・
山で食べる肉の味噌漬けレシピご存知でしたら教えてください

よろしくお願いいたします(^^)


〜追記〜
皆さま、ご親切なアドバイスありがとうございました
おかげさまで、もやもやしたものがスッキリしました

皆さまから頂いた知識を元に、加工についてメーカーに問い合わせてみます

日々のメンテナンスについても正しく習って、できるだけ長く使いたいと思います(^^)/
回答2020年06月28日 20:32 (2020年06月28日 21:17更新)
こんにちは。

,離謄鵐箸隣水・防水に関しては、例えば小川テントのWEBサイトにあるテントの取扱説明書などにも書いてありますが、フライの外側は撥水、内側は防水加工がほどこされているとの事。重要な点はテント本体には防水加工はしてはいけないと言うことです。実際にはテント本体がメッシュであれば、酸欠のリスクは少ないですが、メッシュ部分を閉じて使えるテント本体に(撥水ではなく)防水加工をしてしまうと、ビニールを被って中に居るような状態になり、通気が失くなり危険です。この場合、テント本体に防水処理を施せるのはボトムシートのみになると思います。
気になったので書き込みさせていただきました。

※撥水(主にフッ素系、通気性あり)と防水(主にシリコン系、通気性無し)の違いに注意
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
ta ht81sさん、こんにちは
わかりやすい解説をありがとうございます

※印の解説で、スッキリしました(^^)
撥水と防水って、どう違うの!?どこに何をつかうの!?
ド素人には、チンプンカンプンだったんです💦

テントの浸水もコワいですが、酸欠はもっと・・
ご親切な回答をありがとうございました
回答2020年06月28日 10:12 (2020年06月28日 21:17更新)
こんにちは!

テントの防水スプレーについては、ショップやメーカーの専門家のアドバイスが一番と思いますが、私の体験をお話します。

ヘリテイジのドーム型ツェルトは防水が普通のテントよりも劣るので、そこを多少なりとも何とかしたいと思い、外側にテント用の防水スプレーを丁寧に吹き付けました。
結果、さほどの防水性能アップは実感出来なかった上に、室内の結露がトンでも無く(冬季使用)分厚い氷に悩まされることになりました(^^;)

肉の味噌漬けは、ショウガでもニンニクでもなんでも好きな味を付けると良いですが、まぶしてそのまま持って行くと肉から水分が出て結構面倒な感じになります。
冷凍すると融けた時余計にドリップが出てしまいますのでお勧め出来ません。
家で予め味付けしたら、味がしみた後にキッチンペーパーなどで拭きとってから更にキッチンペーパーとラップでキッチリ包んだ上に2重に袋に入れた方が良いです。
現地にウドなどの山菜でもあれば一緒に炒めて立派な御馳走です。
豚肉にキムチとか高菜をゴマ油、酒、醤油等でまぶしたものを持って行くことも出来ます。(冬は予め火を通してから持って行くこともあります。)

ですが、1,2泊程度なら味噌漬けとかにしなくても炎天下に放置し続けなければ生肉でもOKです。
私は良く安い豚小間を持って行きますが、何にでも使えるので現地で適当にアレンジして食べています。
3泊目にステーキをミディアムで食べたこともあります。
心配ならば百均のペラペラ銀色の保冷パックにペットボトルを凍らせた物と一緒に入れておきます。
肉に限らず魚でもシメサバとか真空パックのものは全然大丈夫です。
いや、今までは大丈夫でした!条件にもよると思います。(^^;)
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
mieeさん、こんにちは

防水スプレーとテントの相性などあるんですかね〜💦メーカーに問い合わせ❗️その手がありましたね(笑)😅気づかず恥ずかしい〜

生肉でもいけますか❗️
そういえば、丹沢で自炊でステーキ焼いてる方もいました

今年のテン泊は肉料理に挑戦してみます🎵
具体的なアドバイス、ありがとうございます〜参考になりました😀
回答2020年06月27日 21:06 (2020年06月28日 21:17更新)
10ko3さん、こんばんわ。
自分は無精者なので、テント用撥水液を表側のみ刷毛塗です。
刷毛は100均ので使い捨てにします。
https://www.amazon.co.jp/TEMPO-パラウエット-テント用強力防水液-1000ml-0070/dp/B002CP4PVQ/ref=pd_lpo_200_t_0/356-3549954-6089834?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B002CP4PVQ&pd_rd_r=f7a22b32-d2a9-4164-8f10-4ec1726865be&pd_rd_w=Zpapq&pd_rd_wg=NEjcF&pf_rd_p=4b55d259-ebf0-4306-905a-7762d1b93740&pf_rd_r=TG04CK6QQP1HRNGN42ZE&psc=1&refRID=TG04CK6QQP1HRNGN42ZE
なので毎年やると少しずつ重くなっていく(笑)
まあ、高くつくけどスプレーの方がいいと思います。
結露はそのままで、まめに拭き取る。で対処しています。
コロコロはじいたら拭き取る前に下にたまっちゃいそうです。

