また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ装備 > 初めての山用シュラフ

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:装備

受付終了
緊急度 3装備
初めての山用シュラフ
質問2020年09月05日 16:28 (2020年09月09日 06:59更新)
はじめて質問させて頂きます。

今まで日帰り・低山専門でしたが、11月上旬、経験者の方と一緒に四国剣山・三嶺に無人山小屋泊で縦走を計画しています。山用シュラフを購入しようと思うのですが、Amazonから登山用具専門店まで価格的にはピンキリで、入門用としてはどれがよいのか迷ってしまいます。

お気に入りやおすすめがあればご教示頂きたく、お願い致します。
中央高地方面への泊(小屋泊・テント泊)の予定もありますが、無雪期です。

よろしくお願い致します。
回答2020年09月07日 18:29 (2020年09月09日 06:59更新)
こんにちは。

私は3年前の10月に縦走し、白髪小屋近くでテン泊しました。
その時はモンベルのダウン1番で半そで半パンで寝て少し暑いくらいでした。11月でしたらちょうどいいかもです。モンベル3番くらいならフリースや薄手のダウン、テントシューズ(これ大事です)で寝れば問題ないかと思います。
なお、化繊のシュラフは安くて湿気にも強いですが、いかんせんかさばります。私は以前モンベルの3番の化繊を使っていましたが、大きすぎて他の荷物が入らなくなるので、今は車中泊専用寝袋と化しています(3番の化繊より1番のダウンのほうが収納すると小さいです)。

厳冬期はナンガのオーロラ900を使用しています。暖かく、濡れに強いので重宝していますがこれも重くかさばります。
ナンガはあちこち(山渓、オクトスなど)でコラボして安いのを出していますが、納期が長いので11月に間に合うかどうかは確認してください。時期が合えばモノもいいしコラボ商品はコスパ最高です。モンベルの1番に対応するのはオーロラ600か750あたりかなと思います。

あとはイスカですが、私は持ってませんのでノーコメントです。

以上の3つのメーカーのものであれば実績がありますので、問題はないかと思います。

三嶺〜剣山は稜線がずっと笹原なので天気が良ければ景色は最高です。また光害が少ないので夜の星空もすばらしいです。楽しんで来て下さい!
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
tokurinさん

こんばんは。

詳細ご教示誠にありがとうございました。今回のコース、距離もさることながら、アップダウンも相当で、経験者の先輩も初めてのコースということもあり、安全第一で縦走は断念いたしました。

しかしながら、このコースはいずれ縦走してみたいと思っておりますので、頂いたアドバイスをずっと大切に、自分の財産にしていきます。

ありがとうございました。これからも、引き続きご指導の方、よろしくお願い申し上げます。
回答2020年09月06日 13:29 (2020年09月09日 06:59更新)
zasanさんの年齢が分からいのですが、40歳以下なら安価な化繊をお勧めします。40歳を過ぎると体が変わります。若いうちに良いものを使ってしまうと衰えをカネで買えなくなります。
20代まではモンベルの化繊オールシーズンで厳冬期の3000mの稜線、モンベルの化繊夏用で夏の剣沢で爆睡です。防寒着・シュラフカバー・テントシューズと増やしていきますが、40歳を過ぎると12月の富士山五合目で眠れなくなります。今はパイネのポーラエクスペディションとイスカの450Xを使ってます。450Xは非常に良いです。スリーシーズンですが40年前の化繊オールシーズンと同等の保温性です。
マットが重要です。イスカのコンフィライトマットとカスケードデザインのリッジレストを使ってます。リッジレストの方が快適なのですがかさばります。ルートによって使い分けてます。私は使ってませんが最新のエアーマットは少し高価ですが非常に良いらしいです。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
Kijo-Ashさん

ご教示誠にありがとうございます。ご参考までに年齢は55歳です。Kijo-Ashさん含め沢山の方から、沢山のアドバイスを頂いておりますので、よく読んで、自分でも色々勉強して決めていきます。今後も装備に関しては、この場で皆様から多々アドバイス等乞うことになると思います。

