また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ山の情報 > ぐんま県境トレイルの日陰

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:山の情報

回答受付中
緊急度 3山の情報
ぐんま県境トレイルの日陰
質問2020年06月30日 10:20 (2020年06月30日 20:32更新)
スマホで質問のため、誤字があったらお許し下さい。

白砂山から稻包山、森林帯率はどの位ですか?2年ほど前の夏、白毛門から平表山まで縦走した時、暑くて偉い目に会いました。
あれよりましですか?
レコ二つ見ましたが、ムジナ平など森林帯でしたが、森林帯は限らてますか?

日陰率により、秋にするか、夏場なら水の量等暑さ対策を考えます。

野反湖早朝発のソロで計画してます。野反湖キャンプ場テント泊の考え抜いた案で、我ながらよく考えついたと自負してます。交通費最安値の計画書は下記です。

https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-1044665.html
車利用で、お金は無いけど時間がある人向けプラン(笑)
避難小屋できたけど、水場が枯れてるらしいので夏場は利用しずらいですね。
回答2020年06月30日 13:15 (2020年06月30日 20:32更新)
けんさん、こんにちは。
ひとり周回プランができましたね。
前日に車両をデポ、当日は野反湖に幕営装備をおいてゆくのはナイスアイデアですね。

さて、過日の記憶と印象ですが、堂岩山を過ぎて稜線に乗りムジナ平避難小屋までの間は、忠次郎山〜上ノ倉山でわずかに日陰が期待できる程度だったと思います。
ムジナ平避難小屋から三坂峠分岐の間はほぼ樹林帯の印象です。
三坂峠から稲包山はふたたび日差しの稜線歩きになります。

谷川連峰の稜線歩きは樹林帯がなくてアルプス的ですが、こちらは景観も日本的なので日射に関してはだいぶ安心でしょう。


追伸
たっぷりとお楽しみください♪
お礼 
gankoyaさん、こんにちは、先日はお疲れ様でした。

地形図の尾根斜面には広葉樹(ムジナ平から三坂峠)、針葉樹(各ピークあたり)、笹の記号が見受けられましたが、トレイル(尾根上)はまた違うので質問しました。レコを見た限りでは森林帯は少なく、笹の切り開きが延々続くイメージを持ちました。しかし森林帯の写真を撮る事は少ないだろうから、実際はレコの印象より森林帯が多いのではないかと推測しました。

避難小屋から三坂峠分岐までが概ね森林帯なら、晴れていても干からびずに済みそうです(笑)。早朝出れば、午後の日差しが強くなる時間には樹林帯に入れそうです。7月6日以降1日晴れがあれば行けそうです。晴れが3日続けば北信になりそうですが、どうも来週の晴れはせいぜい1~2日程度のようです。

回答有り難うございました。
ページの先頭へ