乾燥は山行ごと。汚れが目立つなら水洗いも。
中性洗剤で軽く洗うのは1年に1回
最後の山行後にやる。と決めておけばいいです。
あと、メンテついでにポールのゴムのチェックですね。
山行中に切れるとめんどくさいので、掃除のついでに
チェックして、伸びている様なら交換します。

味噌漬けはよさげなアイデアですね。
1週間も常温で持ってくれたら御の字。
一度やってみようかな。家で試せばいいんですから。
自分はミンチを炒めて、冷やしたら、そのまま冷凍庫で保存。
水分が抜けてるので、これも3.4日なら常温で持ちます。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
k-yamaneさん、こんばんは

無精なんてとんでもない
都度のメンテナンスをしっかりなさっていたんですね

私、洗剤で洗ったことなかったです〜💦
泥ヨゴレをお風呂場で流して、乾燥のみだったり
汚れなかったときは、軽くふいて乾燥だけでした(^-^;

塗るのはハードルが高いので、スプレーを表面のみにやってみます
シームは塗るタイプのもので上から塗ってみようかと・・
アイロンはちょっとめんどうな感じなので💦(笑)

ポールのゴムは盲点でした💦早速チェックしてみます


味噌漬け、あまりやってる方いらっしゃらないのかしら・・
キスリング世代の方にはメジャーなのかな?と思ってました(^-^;

味噌漬け焼肉、美味しかったんですよ〜シソで味噌漬け肉を挟んで焼いたら、
フライパンが汚れなくていいかな?とか、いろいろ想像ちゃいました(笑)

ミンチを炒めたのもいいですね(^^)
そのままごはんにかけても良し、ラーメンのトッピングにもなりそうですね

参考になりました〜
ご回答、ありがとうございました
回答2020年06月27日 19:35 (2020年06月28日 21:17更新)
テントが11年前のものだったら買い替えた方が良いです。
手間とお金が結構かかります。それでも新品同様は無理。

テント復活は(透湿性の物)
水洗い→洗剤洗い(スーパーナノックス等の液体洗剤)→すすぎ→水に溶かす撥水剤に漬け込む(ニクワックスTX.ダイレクトWASH-IN等)→乾燥→シームテープ貼り替え(当て布してアイロン)→内部にベタ付きがあればリンレイのハイテクフローリングコートを塗る→乾燥・・・という行程になるみたいです。
最短で3日コースでしょう。

ウェビックコミュニティ:「本気でテントをメンテする。洗浄・撥水・そして加水分解の修理と対策」
https://imp.webike.net/diary/169761/

透湿性なんか気にしない!という方は
水洗い→洗剤洗い→すすぎ→乾燥→シリコンコーキングを塗装用シンナーで溶かして刷毛で外部に塗る(信越化学 POLON-Tやホワイトベアー テント用防水液)→乾燥・・・というのをやるみたいです。
これも最短で3日コースでしょう。

味噌漬けは味噌・砂糖(はちみつ・水飴)・みりん・酒を混ぜたものに漬け込みます。砂糖を多く使います。
ご家庭で試して大丈夫そうなら山で焼くと日本酒等が美味しいでしょうね(山だと焦げ付き防止にフライパン用ホイルシートが必要でしょう)。

とか書きながら全てやったことはありません(ゆで卵の味噌漬けはやった事あります)。
だって、面倒そうなんだもん!
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
saitama-nさん、こんばんは😃

いつも日記を楽しく拝見しています〜
テントのメンテナンス、やっぱり大変ですよね💦なんか想像しただけでめんどくさくなっちゃっう😅

自らをサンプルにして、防水スプレーやってみようかしらん

味噌漬け、砂糖多めですね😃勇気を出してウチで実験してみます

ご回答、ありがとうございました
ページの先頭へ