その節はどうぞよろしくお願い致します。
回答2020年09月06日 08:03 (2020年09月09日 06:59更新)
こんにちは。
皆さんが回答しているように、個人の寒さ耐性が大きく影響する上、軽量化と睡眠時快適さのバランスも個人差が大きしますので、具体的な商品をお勧めするのは難しいですね。同じ環境下で、もっこもこのダウンたっぷりのシュラフで寝る方もいれば、寒さを我慢しながらシュラフカバーのみで寝る方もいます。

同重量で比較すると、安い化繊は重さの割に保温力が低い為お勧めできません。一方、高い化繊は非常に高く、初めてのシュラフ購入としてはやはりお勧めできません。ということでダウンがお勧めです。会社によって使用下限温度の設定が異なってくるため、ダウンの量で比較したほうがいいかもしれません。もっとも、ダウンの品質にもよりますので難しいところです。

これまでモンベルのが挙がっているため、他社のを紹介します。いずれも我が家で使用しているシュラフのメーカーです。
楽天やアマゾンなどのショップで取り扱っている場合には公式サイトの価格より安いと思います。
山道具の買い物は悩ましいと同時に楽しいですよね、とくに高級品ほど。良いお買い物ができるとよいですね。

ナンガ
表地の修理について無料修理の永久保証をうたっています(送料自己負担)。10年以上使っていますが幸い修理のお世話にはなってません。
https://nanga.jp/product/sleeping-bag/

ダンロップ(近年はブランド名「プロモンテ」で出しているのが登山用かな)
ダウン量/総重量比が高いし、お値段もお手頃です(上記したように価格は他の販売ページを参考にして下さい)。
http://www.hcsafe.co.jp/sm_dl302.html

イスカ
たいへんバラエティに富んでます。
http://www.isuka.co.jp/products/lineup/

いま初めて知ったのですが、カカクコムにシュラフも掲載されているんですね。
https://kakaku.com/specsearch/6583/
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
kodamachanさん

おはようございます。ご回答ありがとうございます。皆様から、親身な回答を頂いて本当に感謝しています。(山行だけでなく、こういうコーナーを作ってくれているヤマレコの運営にも感謝です)

確かに個人差はありますし、寝る時の服装にも左右されるかと思います。
山行計画の作成同様、色々調べて、経験者の方々にお聞きして勉強しながら考えるのは楽しいです。今後、またこのコーナーでお世話になることもあるかと思います。

引き続き、ご教示の方よろしくお願い致します。
回答2020年09月05日 20:23 (2020年09月09日 06:59更新)
zasanさん、はじめまして。
シュラフ選びは悩みますよね。
自分は登山用にモンベルの#3(ダウン)を使ってますが、ゴールデンウィークに静岡あたりの2000m未満で寝るのが精いっぱいです。
(中にダウンを着込んでも寒くて寝れない)
たぶん気温は0度からマイナス数度あたりになると思います。
剣山の11月の気温はヤマレコにも参考値が載ってますが、山頂で平均ー0.8度、最低がー4.6度と、ほとんど条件的には同じくらいですかね。
ただ、寒さを感じる程度は個人によって物凄く違いますので、最初のシュラフは勢いで選ぶしかないと思います(笑
自分も#1か#0を欲しいところなんですが、巨大なので二の足を踏んでいる今日このごろ。
良い買い物ができるといいですね!!
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
superfrogさん

こんばんは。早速ご教示頂き、誠にありがとうございました。まだ日がありますので頂いたアドバイスを参考にしながら、自分自身でも引き続き勉強して決めたいと思います。

これからも質問箱で皆様から色々教えて頂きたいことが沢山あります。引き続きよろしくお願い
致します。
回答2020年09月05日 18:58 (2020年09月09日 06:59更新)
zasanさん、こんにちわ。
いよいよシュラフ購入ですか。。
初めてのシュラフということですから、ここは
モンベルのアルパインダウンハガー800 #3を
お勧めします。お金には困ってないからという
ことなら値段は倍ですが、900#3で。

シュラフ選びはどうしても気温などのスペックに
目がいきがちですが、シュラフに潜っている時間は
夜間だけで、実際は夕方夜間早朝などシュラフ外に
いる時間帯がありますので、そんな時にダウンジャケットや
ダウンパンツなどをはいてないと寒い。場合があって、
防寒着の分だけシュラフの番手は下げることができます。
夏のアルプスでは#5#7という人もいますが、
汎用性の広さという意味と重量的に変わりませんので、
#3あたりが無難だと思います。暑けりゃ布団がわりにできますし。

それと寝ている時の体感温度はシュラフだけでなく、
マットの性能にも左右されます。いわゆる底冷えというやつです。
また、防水、防寒対策としてゴアテックスのシュラフカバーを
併用するのもお勧めします。
(昔避難小屋の雨漏りでシュラフを濡らしたことがあり、
それからシュラフカバーを購入しました)

山シュラフのスペックは持っている服を全部着込んで
深夜早朝の一番冷え込む時間帯を乗り切れるか。で考えます。
逆に寝始める時間帯は暑く感じるくらいです。
どうしても寒ければ、湯たんぽを作るとかなり寒さが和らぎます。
(炭酸系のペットボトルにお湯をいれるだけ。水漏れに注意)
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
k-yamaneさん

拙日記には、コメント等頂いており、誠にありがとうごさいます。

こちらでも早速回答頂き、厚く御礼申し上げます。今後、中央眞呂任了藩僂メインになってくると思うので、奮発してやや高めの、保温性の良いものにしようと思います。

ヘソクリはいくらか貯めましたので、今後少しずつ、泊まりの山行道具を揃えていきます。

また色々ご教示お願い致します。
回答2020年09月05日 18:26 (2020年09月09日 06:59更新)
山用シュラフはモンベルがラインアップも多くお勧めです。
入門用というか、使用環境によるかと思います。一概に言えませんが、安価な物は重く、嵩もある割に保温力が劣ります。想定される最低気温を元に選ばれたらと思います。

当方、山用シュラフは二つを外気温により使い分けてます。
冬用はウエスタンマウンテニアリング。マイナス15度対応。8万円位しました。
https://www.lostarrow.co.jp/store/g/gWM80090/

冬季以外はモンベルのアルパインダウンハガー800 #3(28000円)です。
モンベルがラインアップ↓
https://webshop.montbell.jp/goods/category.php?category=32

10月初旬の北ア等では、#3とダウンジャケットを持っていきます。予想気温によりダウンパンツを追加して持っていくこともあります。それでも冬用よりは軽く嵩も少ないです。10月下旬なら迷わずマイナス15度対応を持っていきます。

四国剣山の11月上旬の平均最低気温が分りかねますが、ダウンハガー800 #3では寒いと思います。ダウンハガー800 #2〜#1位が良いのかな位しか分りません。
因みに#の数字が小さい程暖かい。800とか650とかの数字はダウンの質(フィルパワー)です。数字が大きいほど質が良い。

各シュラフに【コンフォート温度】1℃/【リミット温度】-4℃と表示されてます。これを参考に決められたらよろしいかと思います。

因みに私見ですが、+5度の気温でマイナス15度対応を使用しても、暑いと言うことは無いです。暑ければ、対応ができます、足を出して寝るとか。寒い場合は、何もできません。震えてるか、体を動かして体温を上げるかテント内でバーナーを炊くか位しか対処できません。それと食べると少しは体が温まります。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
mtkenさん

早々に詳しくご教示頂き、誠にありがとうございました。リンク等色々参照して情報を整理していきます。ありがとうございました。
ページの先頭へ